2018/06/23

大学生がハマっているギャンブルとは?そのお金の使い方は間違っているかも?!

ギャンブルは、18歳または20歳以上から遊ぶことができるようになり、その中には大学生も含まれています。

日本にも数多くのギャンブルがあるので、色々なきっかけで大学生でもギャンブルをはじめやすい環境にあります。実際、私の周りの友人にも大学生からパチンコなどギャンブルを始めたという人がいます。

では、学生がやるギャンブルとはどんな種類のものがあって、どんなお金の使い方をして楽しんでいるのでしょうか?

今回は、大学生がハマっている人気のギャンブルに焦点をあててご紹介します。

大学生がハマっているギャンブルはなに?

日本には、ラスベガスのカジノのような環境はないものの、パチンコなど学生でも気軽に遊べるギャンブルが身近にあります。

では、どれくらいの大学生がギャンブルの経験があるのでしょうか。

ギャンブルをしたことがある学生は意外にも少数

調べてみると、1度でも何かしらのギャンブルをした経験があるという学生は、全体のたった15%ほどでした。

友人同士の賭け事などを含めた場合でも、ギャンブルをしたことがある学生は4割に満たず、意外にもギャンブルの経験がある学生は多くありません。

そんな学生がやっているギャンブルにはどんな種類があるのか見てみましょう。

大学生がプレイしているギャンブルとは

ギャンブルといっても沢山の種類があり、それぞれには年齢制限や、学生の参加を禁止にしているものもあります。

学生ができるギャンブルには次のようなものがあります。

パチンコ・パチスロ

未成年の学生でもできるギャンブルがいくつかありますが、18歳以上なら大学生でもできるのが、日本では最もメジャーなギャンブルと言えるパチンコ・パチスロです。

オンラインカジノ

最近では、オンラインカジノというインターネット上でプレイできるカジノが流行っています

これも基本的な年齢制限は18歳になっています。カジノによっては20歳以上という制限のところもあります。

オンラインカジノの詳細は後ほどご紹介します。

スポーツくじ

サッカーくじなどのスポーツくじは、19歳以上であれば学生でもできます。トトなどが有名で、特に体育会系の学生から人気があるようです。

競馬

20歳以上なら学生でもできるのが、競馬です。日本でできるギャンブルの中では競馬が最も年齢制限が高いですが、成人を機にやってみる学生も多いのではないでしょうか。

宝くじ

実は宝くじもギャンブルに入ります。宝くじは法的な年齢制限はないですが、宝くじの売り場によっては、トラブル防止の為に未成年や学生には販売してくれないところも多々あります。

学生はできないギャンブル

競輪、競艇、オートは、年齢制限が20歳以上で、さらに学生禁止で大学生はプレイすることができないので、成人して社会人になってから遊びましょう。

どんなギャンブルが人気なのか

学生がやるギャンブルのうち、最も多かったのはパチンコ・スロットでした。ギャンブル経験者の学生のおよそ4割もがパチンコ・パチスロをやったことがあると答えています。

パチンコ・スロットに継いで人気が高かったのが競馬で、学生がやっているギャンブルでは圧倒的にパチンコと競馬が多いです。

意外にもその次に多かったのは、オンラインカジノや海外でのカジノです。パチンコほどではないですが、カジノのギャンブルも人気になってきています。

身近で敷居が低いこともあってか、やはりギャンブルの中ではパチンコや競馬の人気が強いようです。

ギャンブルをやるのはどんな学生か

ギャンブルをやったことがある学生はどんな人が多いのでしょうか?

ギャンブルをはじめたきっかけ

ギャンブルをしたことがある学生のうち50%が、友人や恋人からの誘いではじめたと答えています。

サークルの先輩や仲間に誘われたり、親がやっていたからなど、身近にいる人がきっかけで始める学生が多いようです。

どれくらいの金額を使っているのか

学生が1回のギャンブルで使う金額は平均で約5,500円で、7割近くの学生が3,000円以内の金額でプレイしていました。学生ということもあってか少額でプレイする人が多いようです。

大学生はギャンブル依存症になりやすい?

ギャンブルは、娯楽の1つとして楽しむにはとても面白い遊びです。大学生になると、沢山のことを自分で自由に選択できるようになります。

好奇心や興味から、軽い気持ちでギャンブルをはじめる学生も多くいます。しかし、実は学生はギャンブルにハマって依存症になりやすい傾向があります。
これってギャンブル依存症?実体験者のリアル話と治療法をご紹介 | CASINO-LAB ギャンブル依存症は全国に70万人いると言われています。けっして珍しい症状ではありません。では、ギャンブル依存してしまった時には、どのような解決方法があるのでしょうか。ここではギャンブル依存症について詳しく解説していきます。

どうしてギャンブル依存症になるのか

なぜ学生がギャンブルにハマって依存しやすいのか、実際にギャンブル依存症の学生だったAさんを例にご紹介します。

はじめは先輩に誘われて

Aさんがギャンブルと出会ったのは、バイト先の先輩からの誘いでした。先輩との付き合いでパチンコに行ってみますが、はじめてのギャンブルの結果は大負けでした。

最初に大きく負けたので2度とやりたくないと思って、その後はしばらくパチンコに行くことはありませんでした。

きっかけは失恋だった

失恋をしてしまい、時間をもてあますようになると「寂しさを紛らわす」ために軽い気持ちからパチンコ店に行くようになりました。心の隙間を埋めようとして、パチンコに打ち込んでいったのです。

当たったときの快感からハマっていく

パチンコで初めて勝ってから、その味を覚えてしまい、またやりたい気持ちになりました。

当たったときの快感や、お金が増えるかもしれないという高揚感に中毒性があり、どんどんハマっていき、気がつくとギャンブル依存症になっていました。

Aさんの数十万円あった貯金は、あっという間になくなっていったそうです。

時間がある学生は、ギャンブルにのめり込みやすい

Aさんさんは失恋をしたことで時間ができて、パチンコに行くようになりました。大学生は、授業スケジュールを自由に組めるので、自分で時間が作りやすいです。

時間をもてあますと、1人でも没頭して遊びやすいギャンブルが重宝して、気がつくとハマってしまいます。時間に余裕を持ちやすい環境が、学生がギャンブル依存症になりやすい要因なのです。
日本はギャンブル依存症の人口が多い!?依存症の詳細とならない為の対策を考察! | CASINO-LAB 日本はギャンブル依存症大国などと言われていますが、実際のところ依存症の人口はどのくらいいるのでしょうか。2016年に我が日本もIR法案が可決、そのことにより依存症の人が増えるのではないかと懸念されています。今回の記事では依存症とはどんな症状なのか、これからもっと増えてしまうのかについて筆者が調べた情報をまとめていきます

ギャンブル依存症にならないためには

では依存しないようにギャンブルを楽しむには、どうすればいいのでしょうか。Aさんさんがギャンブル依存症を克服した方法にはこんなものがあります。

ギャンブル以外の趣味を見つける

ギャンブル以外でも、楽しめることがあれば他の事にも時間を使うので、ギャンブルだけに没頭しにくい環境になります。

実際にAさんさんもギャンブル以外の趣味を持つことで、依存症から抜け出すことができたと言います。特に、だれかと一緒にできる趣味を持つことでギャンブル以外の趣味も大事にしやすくなります。

リスクをわかった上で遊ぶ

ギャンブルは、お金を賭けて遊ぶからこそ、他の遊びにはない面白さや高揚感が魅力でもあります。ですが、依存してしまうリスクもあるとわかった上で、ほどほどに楽しむのが良いでしょう。

他の趣味や友達、恋人のことも大切にしながら、あくまでも遊びの1つとして嗜むのがギャンブルを楽しむコツです。
ギャンブルやめたい?それ本気で思ってる?依存症予備軍が気付くべきこと | CASINO-LAB ギャンブルは依存性が高く、なかなかやめられないという人も多いのではないでしょうか。今回はそんな「ギャンブル依存症予備軍」の人が気づくべき、ギャンブルに関する7つの真実を伝えていきます。ギャンブルをやめて新しい人生を歩んでみませんか?

ギャンブルの仕組みを理解することが重要

ギャンブルは勝ったときが最も面白いですし、誰もが儲けたいと思って遊んでいます。ギャンブルで儲けるためには、まずギャンブルの仕組みを理解することが重要になります。

ギャンブルの仕組みとは

ギャンブルは、そもそも運営元が儲かるようにできています。運営側は利益を出すためにやっていますから、どんなギャンブルも何も考えずに勝負を続ければ必ず負けるようにできています。

そこで、ギャンブルに勝つためにキーになるのが「控除率」です

控除率とは

「控除率」というのは、プレイヤーの賭け金に対して取られる手数料のことです。例えば1,000円賭けて、手数料が200円取られた場合は控除率は20%ということになります。

運営元に取られる手数料が多いほど控除率が高いので、控除率が低い方が儲けやすいギャンブルなのです。
【重要】カジノの還元率と控除率?知ってると得するゲームの選び方 | CASINO-LAB ギャンブルの種目によって還元率ならびに控除率は大きく変わります。「ギャンブルで勝てない」と嘆いている人は、種目選びの時点で間違っていることも多いもの。カジノゲームの還元率と控除率について詳しく紹介しますので、参考にしてください。

どのギャンブルが最も控除率が低いのか

では大学生ができるギャンブルの中で、最も控除率が低いのはどのギャンブルなのか、控除率の高さをランキング形式で比較をしてみましょう。

第4位「宝くじ」

宝くじは、自治体が運営しているギャンブルです。宝くじの控除率は約55%という圧倒的な高さです。

第3位「競馬」

競馬は、国が運営元となっているギャンブルです。競馬の控除率は場合によって多少の変動がありますが、約20%~30%です。

第2位「パチンコ・パチスロ」

パチンコ・パチスロは、企業が運営していて、その控除率は約10%~15%と、日本の中のギャンブルでは低めの控除率といえます。

第1位「カジノ」

控除率が最も低いのが、実はカジノなのです。カジノ施設でできる多くのギャンブルは、控除率が約1%~5%です。

控除率の低さをみると、最も儲けやすいカジノでギャンブルしたいところですが、あいにく日本にカジノはありません。でも実は、日本でもカジノを遊ぶ方法があります。それがオンラインカジノなのです。

日本でも遊べるオンラインカジノとは

オンラインカジノは、その名の通りオンライン上で、まるでラスベガスにいてプレイしているようにカジノを遊ぶことができます。

オンラインということ以外は実際のカジノと同じようにお金を賭けて遊ぶギャンブルで、最近は学生の間でもとても流行っています。

当然年齢制限もありますが、多くのオンラインカジノサイトでは18歳以上であれば遊ぶことができますので大学生も気軽に遊ぶことができます

オンラインカジノは違法じゃないの?

日本でカジノを遊ぶことは、オンラインであっても違法ではないのかと思う方もいるでしょう。

私もオンラインカジノをはじめるとき、気になってじっくりと調べてみましたが、基本的に運営元は海外の企業であるため日本でプレイをしても違法にはならないということでした。

ですので、日本にいながら安心してカジノをオンラインで遊ぶことができます
オンラインカジノは違法?プレイヤーが逮捕された話から詳しく解説 | CASINO-LAB ネット環境さえあればランドカジノさながらに楽しめるオンラインカジノ。2000以上ともあるといわれるオンラインカジノですが、プレイは合法なのか違法なのか。そして優良サイトか否かはどのように見分ければ良いか。今回は安全なサイトの紹介とともに合法性・違法性を解説します。

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの魅力はなんといっても、控除率が低く2%~5%だという点です。ダントツで控除率が低く儲けやすいギャンブルであることがわかります。

また、グラフィックの美しさやリアルなサウンドが、まるでラスベガスにいてプレイしているように感じさせてくれるのも魅力です。

自宅でできる手軽さもありながら、ほかのギャンブルに比べ勝ちやすいので、学生がギャンブルで遊ぶならオンラインカジノをおすすめします。

ギャンブルは趣味の1つとして楽む

ギャンブルの面白さは、他にはない刺激的な高揚感があることで、特に今流行っているオンラインカジノはそれを自宅にいながら遊ぶことができます

大学生活は、自分の選択次第でたくさんの楽しみ方ができますが、同時に、ふとしたきっかけでギャンブルに依存しやすい環境をもっています。

楽しい学生生活にするためにも、他にも趣味を持ったり、友達や先輩や恋人など人間関係も大切にしながら、趣味の1つとしてギャンブルを楽しむのが良いと思います。

ハマりすぎないように注意しつつ、自分で責任がもてる範囲で少額ずつ賭けていくのが上手に遊ぶコツでしょう。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」