ブックメーカーの違法性を解説!個人でできるリスク管理手法は?
2021/11/22

ブックメーカーの違法性を解説!個人でできるリスク管理手法は?

ブックメーカーはギャンブルのイメージが先行しており、日本で行うのは違法ではないかと考える方は多いと思います。

今回はブックメーカーは違法かどうかを事実を元に判断し、より安全に楽しむことができるように個人でできるリスク管理の手法を解説します!

この記事でわかること

ブックメーカーは違法?
ブックメーカーが違法になるケース
ブックメーカーが違法にならないケース
ブックメーカーを合法的に楽しむリスク管理の方法

 

ブックメーカーは違法?海外と日本における扱いの違い

日本でプレーするブックメーカーは特定の状況下でプレーしないと罰せられます。

海外と日本では全く法律が異なるため、法律に触れるかそうではないかのルールも全く変わってきます。

特定の状況下でプレーしないと罰せられる…ということは、しっかりとリスクを踏まえたうえでプレーすれば安全にプレーできるといえるでしょう。

日本国内での賭博関係のゲームをプレーすること自体は法律で禁止されています。

逆にとらえると、日本で運営されていないものは罰せられない、ともとれます。

違法になる場合とならない場合をしっかりと把握したうえで、安全にプレーしましょう。

ブックメーカーは海外では合法

ブックメーカーは海外で合法的に運営されています。

海外の各国ではギャンブル自体がとても流行しているのは、なんとなくイメージとしてあるのではないでしょうか。

日本では悪いことというイメージや評判が多く、パチンコや競馬などもあまりいい印象を持たれることがほとんどありません。

それが海外ではスポーツベッティングなど、試合の観戦の一環として正式に認められていることが大きな違いです。

ギャンブル自体が社交的な場所として設けられている海外では正当な運営がなされている、ということです。

ブックメーカーは日本ではグレーゾーン

日本でプレーするブックメーカーは「グレーゾーン」というのが現状といえるでしょう。

日本では賭博法の観点から、賭博に関係するものが禁止されています。

ですが、「海外で運営しているものを日本人が遊ぶ」のであればどうでしょう。

日本国内から海外サーバーで運営されているものをプレーするという分に関しては、日本で施行されている法律で罰することは難しいということです。

ですが、あくまでも日本の法律では賭博自体がNGと捉えられているため、完全にシロとはいえないという点には注意するべきでしょう。

 

ブックメーカーが違法になるケース

日本でブックメーカーをプレーするにあたり、法律で罰せられる条件はいくつあります。

代表的なのは以下の通りです。

  •  店舗でブックメーカーを行う
  •  ブックメーカーの悪質な勧誘
  •  ブックメーカーの自動売買ツール利用

正しい手法でプレーしなければ、場合によって厳しい処罰が下される可能性もあります。

それぞれのポイントは以下でチェックしてみましょう。

店舗でブックメーカーを行う

日本の店舗に設置されているものをプレーした場合は罰せられる対象となります。

日本では賭博に関連する店舗の運営そのものが違法として取り扱われているため、実店舗でプレーした場合は運営側も利用者側も犯罪とみなされてしまいます。

カジノやギャンブルは運営されていること自体に問題があるため、実店舗に設置されているものをプレーするのは控えることを強く推奨します。

ブックメーカーの悪質な勧誘

ブックメーカーを利用した悪質な勧誘も犯罪とみなされる場合があります。

日本で運営されているものをプレーするのは法律違反、というのは上記で解説していますが、第三者にブックメーカーを違法に勧める勧誘が問題になっているケースもあります。

「ブックメーカーを利用すれば稼げる」というのを謳い文句に、巷で悪質な勧誘を受けるパターンがみられており、ネットワークビジネスの要領で利用されているケースがあります。

そういったマルチ商法と呼ばれている内容に騙されてしまい、他人に無理な勧誘を行うのは詐欺などの犯罪に問われる可能性があるため、そういった勧誘は絶対に行わないようにしましょう。

ブックメーカーの自動売買ツール利用

ブックメーカーをプレーするにあたりツールを利用するケースもありますが、そういったツール利用に関しても罰せられる可能性があります。

そもそも特定のソフトウェアを販売するにあたり、ソフトウェア販売業者としての正式な登録が必要となっています。

そういった正当な手続きを踏まず、法外なソフトウェア売買を行ったせいで犯罪に問われるケースが少なからず見受けられるのが現状です。

マルチ商法と同じ悪質な勧誘に加え、ツール利用を勧めるというケースも罰せられる対象になりえるため、自動売買ツールを不正に利用するのも避けましょう。

 

ブックメーカーが違法にならないケース

ブックメーカーが違法にならない、安全にプレーできるケースももちろん存在します。

  •  個人でのみプレーを行う
  •  海外でブックメーカーを使用する

しっかりと安全を確保した上でプレーできれば犯罪に問われることはほぼなくなるため、それぞれの大切なポイントをしっかりとおさえていきましょう。

個人でのみプレーを行う

日本に住んでいるユーザーが完全に個人でプレーする場合は安全といえます。

日本国内でギャンブルが検挙されている事例では、「利用者」と「運営」が両方検挙されて初めて違法としてみなされています。

個人が「海外で」運営しているブックメーカーで遊ぶ場合は法律違反とはなりません。

何故かというと、海外の各国で運営しているものはそれぞれの国で厳しい審査を受け、ギャンブルの規制やライセンスの発行などを実施しているため、正式に運営されているということになります。

海外サーバーで遊べるブックメーカーを日本国内から個人利用する分は特に問題とならない点は覚えておくべきでしょう。

海外でブックメーカーを使用する

こちらも当然ですが、海外に渡航してプレーするのは完全に合法です。

あくまでも日本国内で運営されているものが法律違反として扱われているため、海外に渡った渡航者が海外の施設で遊ぶ分には何の問題もありません。

また、海外では運営にあたり「ライセンス」と呼ばれるものを取得しており、海外政府や監査機関からの厳しい審査を受けて正式に運営しているところがほとんどです。

海外におけるギャンブル行為は正当化されており、入店においてもドレスコードや店舗ごとのルールが設けられていたりなど、日本とは扱いが全く違います。

そのため、旅行などの目的で海外に渡った際に店舗で遊んでも何ら問題はないため、直接海外で遊ぶ分は安全にプレーできるということはおさえておくべきです。

 

違法にならない-ブックメーカーを合法的に楽しむリスク管理の方法-

ここからは、実際に違法にならないためのリスク管理の方法に関して解説していきます。

具体的には下記の2点について、それぞれのポイントをおさえていきます。

  •  安全なブックメーカーを使用しよう
  •  個人の範囲でブックメーカーを利用しよう

日本国内でブックメーカーをプレーするにあたり、違法にならないことが第一条件です。

ポイントについては以下で解説しているため、しっかりとおさえていきましょう。

安全なブックメーカーを使用しよう

ブックメーカーで遊ぶにあたり、「安全に運営されているブックメーカーで遊ぶ」というのは非常に大切です。

ブックメーカーやオンラインカジノは、運営にあたり政府から厳しい審査のもと、認可を受けた場合はライセンスが発行されます。

不正のない正規の運営がなされているブックメーカーであればライセンスが発行されているのが当たり前で、逆にライセンスが発行されていないブックメーカーは法的に問題があるといえます。

いくら海外運営されているブックメーカーであったとしても、違法運営されている場所でプレーしてしまえば何が起きるかわかりません。

詐欺や犯罪に巻き込まれてしまう危険性もあります。

そのため、ブックメーカーを遊ぶのであれば、まずは安全であることを第一にプレーする必要があるといえるでしょう。

安全にブックメーカーをプレーするために、正規に運営されているブックメーカーをいくつかピックアップします。

ブックメーカーをプレーしたいけどどのサイトがいいのかわからない!という人は是非下記のサイトを参考にしてみて下さい。

bet365(ベット365)

bet365はブックメーカーの中でも最大手に位置しています。

世界中で何千万人というプレーヤーが登録しているbet365では、サッカーや野球、バスケットボールやバレーボールなどのスポーツやeスポーツなどに限らず、エンタメ系の題材や政治などもベットの対象にしているのが特徴的です。

入金履歴があれば世界中のスポーツを視聴できるのはかなりお得で、スポーツ好きにとっても非常にメリットが大きい内容になっているのがわかります。

bet365はギャンブル業界の中でもかなり審査の厳しいマルタ共和国のライセンスを取得しており、その安全性や公平性においては信頼度が非常に高いものといえます。

正式に海外で運営されているブックメーカーであるからこそ、日本国内でプレーするユーザーにとっても安全にプレーできるのが魅力的。

ブックメーカーをやってみたい、けどどのサイトがおすすめなのか迷っている!という人はまずこちらのbet365に登録してみてはどうでしょう。

 

Williamhill(ウィリアムヒル)

bet365と同様に知名度の高いブックメーカーとして、Williamhillがあります。

大手ブックメーカーとして名を馳せるWilliamhillを運営している企業は、70年以上の運営実績を持つ超大手企業として有名になっています。

オンラインでのブックメーカー以外にもヨーロッパ圏内に実店舗を数千も設置していたりと、世界中のプレーヤーがブックメーカーを楽しめる場として、Williamhillは非常に信頼度が高くなっています。

Williamhillも審査の厳しいマルタライセンスを取得しており、イギリスの機関がギャンブルの規制などを実施しています。

そういった厳しい審査体制を乗り越えているからこそ、Williamhillも安全にプレー可能なブックメーカーとしておすすめできるといえるでしょう。

日本語にもしっかりと対応しているところが日本人プレーヤーのためを思っているのも特徴的な部分。

bet365と同じく、Williamhillも安全にブックメーカーをプレーしたいのであれば是非登録してみましょう。

 

BETWAY(ベットウェイ)

最後に紹介するおすすめブックメーカーはBETWAYというブックメーカーです。

BETWAYもイギリスなどで非常に有名なブックメーカーとして運営しており、その利用者は200万人を超えているといわれています。

ブックメーカーの最先端をいくBETWAYはeスポーツの業界リーダーを務めていたりなど、外国のスポーツベッティングにおいてかなり高い評判を得ているのが特徴。

BETWAYもbet365やWilliamhill同様、マルタ共和国の厳しい審査を通ったうえでライセンスを発行しているため、その安全性については疑う必要はないでしょう。

また、ヨーロッパの法律に基づいて個人情報を厳格に管理しているという部分もあり、信頼性も高いブックメーカーであるといえます。

残念ながら日本語に対応していないなど、利用には少し慣れが必要ですが、大手ブックメーカーとして安全にプレー可能な点は間違いありません。

ある程度ブックメーカーに慣れてきて、他のサイトを探している人にもおすすめです。

個人の範囲でブックメーカーを利用しよう

ブックメーカーで遊ぶ場合は、必ず個人の範囲で利用するようにしましょう。

日本の店舗やサーバーで運営しているブックメーカーを利用したり、自動売買ツールなどの勧誘を受けてブックメーカーをプレーするのは罰せられる可能性があります。

また、逆に自分自身が他人にブックメーカーを勧めたり、運営するのも違法となっています。

ブックメーカーを利用するにあたっては「個人での利用」「海外で運営されているブックメーカー」「他人から勧誘や情報を得ない、渡さない」という部分に十分注意すべきです。

何度も触れていますが、日本国内でブックメーカーを遊ぶには個人利用のみが罰せられない唯一の方法です。

 

ブックメーカーは違法じゃない!安全に遊びながら稼ごう

ブックメーカーは特定の条件でプレーする場合は違法になりません。

本記事で紹介している通り、ブックメーカーをプレーする時は必ず海外で安全に運営されているサイトから選ぶようにしていれば大丈夫です。

日本におけるブックメーカーは違法、という情報が先行してしまいがちですが、しっかりとプレーする環境を考えれば安全に遊べます。

ブックメーカー自体は楽しみながら稼げる可能性もあるため、もし気になっている人はこの記事を参考に安全なブックメーカーの利用で楽しく稼いでみましょう。

 

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!
エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!