2018/07/23

日本カジノの入場料は6,000円で与党が合意!これって高いの?安いの?

カジノ法案可決により日本国内でのカジノが合法となり、IR施行法の可決に向けて着々と議論が進んでいます。

日本国内でカジノを作るにあたってギャンブル依存症対策・オープンする場所など様々なことが話し合われていますが与党により日本国民のカジノへの入場料が6,000円と決議されました。

国民の声はこのカジノへの入場料に関してどのような意見を持っているかという口コミとともに、入場制限なども合わせて解説します。

カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に向けた法案が自民と公明の間で一致した

カジノの入場料金は6,000円で設定される?

2018年3月、公民党と自民党はIR(カジノ含む統合型リゾート)整備に向けた法案に関して会合を開き、国民のカジノへの入場料6,000円と設定することで一致しました。

入場料6,000円って高くない…?という意見もあるでしょう。海外のカジノはどれくらいの入場料が設定されているのでしょうか。

アメリカ・マカオ・フィリピンは自国民・外国人ともに入場料無料。

お隣韓国では「江原ランド」以外のカジノには韓国人は入場できず、江原ランドでは韓国人は9,000ウォン(900円ほど)となっています。

シンガポールでは国民の入場料は100シンガポールドル(約8,000円~9,000円)となっているようです。

ギャンブル依存対策として7日間に3回までと28日間に10回までの上限設定がされる

入場料とともに設定されたのが日本国民のカジノへの入場制限です。7日間に3回まで、28日間に10回までと上限が設定されました。

これはギャンブル依存症対策として(入場料もそうですが)取られた借地のようです。

また、国内でIRを整備して良い場所は3箇所までと決まりました。

入場料が安く、入場上限回数も設定されないとなると、その場に入り浸ったり一夜の夢を求めてお金を使いすぎたりする人が出てくるのは容易に想像できますね。

1日中カジノに入り浸り…なんてことになったら健全な社会生活は送れません。

海外のカジノにからすると少し高めの入場料の設定となる

様々な他国にあるカジノで入場料が設定されている場合、数百円~1,000円ほどというところが多数あります。

この現状から考えると日本のカジノの入場料はやはり高め設定となります。

公明党は8,000円以上という意見で自民党は最大5,000円と主張。双方の間をとって6,000円という結果になりました。

あくまで海外観光客がターゲットとなるので日本人にはハードルが高くなるように設定されている?

カジノがオープンしたら実際私達日本人が海外旅行の際にカジノへ行って海外ならではの楽しみとするように、外国人の旅行者も楽しみとして訪れるでしょう。

カジノができた場合、大きな経済効果も得られます。

しかしこれまで法律で違法となっていたものが合法になると、特にカジノゲームの性質として大金を賭けることもでき、ギャンブル依存症となる人がこれまでより増える可能性もあります。

健全な社会生活・経済観念が育たないというのは国にとって大きな損失。治安の悪化も考えられます。

そのようなことを踏まえてカジノは基本的に外国人旅行者のためのものというメインの考えがあり、日本国民にとってはハードルが高くなるよう設定されていると考えられます。

入場料が高いという意見

掛け金にほぼ上限がない国営ギャンブルのほうが脳汁ぶしゃー。で依存症になりそうなんですがね。
カジノにスロット置かれても
都会まで交通費だして6000円払ってまで入る気にはなかなかなれませんね。
そういう人は来るなって考えなんだろうけど。(引用元:Twitter)

カジノ入場料で6,000円払ってまで入る気にはならないというツイートです。はじめから6,000円負けてるという状態と同様ですからね。

ギャンブル依存症対策として高めの入場料となっているのでしょうが、パチンコでもそんな危険性はいくらでもあり、カジノだけ対策されても…という意見です。

カジノ法案国会審議入りはいいが、入場料6000円も取られたら行く気にならん。(引用元:Twitter)

結局この意見が1番多いのではないでしょうか。カジノゲームは魅力的、ギャンブラーに取っては楽しみたい様々なゲーム。

しかし入場するだけで6,000円という金額を毎回取られるのであれば、やすやすと行く気にはなれない、ちょっと高すぎという意見です。

カジノはなんで日本人が入場料6000円取られるん?日本人の税金で作るのに?二重取りやん
日本人の税金で外人のための施設作るんですか?(引用元:Twitter)

日本人が働いて納める税金によって外国人のためのカジノを作ることに異論を持つ人のツイートです。

日本人の入場料は6,000円、ターゲットは外国人旅行者、さらにそのための統合型リゾートを国民の税金で作るとなったらそれは納得いかない人も多くいるでしょう。

入場料は安いという意見

カジノ法審議入だけど入場料6000円って安くないかな。
1万くらい取ってもいいと思う。
あと役所が発行する身分証明書(破産の有無を証明する書類です)の提出などを追加したほうがいいと思うぞ。(引用元:Twitter)

カジノ入場料6,000円は安すぎというツイートです。やはり国民の声は様々なものがありますね。

ギャンブルにハマる人・これまでお金をつぎ込みすぎたかどうかの身分証明書の提出まで求めた方が良い、という意見です。

4パチ3.5円換金で5万投下した時点で7千円くらいの手数料はすでに払ってる

パチンコの何倍もの賭け金使うカジノで入場料6000円ならめっちゃ安いから通いそう(引用元:Twitter)

通常行うパチンコの換金率と投資額からカジノの入場料が安い、すでにそれくらいは払ってるから全然平気という意見です。

パチンコはカジノより1日の賭け金は圧倒的に少なく済ませることができますが、6,000円くらいすぐに使ってるよということですね。

カジノの依存性対策もっと本腰入れて議論した方がいい。入場料6000円じゃダメだ。もっと高く設定しないと。金持ちの道楽という位置付けにして貧乏人や一般庶民が入りにくいようにしないとあかん。そして大阪のパチ屋の閉店時間を1時間早める。ついでにそっちの依存性対策もやれ!!、(引用元:Twitter)

カジノ依存症対策として議論をもっと行ってほしいという人のツイートです。ギャンブル依存症の人は6,000円くらいでは痛手ではないかもしれません。

ギャンブルによるアドレナリンは人の人生を狂わす力が確かにありますね。

お金持ちしか行けない金額であれば、確かによりギャンブル依存症対策となりうるでしょう。
カジノ法案最新情報【2018年版】日本ではいつどこにできる? | CASINO-LAB ついにカジノ法案可決され、先進主要国で唯一カジノを認めていない日本でも、施行へ向けて様々な動きが行われています。カジノ解禁となった際のメリット・デメリット、できるとしたらどこに?そのような「カジノ法案」にまつわる様々なことを見ていきます。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」