2018/05/22

【驚きの結果】貧困層と富裕層の違いを様々な角度から分析してみた

「日本は裕福な国」と思われがちですが、実は世界の中では貧困率が高いというデータがあります。貧困率とは国内の全体の人口中で貧困している人の割合を示したものでその割合が日本は多いということです。

貧困にも2種類あり、国内で裕福な人に比べての貧困を表すものが「相対的貧困」、国自体に経済力がない等の理由で国民が貧困である状態を「絶対的貧困」といいますが、日本で割合が高いのは前者ということになるわけです。

相対的貧困とはその上に裕福な人がいて出来た言葉であり、いわゆる格差を表すものになります。経済的に裕福なだけが幸せとは言い切れない世の中ですが、そういった格差が生まれてしまうことは戦後より日本人が唱えてきた平等からは離れていくように思えます。

我が国と他の先進国の貧困率に焦点を当て、その実態を検証していきます。

世界で4番目に貧困層が多い日本

先進国の貧困事情

統計によると世界の相対的貧困層の高さでは日本が第4位で、その上の第3位はアメリカというデータが出ています。つまり上位の3、4位を先進国で占めているということになります。

それだけをみていると先進国ほど国民の格差が大きいということが言えます。さらに、昔から「アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひく」と言われているように、アメリカの経済事情と日本の貧困率との相互関係とも気になるところです。

アメリカの相互的貧困層

米商務省によると、2011年の米国民の貧困層と貧困予備軍の数は全体の3分の1にものぼるというデータが出たそうです。つまり6人に1人が貧困ということになります。

その中には人種別の格差もあり、黒人の貧困率が27.4%、ヒスパニック系が26.8%というデータが出ています。日本と違い多種の民俗が集まる国ではそういった理由でも格差が生まれてしまうということです。

もうひとつ興味深いのは、富裕層と貧困層の格差は世代を超えて固定されているということです。つまり富裕層はその子孫も富裕層になり、貧困層の子孫は貧困層といった連鎖があるということになるのです。

日本とアメリカの格差社会の違い

以前は「日本ほど中流階級の厚い国はない」と言われていましたが、近年になり二極化が進行して日本にも格差が生まれました。しかも欧米と比べて社会システムが格差社会に追い付いていません。

逆にアメリカには非営利団体など、格差は大きくてもそれを埋めるために政府に頼らない機能も多くあるのです。

貧困層とはどのくらいの収入の人を指すのか

収入の高さを測る基準として「年収」という見方があります。要するに一年間での平均収入が高い人ほど優秀で身分が高い人物であるという見方が自ずとされているのです。具体的な数字でその階級を見てみると以下の通りです。

下流階級は年収0~300万円中流階級は年収400~800万円上流階級は1,000万~1億以上、といった見方をされています。ただしこの見方は巷で言われている「新カースト制度」というもので正式な身分制度ではありません。

ここでいう下流階級の内年収200万円以下の人を「低所得者」と国で定義されています。「四民平等」を唱えられて久しいこの日本国において、一体何をもってこのような格差が生み出されるのでしょうか。これから貧困層、富裕層の具体的な違いを検証したいと思います。

貧困層と富裕層の決定的な違い

「富裕層と貧困層の違い」というと、単純に「お金を持っているか持っていないか」といった様に考えがちです。しかし「お金を持っているか持っていないか」というのは結果論に過ぎません。

問題は「何故そういう結果になっているか」に焦点を当てていく必要があります。では実際に何が違うためにその様な結果になったかを見て行きましょう。

置かれている環境の違い

アメリカの貧困事情のところで少しお話ししましたが、「生まれた環境の違い」も大きく関わってきます。要は貧困層の家庭に生まれた子供は将来的に貧困しやすく、逆に富裕層の家庭に生まれた子供は将来的に裕福になりやすいということです。

それは生まれた環境というのは人生に影響しやすいというということであって、無論必ずしもそうなるとも限りません。貧困層になく富裕層が持っている何かを貧困層の人が手に入れることでその人生が変わる可能性もあります。

根本的な思考の違い

生まれた環境にも大きく影響するのがこの思考の違いです。貧困層と富裕層の人では大切にするものが全く違います。貧困層の人は目先のお金や目的のない自由を大切にするのに対し、富裕層の人は情報や行動を大切にします。

その行動においても前者は感情で行動し、後者は理論に基づいた行動をします。よって結果も違います。それが今日の貧困層と富裕層を作った原因のひとつにもなっています。

仕事への考え方が違う?

その思考の大きな違いを象徴するものが貧困層の仕事における概念です。貧困層は「仕事」=「労働」といった概念があるようです。それも底辺労働することこそが働く姿であると幼いころから植えつけられているのです。

富裕層は投資して資産を増やすことを仕事にしている人が多いのです。将来的に資産が増えるだろう物の匂いを嗅ぎ当てて投資をすることで更なる資産の繋げていきます。つまり売る物も買う物も上手く品定めすることを商売とし、結果それが仕事になっているのです。

貧困層にはそういった思考や知識がまずありません。それは自分たちの親が底辺労働をすることが仕事であるという思考でいる限りは当然のごとくその思考はその子孫にも受け継がれることになります。

富裕層の思想も同様で、その親より子孫へ受け継がれていくのです。生まれた環境が大きく関わっているのはそういった理由があるのです。詳しくはこの次にお話したいと思います。

貧困層、富裕層は自分の子供にも影響が出てくる?

その環境から趣味も変わってくる

面白いデータがあります。フランスの社会学者ピエール・ブルデューによるとその階級により趣味や嗜好が大きく変わってくるというのです。趣味嗜好というのはいわゆる「何に興味を持つか」ということになり、将来を決めるには確かに大きな要素になるといえます。

経済資本と文化資本

聞き慣れない言葉ですが、趣味嗜好は思想や価値観に深く関わってくるものです。その趣味嗜好の土台を築いているものを見てみましょう。

一般的に「資本」というのは事業等の営利のために使用される資金や財産をさしますが、もう一つ個々の文化的要素を表す「資本」があるというのです。前者を「経済資本」後者を「文化的資本」といいます。その二つの資本が趣味を決めるとブルデューは言います。

同時に表示されたデータにおいては富裕層の趣味に当たるものは芸術鑑賞など「経済資本」の要素が多く含まれており、貧困層の趣味はパチンコやカラオケといった大衆的要素が多いものとなっています。

子供の趣味の実施率

経済的資本があるかないかでも子供が趣味を行う率も変わってきます。富裕層は趣味に資金をかけることができますが、貧困層は趣味にかける資金がないために実施される趣味も限られてきます。つまり多種な趣味を持つことも行うこともその資本が大きくかかわってくるのです。

「ビンボー=不幸」ではない?

お金がないことは不幸なことなのか

富裕と貧困といった比較は数字やデータによって容易にできますが、幸福か不幸かという比較はデータによって出るものではありません。

それは各々の価値観によるものであるからです。「幸せのカタチ」というのは人によって違います。確かにお金が最高に価値あるものだと思えばそれがなければ不幸と感じるかもしれません。

しかしお金以外のことにその価値を見出すことができれば、お金がないことによって不幸だと思う必要もないということです。

貧困層からみた「お金」

恐らく富裕層からすれば「お金がない」という状況はあまりないものと思われますが、貧困層にとってはお金はどうしても必要なものであり欲するものであるはずです。

ではなぜお金を得る必要があるのでしょうか。それは大なり小なり「望みを叶える」ために必要になってくるからです。小さな望みを例えれば、散歩中に喉が渇けば飲み物を欲します。

その望みを叶えるためにも僅かでも出費し飲み物を購入します。そういった望みが大きければ大きいほどお金は必要になってきます。つまりお金をたくさん持っている方が沢山の望みを叶えるために有利になるということです。

しかしそれは「何を望むか」によっても大きく変わってくるものです。お金以外のものを望む人も世の中にはたくさんいます。つまり、富裕=幸福、貧困=不幸、といった図式は成り立たないことになるのです。

人生をより豊かにするために大切なもの

ここまでまとめてみると、お金というものは「望みを叶えるためのもの」で、より沢山もっている方がより多くの望みを叶えられるということになります。ではお金さえあれば全ての望みは叶うのでしょうか。

無論お金で買えないものも沢山あります。例えば人の気持ちだったり、自然界の美しさといったものはいくらお金を積んでも手に入りません。お金も社会も、所詮は人間が造り出したものです。

富裕層、貧困層と二極化した格差が出来て久しい日本ですが、誰しも産まれる家は選べません。たとえ貧困層の家庭に生まれたとしても思考を転換し、精進すれば富裕層の仲間入りすることも不可能ではないはずです。

しかし大切なものは人それぞれちがいます。本当に大切にすべきものと出会った人こそがより幸福で豊かな人生を送ることができると筆者は考えます。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」