2018/05/21

貧乏脱出したければお金持ちのマネをするべし!明日からできる3つのこと

私たち社会人はお金を稼ぐために働いています。しかしながらその収入には個人差が大きく、収入の差異により貧富の差が生まれているという悲しい現実があります。

単純に「働けばお金がもらえる」「たくさん働けば沢山お金がもらえる」と考えがちですが現実的にはそうでもないようです。

ある社会人は決められた時間仕事をしてプライベートも充実していて、それでいて満足できる収入を得ている人もいれば、朝から晩まで汗まみれになって働いているのに満足できる収入を得られていないと感じる人も大勢います。

「貧富の差」というのは一体何なのでしょうか。そして「貧乏」といわれている人々はどうすれば貧乏から脱出できるのでしょうか。これから本記事を通して、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

お金の使い方をマネする

一般的に「貧乏」といわれる人と「お金持ち」とでは一体何が違うのでしょうか。人々は何を基準にして貧乏とお金持ちといった価値観を見出だすのでしょうか。

お金持ちと呼ばれる定義

お金持ちになろうとすると「働く」ことに焦点を当てがちですが、お金持ちと呼ばれる人の労働時間が長いかというとそうではありません

そもそも働く人々が同じ職場、同じ役職の間での収入はほとんど変わりはないと思われます。一般的にお金持ちと呼ばれる人が働いている現場を実際に見ることはなかなか困難なことではないでしょうか。

それではどのようにして人は他者に対して「この人はお金持ちだ」と考えるのでしょうか。恐らくそのほとんどがお金を消費している姿を見たときであるように思います。

例えば食事に行けば沢山の品数を注文する、または高価なものばかり注文する、或いは高級車を乗り回す、大きな家に住んでいる等、豪快にお金を消費している人のことを「お金持ち」と感じる人が多いのではないでしょうか。

一般的に「お金持ち」と呼ばれる人たちは「節約」する姿をほとんどみせていないことが多いということです。

では何故その様なことができるのかというと、それは「絶対的な収入源」があるからです。収入源のない人が豪快にお金を消費するとたちまち破産してしまいます。

お金持ちの買い物の中身

お金持ちの収入源の秘密は、実はその買物の内容にあったのです。大きな収入を得ている人は単に高額な買い物や車や不動産等の購入にお金を費やしているだけだはなく、確実に収入に繋がるお金の使い方をしているのです。

例えば自己のスキルを上げるために何かを学ぶための費用や、事業や商売を行うための投資などには出費を惜しみません。つまりお金持ちと呼ばれる人たちの買い物は単なる「消費」ではなく、確実な収入に繋がる「投資」であるということが言えます。

お金持ちのお金の使い方をマネする第一歩

一般的に会社や企業に就業して時間を費やしている人々にとっては、いきなり収益に結びつく様な投資をしようと思ってもそれは間違いなく至難の業です。

お金持ちのお金の使い方を真似るといってもはじめから大きな金額を必要とする投資を考える必要もないのです。大切なことは先ずは「自身を知る」ことではないでしょうか。

自身に足りないもの、必要なもの、または自身が望むもの等を見つめ直し、必要なスキルを磨くための投資からはじめるべきではないでしょうか。背伸びや過小評価することもなく、等身大の自身を知りそれに見合った投資からはじめてみるのがベストだと思います。

人間関係の作り方をマネする

当然のことながら、人のいない所にはお金は集まりません。そしてお金のあるところには確実に人は集まってきます。大きなお金は決して一人で作れるものではありません。

お金持ちが大切にしているものは単にお金だけではなく、そのお金を作り出している人たちも当然のように大切にしているのです。

接する相手を選ぶことの大切さ

自身にないものを得ようとするには、それを持っている人と接点を持つことが重要になってきます。

自身が目指すものを持つ人が、何を考え何を行っているかを知ることこそが自己の成長に大きく影響します。何事においても同様ですが、自分よりも立場や意識の低い人の中にいても人は成長しません。

意識や志の高い人の中で切磋琢磨することにより、人は新たな価値観や志を共有し合うことができるのです。

お金を稼ぐために働くか、人を喜ばせるために働くか

お金は消費しなければ何の役にも立たないものです。人は何かに消費するために苦労をしてお金を稼ぐとします。しかしながらそのお金が必然的に消費されてしまえば何も残らないという訳です。

そこで、お金は人によって生み出されるものということを忘れてはいけません。働いてお金を稼ぐのが人であれば、必要な需要のためにお金を消費するのも当然人なのです。

それならばより多くの人を集めて、より多くの人の需要を満たすような仕事をすればいいのではないでしょうか。そうなればそれを求める人々が必然的に集まります。つまり需要が更に増えるという訳です。そうなってくると必然的に働き手が必要となってくる訳です。

つまりこうしてみても分かるとおり、決してお金が一人歩きしている訳ではなく、多くの人々によってお金は生み出されていることがわかります。

お金持ちは上手に人を育てる

 

時間やお金に余裕のある人との会話の中で、「部下が有能だから」という自慢話はたまに耳にします。この言葉の中で賛美されているのは一見「有能な部下」であるように聞こえますが、有能ではない人に有能な部下は就きません。

仮にそうなったとしたらその部下はいつまでも部下ではないはずです。有能な上司によってその部下が有能に育て上げられる訳です。

つまりこの自慢話の中で賛美されているのは「有能な部下」ではなく「有能な部下を育て上げた自分」ということになるのです。

一般的に大きな会社は沢山お金を持っています。大きな会社を作った社長は大きなお金を作れる有能な人物であることがいえます。そして身の周りに大きなお金を作る有能な部下を育成することで、より大きな生産性に繋げていける訳です。

時間の使い方をマネする

「時は金なり」という有名な言葉がありますが、お金持ちは常に時間をお金に還元出来るような使い方をしています。

無論、「忙しい」「時間がない」と言っている人の中にもお金持ちはいますが、その大抵の人は結局「お金を使っている暇もない」ために消費が少ないだけであってそれは生産性が高い方法とは言えません。

一般的に沢山働いている人は沢山お金をお金を持っていると思われがちですが、忙しい割りにお金を持っていない日本人は大勢いることも事実です。

お金持ちと呼ばれる人たちはどこかで必ず「優雅な時間」を過ごしているイメージがあります。逆にあくせく働く人のことを「貧乏性」と呼ばれることもあります。

つまり仕事に「時間を費やす」だけでは収入には直結しないということがいえるのではないでしょうか。ここではお金持ちと呼ばれる人の収入に還元出来るような上手な時間の作り方を考えていきたいと思います。

お金持ちの時間の感覚

私たち一般人にもお金持ちにも、時間のいうものは均等に与えられています。1日24時間、1年365日は誰でも一緒です。

朝起きて仕事に出かけ、決められた時間で仕事をして終わらなければ残業、終業する頃には一日がほぼ終わっている。というのが一般的な社会人の生活と言えるのではないでしょうか。

つまりそういった日常は「時間に追われている」と言い換えることができます。時間に追われるということは働いている時間のみが生産性のある時間となりそれ以外の時間は単に消費していることになります。

お金持ちの時間の感覚というのは一般人の消費の部分を投資に転換して考えられることです。

投資というのは「利益を見込んで資本を出す」という意味ですが、時間がそのままお金に変わるわけではありません。ここでいう利益というのは単に収入を表すものではなく、自身にとっての利益という意味で用いています。

つまり自身のスキルを上げるために時間を費やしたり、より多くの収入を得るための戦略を練るために時間を費やす等、最終的に収入に繋がる時間の使い方をしている訳です。

お金持ちは時間を売ってお金を稼がない

上にも書いたように、大抵の人は会社や企業で就業時間が決まっていてその間拘束されることにより給料が発生するのがほとんどではないでしょうか。

しかし、お金持ちからは拘束時間という言葉がほぼ聞かれません。それは時間を売って収入を得ているのではなく、自身のスキルを売って収入を得ていることが多いからです。

そういった拘束されない時間をまた投資することによって、また新たな収益に繋がるスキルや戦略などに還元することができるのです。

お金持ちにとって、実はそれほどお金を重要視していない

お金持ちと呼ばれる人ほど、実はそれほどお金そのものを追いかけてはいないということです。お金持ちはお金のために働いているのではなく、自身の人生をより豊かなものにするべく時間を費やしているということになります。

与えられた平等な時間の中で、より多くの人と出会い、より多くの価値観を吸収し、より豊かな感性を築くことにより万人に求められるものを生み出せることで豊かな生活を送ることができるようになるわけです。

当然豊かな生活を送るためにはお金は必要なものですが大切なことは「心が貧しくならない」様にすることが重要なのではないでしょうか。

いくらお金を持っていても、心が貧しければ「もっと、もっと」とお金ばかりを追いかけるようになります。そうなってしまうといつか本当に大切なものを見失うことになりかねません。

より豊かな人生を送るためには、与えられた時間とそこで出会う人々の価値を見損なわないことこそが本当の意味の「富」なのではないでしょうか。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」