2018/08/10

ハウスエッジってなに?知らなきゃ損するギャンブル基礎知識!

ギャンブルで勝つためには、それぞれのゲームのルールや作戦を知り尽くすこと、攻略法を知ることはもちろん必要ですが、もうひとつ大切な要素があるんです。それがハウスエッジです。

ハウスエッジは、ギャンブルに参加するときの手数料のようなものです。昔風に言うと「胴元(どうもと)の取り分」です。胴元とは、カジノ側の人のことで、ギャンブルの参加者は当然、出したお金の中から参加手数料を控除されるわけです。その残りが実際にもうかるお金ということになります。

ハウスエッジの率によって、当然配当のもうけが変わってきます。では、ハウスエッジをどのように利用すると、より稼ぐことができるのでしょうか。今回は、そのハウスエッジについて説明していきましょう。

ハウスエッジとは

ハウスエッジは英語で言うと「控除率」のことです。ギャンブルでお金を賭けるとき、カジノ側に取られてしまうお金の割合ということです。

ですから、ハウスエッジが低ければユーザー(参加者)にとってお得ですし、高ければもうけは少なくなります

宝くじのハウスエッジ

現在日本で行われている宝くじの場合、当せん金付証票法によって決められたハウスエッジは45.7%です。宝くじを買うときに、ギャンブルに参加するという意識がないせいか、こんなに高いのに誰も声をあげない。

かんたんに言いますと、例えば宝くじを全部買い占めることができたとします。全部買っているのだから当然すべての当たりくじも含まれています。けれどもその当選金額の合計が、購入総額の45.7%にしかならない、ということなのです。

宝くじの胴元と言えば旧第一勧業銀行、今のみずほ銀行ということになりますが、公益事業ですから半分は国に提供していることになりますね。

スポーツくじのハウスエッジ

スポーツくじ、いわゆるtotoでは、当せん金付証票法で定められた通りでハウスエッジは49.6%。これは宝くじより高い数字です。totoの胴元は文科省です。くじが売れれば売れるほど、文科省はたくさんもうかるということです。

競馬・競艇・競輪のハウスエッジ

競馬は競馬法、競艇はモーターボ-ト競争法、競輪は自転車競技法、オートレースは小型自動車競争法によって、それぞれにハウスエッジは25%前後に定められています。

このあたりは、ギャンブルを楽しんでいるという自覚がある人が賭けていますから、もっと多くても構わないのではないかとも思います。

パチンコ・パチスロ、麻雀の場合

パチンコ・パチスロ、麻雀では、立派なお店を構えていますから、場所代や人件費はかなりかかっていることがわかるでしょう。それを参加者に負担させているようなイメージですね。

これらのハウスエッジは、それぞれお店によって違うのですが、10~20%になります。これは個々のお店に任された数字なので、お店、つまり胴元が自由にハウスエッジを変えることができます。

例えば新規開店、季節の変わり目のサービスの日や客寄せのために、ハウスエッジを-100%以上にするなんていうことも可能なのです。

カジノのハウスエッジ

そしてカジノのハウスエッジを見てみましょう。ゲームによって変わりますが、だいたい約1~5%という数字です!

カジノのハウスエッジは他のギャンブルと比べても低いのは歴然です。なぜ、カジノのハウスエッジがこんなに低いのでしょうか。

それは少ない金額から賭けることができるのであまり上乗せができないこと、他のギャンブルより素早く結果がでるものが多く、お客の入れ替わりも速いことが挙げられるのではないでしょうか。

それだけに、カジノではナマの金額に近い勝ち負けを実感できるとも言えます。

ギャンブルするならカジノ一択!

カジノのハウスエッジが他のギャンブルより低いことは分かったと思いますが、それではカジノゲームの中でもハウスエッジに差があるのでしょうか。

ルーレット

みなさん良くご存じのルーレット。賭けた数字や色のところに玉が落ちれば当たりという、初心者でもかんたんに参加できる単純なゲームです。

1つの数字だけに賭ければ当たる確率はたいへん低くなりますから配当の率は高くなり、一方奇数か偶数か、赤か黒かなど半分の確率で当たる賭け方なら配当は低くなります。

いずれの場合もハウスエッジはほぼ同じで、3~5%くらいになります。実際のルーレットでは、玉を入れるディーラーがベテランの場合、なんと狙った数字にボールを落とすことができるそうです!ですから、ディーラーの心理を読んで賭けるなんていう技術も、勝つために必要なんですね!

バカラ

「バンカー」と「プレイヤー」という2つの場所に置かれた2~3枚のトランプカードの数字を足して、その1の位の数が「9」に近い方が勝ちなのですが、バンカーとプレイヤーのどちらが勝つかを予想して賭けるのです。

絵札は全部10とカウントする、同じ数になる場合は引き分けとする、2枚が同じ数の場合は勝ち負けにかかわらず配当が11倍になる、など細かいルールもあります。

このゲームのハウスエッジは、バンカーに賭けている場合は1.06%、プレイヤーに賭けている場合は1.24%、引き分けに賭けた場合は14.36%です。引き分けには賭けないようにしましょう。

ブラックジャック

ブラックジャックは、普通のトランプ遊びとルールは同じです。2枚配られたカードに、新しいカードを追加したりしなかったりして、合計の数が21に近い方が勝ちとなります。何人でプレイしていても、勝負はあなたとディーラーの1対1です。

数の合計が21を超えてしまったら、プレイヤーはそこで負けて、ゲームは終わりです。ハウスエッジは、やり方によって0.4%~1.4%です。運よりも腕前がかなり関係するので、プロであるディーラーとの勝負だということを考えると期待はしない方が良いようです。

ビデオポーカー、スロット

ビデオポーカーのハウスエッジは0.1%~5.0%、スロットは1.0%~5.0%です。いずれも、カジノ側の取り分は場所代だけですのでおすすめです。ただしポーカーは、今まで見てきた他のゲームに比べると深い駆け引きが必要で難しいと言えます。

ビデオポーカーには種類がたくさんあって、ハウスエッジもちがうのですが、ジャックス・オア・ベターというゲームのハウスエッジがいちばん低いことは覚えておいてくださいね。

カジノはどこでやる?

カジノをやりたい!と思ったら、どこでできるのでしょうか。海外の有名なカジノのある都市と言えば、ラスベガス、モナコ、マカオなどが浮かぶでしょうか。けれどもそれは海外旅行を伴うことになります。カジノがしたいだけでしたら、現実的ではありません。

かといって今はまだ国内にカジノの施設はありません。言うまでもなく、違法だからです。けれどもひとつ、カジノが手軽にできる方法があります。それがオンラインカジノです

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは、主に自宅でインターネットを通じて遊ぶカジノゲームのことです。無料で遊ぶこともできますし、チップを購入して実際にお金を賭けることもできます。

20年以上前に始まったのですが、日本ではまだあまり知られていません。それは、日本ではカジノはまだ法律で認められておらず、オンラインカジノも違法なのではないかという警戒心からくるものなのかも知れません。

信頼できるの?

今、全世界で2,000ものオンラインカジノがあると言われています。利用者は延べ人数で3,000万人にもなります。オンラインカジノを認めている国のライセンスを取って、優良なカジノとして運営されているものがほとんどです。 中には株式を公開し、ナスダックに上場している会社さえあります。

しかも毎月、どの会社も支払い率や控除率(ハウスエッジ)をきちんと公開しています。自信を持って、信頼して大丈夫と言えますね。

日本でやっても違法ではない

カジノが禁止されている日本国内でオンラインカジノをやっても、なぜ違法にはならないのでしょうか。これは、胴元つまり運営者であるオンラインカジノの会社が、国外の会社だからということです。そこへ国内からアクセスしても、罪に問われることはありません。

もうひとつは、サーバーも国外にあるからです。プレイは海外のインターネット上でやっているので、海外旅行先でカジノをしていることになりますね。他に注意することがあるとすれば、賭けたお金や配当金のやりとりは、海外で作った口座で行うことにしましょう。

オンラインカジノの始め方

基本的にダウンロードも無料ですから、最初はネットで信頼できると書かれているサイトから始めると良いでしょう。注意事項も口座の作り方も、サイトにちゃんと書かれているはずです。

オンラインカジノのすすめ

オンラインカジノは、とにかくお手軽です。頭を使うものもありますが、運だめしの要素もいっぱいあって飽きることがありません。それぞれのゲームも、比較的親しみのあるトランプのカードゲームと同じルールなので、とっつきやすいと思います。

基礎的な知識はもう大丈夫?


今まで見てきたように、ハウスエッジはギャンブルをするために知っておかなくてはならない重要な数字です。これを知ってると知らないとでは、カジノの楽しみも、実益も全然違ってきます。

そして、ギャンブルをやるならカジノです!競馬やパチンコに時間とお金を費やすくらいなら、オンラインカジノにハマった方がよほど夢があると思います。頭の体操にもなりますし、運だめし、駆け引きの楽しさ、そして勝てばもうかるという単純なゲームでありながら、一攫千金も夢ではないと思わせてくれる。

こんなにワクワクする娯楽があったのです。東京オリンピック開催の2020年を前に、日本でもカジノを含む大型娯楽施設ができようとしています。そうなれば、観光地として他の国に遅れを取っていたカジノの分野もきっと洗練されて、ますます多くの外国人が訪れてくれることでしょう。

私たち日本人も、もっとカジノに対する考えを柔軟に持って、ダウンロードから始めてみましょう!

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」