2018/06/26

IQを高める頭を使うゲームはなに?脳トレができるオススメゲームを紹介!

大人になり、毎日普通に生活しているだけだと、あまり頭を使わなくなってしまいますよね。普段している仕事も、生活の一部となっているので脳に刺激があるかと言われるとそうでもありません。

私たちは身体を動かしていないことは気になりますが、脳を鍛えていないことには案外気づかないものなのです。

昔に比べると、計算は携帯に電卓がありますし、漢字は変換できるから辞書も引かなくなりました。わからないこともスマホですぐに検索できることから、図書館で本を探して調べることもなくなりました。

便利な世の中になった反面、あまり頭を使うということが少なくなってしまったというのが現状です。そこで今回は、IQが向上する、頭を使ったオススメのゲームを紹介していきたいと思います。

頭を使うゲームの効果とは

頭を使うゲームをすることで得られる効果は、生まれつきのもので変えられないと思っていたIQを上げてくれます。確かにIQは生まれ持ったものではありますが、様々な訓練で変えることができるのです。しかも脳トレゲームをすることで絶大の効果があるのです。

IQとはなにか

IQとは、Intelligence Quotientの略で知能指数のことを言います。「精神年齢÷生活年齢×100」の式で計算され、100に近くなる人がほとんどです。

人の知能、つまり知的レベルを数値化したものですが、ある種の才能だけとても秀でた知的障害の人がいることは周知のことです。なのでIQの数値によって単純に頭が良い、悪いとは言えないのです。

IQアップの方法とは

栄養を摂取する

まず脳に必要な栄養をしっかりと摂取することです。脳の唯一のエネルギー源である糖分が足りていないと、確実に脳の回転は下がります。

例えば、朝はフルーツ、特にバナナはビタミンと食物繊維が豊富なのでお勧めです。昼食は五穀米などお米をしっかり食べましょう。炭水化物は消化までに時間がかかるので少しずつ糖を吸収することができます。

間食は消化、吸収が早くエネルギーになる飴が良いと言われています。夕食も昼食と同じように炭水化物を摂りますが、寝る3時間前には食事を終えましょう。

睡眠中に消化活動をさせてしてしまうと、睡眠の質が低下し翌日の脳の活動に支障をきたすからです。

適度な運動・睡眠

不規則な生活をしたり睡眠不足になっていると脳細胞が死んでしまうので、規則正しい生活をすることが大事になってきます。そして運動も大事ですが、過度になり過ぎないように注意しましょう。

ストレスをためない

ストレスは体ばかりでなく脳にも良くありません。ストレスをためると脳の機能低下や萎縮を引き起こすことがわかっています。すべてをプラスに考えて、ストレスを溜めないようにしましょう。

勉強・脳トレをする

そして、脳のトレーニングのために考えられたゲームを適度にするのも効果的です。この次ではその脳トレゲーム、頭を使うゲームを紹介していきます。

頭を使うゲームの種類とは

ボードゲーム

ボードゲーム、たとえばオセロ、囲碁や将棋、チェス、麻雀といったものが脳トレになります。相手の手を読むこと、裏をかくというさまざまな手段があるので、とても脳を使うことになります。

チェスはヨーロッパではメンタルスポーツとも呼ばれているそうです。こういったボードゲームをすることは脳に効果的ではありますが、し過ぎでストレスにならないように注意しましょう。

パズル

クロスワードパズル

クロスワードパズルは、単語を考えたり思い出したり、また縦横のつながりを見て途中の文字から言葉を考えたりと脳をフル活動させると同時に、新しい情報を得ることができます。

ボードゲームと違って、途中でやめて時間が細切れになってもすぐ途中からできるので忙しい人にもぴったりです。

漢字パズル

漢字パズルは、知識もですが、過去に覚えた漢字の記憶を呼び戻す作業があります。知らない熟語も出てきたりして、実はゲームをしながらかなり勉強をしていることになります。いろいろなパターンのパズルがあるのも飽きない魅力の一つです。

数独パズル

ナンバープレイスとも言われるこのパズルの特徴は、なんといっても1~9の数字を入れていくだけのシンプルさと計算力がいらないところでしょうか。

数字を使っていますが9種類の記号として埋めていく作業で、注意力も要求され完成するとかなり充実感も得られます。

お絵描きロジック

書かれた数字の数だけマス目を塗りつぶして完成すると絵になるという、ちょっとおしゃれで凝ったゲームです。初心者用の小さなサイズのものから大作まで種類も豊富で、完成するとスケッチのようになることも楽しいですよ。

その他のゲーム

「Brain Wars」は複数の脳トレゲームが入っていて、世界中の人とオンライン対戦ができるようになっています。「ひと筆書き」は、図形の始点から終点までをひと筆でつないで遊びます。

一見かんたんそうに見えますが実際ににやってみると難しいものもあります。シンプルだからこそ脳を使ってしっかり考えないと解けません。

ルービックキューブ

「脳を使う遊びといえばルービックキューブ」と言われるくらい昔からの定番ですね。現在では種類も豊富で難易度も様々です。

人の脳は立体図形の位置の変化に適応できないようになっています。なので、もし攻略方法をまったく知らずに完成することができる人がいたら天才です。指先を動かすことでも脳が活性化します。価格もお手頃でカバンにも入るサイズです。

小中学生ドリル

大人になってまでも?と思うかも知れませんが、何十年かぶりに取り組んでみると新鮮なものです。意外に忘れているものもあったりと、脳の活性化にはとても役立ちます。

後出しじゃんけん

後から出してわざと負けるじゃんけんゲームです。人は本能的に「勝とう」と思うので、じゃんけんの勝ち負けのパターンを植え付けられた脳には、後出し負けじゃんけんは相当な負担になり、とても脳を使うことになるのです。

オンラインカジノも脳トレになる

みなさんはオンラインカジノをご存知でしょうか。PCやスマホで手軽にプレイできる本格的なカジノで、脳トレとしてもとてもおすすめされているのです。

カジノはあてずっぽうのギャンブルではありません。暗算も計算も記憶もすることになるので、最高の脳トレと言われています。

ただ単純に賭けるわけではなく、頭で考えて賭けていく。負けた場合は次にどうしたら……勝った場合は連勝するにはどうしたら……そういった考えるということが脳の刺激になっているのです。

IQを高めるなら毎日脳トレを

頭を使うゲームと考えると、難しいことをしなければいけないようなイメージがあったかと思いますが、手軽なゲームで脳を鍛えることができるということがわかったと思います。

実際何もせずに日々のルーティーンだけで生きてきた人は、IQを上げるどころか将来的にボケやすいとも言われています。

刺激や変化が起こると脳は活性化し、トレーニングされます。ゲームやスポーツでは勝ち負けがありますが、人間も他の動物同様「勝ちたい」という本能があるので、そのために脳が活発に働き始めるのです。

また左脳と右脳にバランスよ良く刺激を与えることも大切です。
右脳にはビジュアルを見て記憶力をアップさせる脳トレが、左脳には論理的に考える脳トレが向いていますが、両方を効率的にできるのはゲーム、特にオンラインカジノはおすすめです。

みなさんもまずは、身近で簡単なものから試してみてくださいね。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」