2018/05/29

ベラジョンカジノで詐欺がおきたって本当?!その真相を徹底解明!

ベラジョンカジノは日本人がプレイしているオンラインカジノの中で、最もポピュラーなオンラインカジノサイトです。

しかし最近良からぬ噂が流れているという話を耳にします。なんと信頼のおけるサイトであるはずのベラジョンカジノで詐欺があったというのです。

何故そのような噂が流れてしまったのか。
今回はベラジョンカジノにおける詐欺疑惑についての真相と真実、そして噂流出の原因をこれから解明していきたいと思います。

ベラジョンカジノの詐欺疑惑とは?

ベラジョンカジノの詐欺疑惑について、一体どこで誰が言っているのでしょうか。先ずはじめにその噂の出所から見ていくことにしましょう。

インターネット上の口コミ

オンラインカジノはその名の通りインターネット上で行われるカジノです。従って噂が流出したのも同じくインターネット上であると考えられます。

ネット上では様々な形で情報が流出します。当然の事ながら筆者もその真相を確めるべく、「ベラジョンカジノ詐欺疑惑」について検索してみました。

その結果、いつ誰がどこで何を根拠に書いたのかが明確に記された記事はひとつもありませんでした
関連した記事といえば、詐欺をする方が困難であるといった内容のものばかりです。

詐欺の噂が流れた理由


悪い噂が広まった理由は2つ。
理由①:負けた人が「ベラジョンは勝てない」、「ベラジョンは詐欺だ」とネット上で発信すること。
理由②:第三者が理由①をネット上で目撃すること。

この2つが繰り返されることによってネット上では「悪い評価」と見なされてしまいます。

本当に詐欺をしていなくても噂というのは怖いもので、第三者の情報はすんなり受け止めてしまうのです。

ベラジョンカジノとはどんなカジノ?


良い噂も悪い噂も、それを利用するものがいなければ発信されません。悪い噂が拡がってしまった背景にも、多くの人に興味を持たれ、利用されたこともまた事実です。

それではその噂のベラジョンカジノの特徴や仕組み、人気の秘密について細かく見ていきましょう。

ベラジョンカジノの魅力とは?

完全日本語対応

カジノというとラスベガス等の海外を連想させれれます。またオンラインカジノのライセンス国はすべて海外です。

しかしオンラインカジノというものはインターネットを通じていつでもどこでもできることを売りにしているものです。そうなると必然的に「入りやすさ」を求めれれます。

その入口になってくるのは「言語」です。ベラジョンカジノは登録や入金も完全日本語対応であることも入りやすさのひとつです。

スマホ完全対応

ベラジョンカジノは完全にブラウザにて作動します。従って専用アプリをインストールする必要もなく、スマートフォンやiPhone、Macやwindowsでも簡単に作動できるため、通勤や通学などの移動中やデスクの上でも手軽に楽しめることも魅力のひとつです。

出入金が簡単

ベラジョンカジノではvisaや日本のクレジットカードが多く使えます。その他にもecoPayzやiWalletなど電子決済にも対応しています。つまりリアルマネーを賭けなくても電子マネー仮想通貨などでもゲームができる訳です。

フリープレイモード搭載

カジノといってもお金を賭けることなく遊ぶこともできることもその魅力のひとつです。

賭け事には必然的にリスクが伴いますが、ベラジョンカジノはフリープレイモードを搭載しているためにギャンブル初心者でも楽しむことができます

そして勝てる自信がついてからリアルマネーを賭けてギャンブルに挑むという選択肢も可能な訳です。これだけみてもギャンブルとしての敷居の低さと、馴染みやすい要素が沢山揃っています。

そのためにベラジョンカジノは多くの人に利用される分、またその批評も様々なものが出る訳です。

ベラジョンカジノの信頼性は


オンラインカジノ上で詐欺等の犯罪を犯すことはとても至難の技であることは説明しましたが、具体的にはどのようにしてその安全性が守られているのでしょうか。

それでは今一度オンラインカジノ運営の仕組みをおさらいしてみましょう。

オンラインカジノライセンス発行から運営までの過程

ライセンスの発行

オンラインカジノを運営するにあたり、会社やゲームソフト制作会社は「カジノ運営ライセンス」を発行している合法国政府に高額なチェック料を支払います。

ライセンス発行国で代表的な国は、イギリス、ジブラルタル、マルタ共和国、マン島、アンティグア、オルダニー島があります。

そのいずれかの国で運営会社の業務内容や業績、代表者のバックグラウンドや経営管理者の犯罪歴等も、長い時間をかけて厳しい審査が行われた上でライセンスが発行されるのです。

第三者テスト機関での不正チェック

さらにライセンス発行国に指定された第三者テスト機関にその運営会社のゲームの還元率等を世界基準に統一するために不正チェック、承認テストを受ける義務があります。

第三者テスト機関には、TST、itechlab、GA、BMMなどがあります。

NPO機関での定期的な監査

そして最終的に非営利団体(NPO)eCOGRAという監査機関で、イカサマや不正を厳しく審査します。その厳しさとは一度ライセンス発行国で認められたオンラインカジノでも落とされたほどと言われています。

そしてこの審査は運営が始まってからも定期的に行われるため、その公平性を維持することが義務付けられるのです。

ベラジョンカジノが運営されるまで

ベラジョンカジノは2011年にマルタ共和国のDumarca Gaming Ltdという運営会社で設立されています。無論ライセンス国も同国です。

会社自体の歴史は意外にも浅く、ベラジョンカジノが設立される前年の2010年に創設された会社で、オンラインカジノ業界では何処も一押しでプレイヤー数も増えています

第三者監査機関はGAMCAREで行っている他にもマルタ共和国で独自でも監査もつけています。つまり二重に監査を実施しているため信頼度は極めて高いと言える運営会社といえるでしょう。

このようにベラジョンカジノを詳しく見てみると、詐欺などの疑惑よりもむしろ信頼できる情報の方が圧倒的に多いことがわかります。
ベラジョンカジノがイカサマ?違法サイトなのかを徹底調査してみた | CASINO-LAB 日本国内でも高い人気を誇る、ベラジョンカジノに浮上したイカサマ疑惑を検証します。ネットで遊べるからこそいつでも不正されるのではないか?と思われる方が多いオンラインカジノですが、その実態はどうなのでしょうか。気になる見えない部分を徹底的に調べてみました。

それでも真実はただひとつ


ここまではベラジョンカジノの詐欺疑惑を晴らす様な内容ですが、決してベラジョンカジノを擁護するためのものではありません。

要は誤った情報には根拠がないということです。誤った情報を信用して真実を見失う前に何事も自身の目で確かめる必要があるということです。

公の場で認められるものには大勢の利用者がいます。その一人ひとりがそれぞれの感想をもつ訳です。良い感想をもたなかった者がそれを他言するとそれが悪評となり拡散されます

しかし真実は自身の中にただひとつです。それは他者からの情報を「信用するか否か」より、自身で「何を感じるか」にかかってくると私は思うのです。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」