2018/06/25

お金がない人の特徴とは?お金持ちになる為に気にするべきこととは

お金を得るには働かなければなりません。ただし同じように働いている人々の間でもどうしても貧富の差は生じてしまいます。

「お金がない……」と、一般庶民はことあるごとについついそうぼやいてしまう傾向にある様に思えますが、そうゆう人の特徴には何があるのでしょうか。

今回はあらゆる場合での「お金がない」状況を検証し、お金持ちになるための方法、お金がない人の特徴をみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

お金がない人の特徴とは?

人々が「お金がない」と感じる瞬間はその価値観によっても違ってきます。その価値観のひとつに「金銭感覚」の違いがあります。

お金の使い方もまた人それぞれで、お金を持っていれば持っている分だけ使ってしまう人もいれば、少ない収入を使わずにため込んでいる人もいます。

「お金がない」人にもたくさんの種類があり、そしてその理由も様々です。ここではそんな「お金がない人」の様々な特徴をご紹介していきます。

あればあるだけお金を使う人の特徴

手元にお金があるとすぐに使ってしまう人の特徴は「計画を立てられない」人に多いと言えます。計画の立てられる人であれば収入が入る時点でその使い方を考えます。

例えば家賃光熱費、食費等に必要な金額を把握した上での消費や、あるいは貯金する人もいるかもしれません。

そういう人と比べて計画の立てられない人は行き当たりばったりの衝動買い等の無計画な消費を繰り返すことにより、いざ必要な時にお金がないという状況を自ら作り出します。

つまり後先考えずにお金を使っている結果として「お金がない」ということになります。そうなると、例え同じくらいの収入がある人でも計画を立てられる人と立てられない人とでは多少の「貧富の差」が出てきてしまうのです。

お金を持っていても使えない人の特徴

仏教では、「無財餓鬼」と「有財餓鬼」という言葉があります。無罪餓鬼とは財産がなく食べ物にありつけないことを指し、逆に有財餓鬼とは財産を持ちながらも欲が深く「もっと、もっと」といった具合に財産を増やそうとします。

お金を使わずに「お金がない」という人には前者の傾向があるということになります。つまりお金を持っていても「お金がない」と感じてしまうために、本当にお金がなくなることを恐れてお金を使うことが出来ないのです。

そういった人の特徴は「他人と自分を比較しやすい」傾向にあります。自分より収入の多い人と比較することで自身を悲観し「お金がない」といって必要以上に消費をしなくなる人もいるということです。

そうなると必要な投資もしなくなります。投資をしなければお金が減ることはなくても逆に増やす機会もなくなってしまうことになるのです。

コミュニケーション能力のない人にもお金がない人は多い

人が集まるところにはお金も集まると言います。逆をいえば人のいないところには当然お金はありません。「お金がない」と言っている人の中にも人付き合いの嫌いな人やコミュニケーション能力に乏しい人は少なくありません。

例えば人との交流の場でも多少なりとも出費があります。お金がないと思えばなおさら人と交流しなくなり、交流がなくなれば必然的に人脈もなくなります。

人脈がなくなれば、お金が儲かる話も当然舞い込んで来るはずもないので、コミュニケーションがなくなればお金がなくなるという悪循環ができてしまうのです。

また逆のパターンもあります。人との交流にお金を使いすぎてかえってお金がなくなる人もいます。これもコミュニケーション能力の問題であり、この場合は必要以上に人と交流していることになります。

お金がない人はどんな生活をしているの?

お金がなければ私生活への影響は当然出てきます。お金がない人の私生活はとてもイメージしやすいのではないでしょうか。

お金を切り詰めて値段の安いものばかりを購入して高価なものを所有しない、といった生活を思い浮かべるかと思います。しかし、お金がない事情も人によって様々です。

ここではあらゆる状況でのお金がない人の私生活をご紹介します。人それぞれのお金がなくなる状況、またはなくなった状況を見ていきましょう。

給料日前にはお金がなくなる

給料日前にお金がなくなる人の傾向としては、お金がない人の特徴でお話しした「計画性のない人」に多いです。つまりお金があればあるだけ使う生活を送っているために底を尽きるのも早いのです。

そういった人の生活は極端に二分されます。給料日後は極端に裕福になり、給料日前にはたちまち貧困生活に陥ります。

要するに手元にお金があればその分金遣いが荒くなり、やたら高額な買い物をしたり食べる物にも贅沢をしたりします。

そうすると必然的に底を尽きるのも早く給料日前には必要な支払いもできなくなるほどの貧困に陥るのです。

頻繁に電気、ガス、水道、携帯電話などを止められる

お金がないということは当然貯金もないということになります。公共料金に支払いも口座引き落としが主流になっている現代においては、貯金口座の残高がなければ引き落としが出来なくなります。

公共料金の支払いの滞納が続くと必然的にガス、水道、電気、携帯電話などの使用が差し止められます

お金がない人は何に対してもお金を使いたがりませんが、家賃や食費を払わなければ生活ができませんのでそこには優先的にお金は費やします。

しかし、自動口座引き落としになっている公共料金の支払いは自然と後回しに考えがちで、特に日常生活に不可欠なガス、電気、水道にくらべて携帯電話の料金は優先順位が低くなってきます。

意外と家に物が多い

お金がない人ほど安い物を購入する、さらに買い込んでしまう傾向にあります。安い品物をみつけると「沢山買わなければもったいない」という心情が湧いてきてしまうのです。

さらに「もったいない」という心理は「処分しない」という行為にも発展します。そうなるとどんどん家に物が増えていく訳です。

そして中には処分された家具などで使用できそうな物を拾ってくる人もいます。そういった「もったいない」という精神の結末が、今社会問題にもなっている「ゴミ屋敷」が増えている現実にも繋がってくるのです。

お金持ちとの違いはなに?

ここまではお金がない人の私生活を紹介してきましたが、逆にお金がある人いわゆるお金持ちといわれる人と比較してみたいと思います。

お金持ちは一体何が違うのか、そもそもお金と仕事に対する考え方が違うといわれています。簡単にいえば「貧乏人は時間とお金を消費する」のに対して、「お金持ちは時間を投資してお金に換える」などといわれています。

無論、お金持ちだってお金を消費しますが、お金がない人との違いは「お金がなくなる心配がない」というところにあるます。

お金がなくなる心配がないのは根本的な財源があるからなのですが、ここではその財源を得るための方法などをご紹介します。

時間的視野の違い

当然のことですが、大金は短時間で得られる訳はありません。「一攫千金」という言葉がありますがそれは宝くじでも当たらなければ得られるものではありません。つまりお金持ちと呼ばれる人達であっても、短時間でお金持ちになった訳ではないのです。

お金持ちは欲しいものを手に入れるにはどれだけの時間と労力が掛かるかを見積もることができ、計画的に実行することができます。

つまりここでも「計画性」が左右してくると言えるのです。お金がない人はお金を得ようとする時も「一時的」なものとしてしか見ることができません。

そういった理由から一攫千金を夢見て中にはギャンブルや宝くじ等にやたら浪費する人もいます。お金持ちは常に先を読み、長期的なスパンでお金を得ようと考えているのです。つまり時間的視野が根本的に違うのです。

お金持ちへの第一歩

根本的な価値観や思考は急に変えられるものではありません。本気でお金持ちを目指すのであれば先ずは自身の根本を見直す必要があります。

はじめに見直すべきものは支出です。簡単にいえば無駄遣いをしていないか、あるいは何に対してお金を消費しているかを明確にします。そうすれば自身に本当に必要なものも明確になってきます。

次に考えることは貯金です。たとえ僅かな収入だったとしてもコツコツ貯金することにより僅かな財源ができます。

財源ができれば行く行くは投資も出来るようになってきます。明確なビジョンを持ち、計画的に動くことでやがて遠くにあるものも見えてくる様になります。
貧乏脱出したければお金持ちのマネをするべし!明日からできる3つのこと | CASINO-LAB 私たち社会人はお金を稼ぐために働いています。しかしながらその収入には個人差が大きく、収入の差異により貧富の差が生まれているという悲しい現実があります。「貧富の差」というのは一体何なのでしょうか。そして「貧乏」といわれている人々はどうすれば貧乏から脱出できるのでしょうか。これから本記事を通して考えていきたいと思います

「お金がない」というのもひとつの価値観でしかない

お金がないことの原因、とお金持ちになるための方法が少しでも見えてきたかと思います。お金持ちを目指すのであれば、まずは自身の根本を見直しすぐにできることから始める必要があります

ここで思い出していただきたいのは「お金がない人の特徴」でお話しした「有財餓鬼」についてです。つまり例えお金を持っていても何かと比較して常に「お金がない」と感じてしまうことです。

その状態はいくらお金を持っていても心が満たされていないということになります。要するに「心が貧しい」ということになってしまいます。

「お金がない」ということもひとつの価値観でしかありません。大事なことは「自身にとって本当に大切なことは何か」を明確にすることではないかと筆者は考えます。

それがお金であるならばそれもひとつの価値観、お金がなくても他に大切なものがあればそれもひとつの価値観でしかないということです。

お金はあるに越したことはありませんが、大切なものはお金だけではないということは忘れないでおいてください。
お金持ちに「どうすればお金持ちになれますか?」って実際に聞いてみた | CASINO-LAB 「お金持ちになりたい」は多くの人が常に持つ望みですね。そのお金を使って何をするのでしょうか?人生に必要なのは「お金」そのものより「それによって得られる経験」です。「何となく得たい」から「これだけの金額を得る!」にシフトしましょう!
お金持ちの習慣10選!真似から始めるお金持ちへの第一歩! | CASINO-LAB お金持ちの人とそうでない人との違いとはなんでしょうか。実は、お金持ちの人には共通している習慣があります。お金持ちの人が行っている習慣の中から生活に取り入れやすいものから身につけていき、充実した生活を目指していきましょう。今回は、お金持ちの人が習慣付けていること、お金持ちの人の考え方などを紹介していきます。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」