2018/08/21

FXで勝てない仕組みとは?|負け続ける前に気付くべきこと

正式名称・「外国為替証拠金取引」は通常「Foreign Exchange」を略して「FX」と呼ばれる金融商品で投資の1つです。

海外の通貨を売買し、その差額で利益を生むのですね。

それなりに大きな額が必要な株と異なり、少額からレバレッジにより大金を動かせるとして学生や若い女性でも勉強し、取引で利益を生み出し続ける人がいます。

そんなFXで勝てないという場合、どんな仕組みが理由となるのか、そして勝てない人の動きの特徴としてどのようなものがあるのかを解説します。

FXで勝てない仕組みとは

初心者がFXで勝つ事ができないのは?

初心者でFXに取り組むと決めた場合、ある程度ネットや本などで勉強し、一応のセオリーを頭に入れてとりあえずその通りにやってみるのではないでしょうか。

しかしFXは買う人がいれば売る人もいるという取引。本のセオリー通りに取引すれば必ず勝てるというものではありません。

チャートやテクニカルは知識として知っておかなければなりません。しかし、その通りに動いたとしても勝てないことがあることは意識しておかなければならないのです。

そのようなことから初心者であっても学び、経験するケースが増えて可能性を広く見られるようになります。

FXで勝つ方法が分からない場合はどうすればいいのか?

FXは勝つ人がいれば必ず負ける人がいるという世界。初心者で負けが続く、という場合、勝っている人のカモとなっているのです。

またFXには投資をしてみたい!と初心者が集まってきます。初心者がどうしたら良いか分からない、という方向へと概ね動くのがFXの世界なのです。

ではどうすれば良いか?はじめに試すべきことが「自分のトレード日誌をつける」というもの。これを習慣化しましょう。

日誌を付け、経験を振り返ることで「どんな考えを持っている場合にカモにされるか」という見当が付けやすくなります。

その動きに気づいたら、動き方を変えてみるという対策を取ることができますね。エントリー・ポイントを見極めましょう。

FXで負け続けてる自分のポジションは良いサンプルになる!

FXには「負けトレードの典型」というサンプルがおのずとできていきます。

もし自分がFXで勝てない・負け続けていると感じているのであれば、それは負けるトレードの典型サンプルそのものとして動いている可能性が高いのです。

すると対策は見えてきますね。この負けサンプルに勝つためにどのような動きをすると良いのか、を考え、その通りに実行するのです。

実際FXで大きな利益を生むトレードをしている人の多くはこの考えに基づいています。負けサンプルからどのようにお金を奪うのか、です!

これが板につけば負け側ではなく、勝つ側と意見が揃うようになり、勝つことはそれほど難しいことではなくなります。

FXで急に勝てなくなった時の理由にはどんな事があるのか?

これまで勝てていた手法がある時から有効ではなくなった。そんな場合は2つの理由が考えられます。

1つ目は勝者と敗者のバランスに起因するもの。もし勝ち続けるからといって、多くの負けサンプルに当たる初心者などが同じ手法を使ったら、相場は変化します。

この場合、FXのプロトレーダーは逆の動きをしていきますね。したがって、多くの初心者がどの手法を取っているかを知ることは勝つために必要な情報となります。

もう1つの理由は「トレンドの変化」に起因するものです。

1つの方向へと動くトレンド相場・同価格帯を行き来するレンジ相場では有効な考え方は変化します。

一方で有効な手法をもう一方でも使えば勝てる、ということではありません。

FXで勝てない人の特徴とは?

欲を出してしまいポジションを多く取ってしまう

勝負に勝ち、金銭利益を上げたい。もともとこのためにFXを始めるという人が多いでしょうが、この考えに囚われすぎてはいけません。

過度な思いは欲深さへと繋がり、行動としてポジションを多くとってしまいがちです。

しかしポジションを多く取ることは当たれば良いですが負けると大きな損失へと繋がります。

とにかく勝ちたい、とやみくもに行動するのではなく、「上手な取引をする」ということに焦点を変化させてみましょう。

動き方も変化するはずです。

ポジションの利益が出た時にすぐ決済してしまう

ポジションを取る時、本当にそこにポジションを取って良いか吟味することが必要です。

また、待つことに我慢できず、利益が出たらすぐに決済してしまうというのは待てない=利益へと繋がらない、という行動の大きな1つです。

すぐに決済したい。でもじっと我慢する場面だって必要です。ちょっと利益が出たらすぐ行動するのではなく、待つことで利益を伸ばすという面も必要です。

もちろん慣れるまでは焦ってしまって早急な動きをするものですが、プロのFXプレイヤーは待つことにも長けています。

そうすることで大きな利益を得ていくのですね。そのような動きも研究してみましょう。相場を眺めていると分かることも出てきます。

自分で考えず人の手法を使って取引する

シグナル配信や人の手法を参考にトレードするのは良いですが、全てこのような他人任せの行動をしているだけでは自分の知識・経験も増やすことができません。

あくまでFXでは自分の身を削る経験というものが将来的に物を言うのです。

踏襲して同じように行ってみることが悪いことだとは言いません。

しかし、すべてそれ任せにしているとやはり必ず痛い目を見る上、それほどの経験ともならず自分の動き方というものも確立されないことは目に見えています。

まずは自分で考えてみましょう。その中で他者の動き方を参考にし、その上でさらに経験・知識として蓄えていきましょう。

FXの基礎を知らない

はじめに述べたようにチャートやテクニカル通りに動くということはそれなりに危険が伴います。やはり初心者の多くがそこを参考にするためです。

しかしながら、これらは知っておかねばならないルールのようなもの。

初心者が多く使うからきっと負ける…ということで勉強せず、FXの取引を行うことはやはりもってのほかといえるでしょう。

リスクを低く抑えるためのポジションや、損切りの技術などは知っておきましょう。もちろんFXの流れの概要だって押さえておかなければなりません。

トレードしてもいいタイミングを見極める事ができない

FXを始めたばかりの場合は特に、「いつどのタイミングでトレードするか」に焦点が当たりがちです。損したくないのですから仕方ないことではあります。

しかし、慣れた人に言わせると、「どこでトレードしないか」がとても重要だということ。

相場が迷っている場合にポジションを取ると、丁半博打のようになってしまいます。

この時に利益を上げる場合もありますが、これに慣れること・癖になることは長期的に見て得策ではありません。

無理してポジションをとる必要はないのです。プロにだって勝てない時はあり、相場とは個人で変えられるものではないのです。

勝てる勝負にシフトチェンジする


少ない額で多額を動かすことのできるFX。やはりこのFXで利益をあげ続ける人もいることは事実ですが、年間を通し、FXで勝ちをあげる人はプロも含めて2~4割。

4割だったらいけるかも、という意見もあるでしょう。

しかし本当に負ける・どうやっても勝ちに結びつかない、といった場合はギャンブルや他の投資にエネルギーを向けることも必要です。

やはりFXは短期勝負、知識は必要ですが知識があれば良いというものでもありません。向き不向きがあるのです。

もっと単純に楽しめるオンラインカジノやスポーツブックなど、これらに精通している人には別のお金を稼ぐ方法があります。

ギャンブル?それは嫌、という場合もあるでしょうが、知識を得ることで勝率を上げるものも多数あります。

自分の資質・得意分野に沿ったお金稼ぎはギャンブルの場合でも充分投資となりえます。

資質を生かしてプレイすれば楽しめ、良い結果を生むことだって否めませんよ!

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」