2019/07/02

カウンティングで楽勝!ブラックジャックの禁じ手をマスターする方法

カジノで大人気のテーブルゲーム・「ブラックジャック」。戦術次第で勝率をかなり上げられる、頭脳を使うゲームです。

そんなブラックジャックの必勝法・「カードカウンティング」。初心者は慣れるまで難しく、熟練プレイヤーのための攻略法として知られています。

しかし、このカウンティングをマスターすれば勝率はぐっと上がります。実際、ランドカジノでは度々行われているようです。

そんなカウンティングは実際どんなものでどんな効果があるのか、具体的な手順とともに詳しく解説します。

禁止されるほどの必勝法カードカウンティング


カードカウンティングは既にオープンになっているカードを計算し、それにより好機を読み、ベット額を変更していく攻略法です。

残りのカードの山の中にどれほど「10・J・Q・K」が残っているかを予想していきます。

自分とディーラーのカードだけでなく、他のプレイヤーのカードにも随時目を光らせなければならず、その都度計算しながら行います。

ランドカジノでゲームする熟練プレイヤーは、ほぼ無意識にカウンティングしており、素早い視線を向けたりベットを突然上げたり下げたり、ということでカジノ側に気づかれます。

法的には、カジノはカウンティングを行うプレイヤーを拒否する権利を持っています。常習犯はカメラの顔認証でバレ、お手上げ状態のようですよ!

カウンティングのガイドブック


ブラックジャックは21を超えることなく、21により近づけるディーラーと一騎打ちの勝負です。22以上は「バスト」となり負けが確定します。

Aは「1か11」とカウントし、「絵札(J・Q・K)」は10とカウントします。

ディーラーにはルールに縛りがかかります。

手持ちカードの合計が16以下であれば必ずヒット(カードを追加)しなければならず、17以上であれば必ずスタンド(それ以上追加しないこと)しなければなりません。

1対1のゲームなので21により近づけるというよりは、絶対にバストを避け、相手のバストを狙う気持ちで行います。

数字をカウントし、好機が来たらベット額を上げるなど強気に勝負し、不利な場合はベット額を減らします。

カウンティングをマスターする!

それでは具体的なカウンティングの方法を解説します。数字をどのようにカウントするかを表にまとめました。

10・絵札(J・Q・K)・A -1点
8・9 0点
2・3・4・5・6・7 +1点

表にまとめたようにカウントしていきます。プレイヤーが知りたいのは残りのカードの山の中に、どれだけ10・絵柄が残されているかということ。

自分のカード・ディーラーのカード・他のプレイヤーのカードそれぞれを計算し、プラスとなったら自分にとって好機、マイナスであれば不利な状況と判断。

プレイヤする人 カード カウント カウント合計
1人目プレイヤー 10・A -2 -2
2人目プレイヤー 5・4・7 +3 +1
ディーラー 5・5・7 +3 +4

このようにカードが開かれたらその時点で1枚ずつ計算。プラスになっている時に自分の手が良ければベットを大きくして勝負します。

カウンティングの理論

ではなぜ10や絵札を予想し、なぜこのカウント方法になるのかを見ていきましょう。

まだ開かれていないカードの山の中に、10や絵札が沢山入っていると、16以下はヒットの必要があるディーラーがバストする可能性があり、プレイヤーに有利です。

また、10とカウントするのは「10・J・Q・K」の4つの数字でそれぞれ4枚ずつあるので16枚となります。52枚のカードのうち16枚といえば確率は30%ほど。

10や絵札が自分に当たればブラックジャックなど強い手にができやすくもなります。つまり山の中に10・絵札が沢山あると良いということ。

プレイヤーにしか許されないダブルダウンが決まりやすくなります。

カードの山の中に小さい数字が多く残っている場合、ディーラーに有利。ヒットしてもバストの可能性が低くなるからです。

また、ダブルダウンの効果もそれほど高まりません。

カウンティングの方法も研究されている

上で説明したものがもっともメジャーな「ハイローシステム」のカウンティングの方法ですが、他にも様々なカウンティング方法が編み出されています。

初心者向けの簡易的なものから、熟練者向けの理論的なものまであるので、項目ごとに解説します。

カジュアルシステム

もっとも簡単なカウンティングで、場のカードを見た感じで数字が大きなものがたくさん出ている感じであれば積極的に勝負します。

数字の小さなものがたくさん出ていると感じれば慎重にゲームする、という方法です。

何となく大雑把に見て判断するだけなので、初心者でも今すぐ試すことができます。

勝負をダイレクトに左右するものではありませんが、カンを磨くためにはとても良い方法です。カウンティングの入門といった感じですね。

K-Oシステム(ノックアウトシステム)

ケーオーシステムまたはノックアウトシステムと呼ばれるこの方法は、通常のカウンティングとそれほど変わりません。

  • ・「A・J・Q・K・10」は-1点でカウント
  • ・「2・3・4・5・6・7」は+1点でカウント
  • ・「8・9」は0点

+2点以上になれば積極的に勝負し、+2点未満なら慎重にゲームを進めます。

Red Seven Count(レッドセブンカウント)

中級者におすすめのレッドセブンカウントは、通常のカウンティングをベースにした攻略法で、赤の7「レッドセブン」を重要視しています。

カウント方法は通常のカウンティングと同じですが、「赤の7」が出た時は「+1点」、黒の7が出た時は0点としてカウントします。

また、「シューのデッキ数× -2」の点数から始めるという特徴があります。たとえば6デッキで組まれている場合、「6× -2=-12」で-12点からスタート。

0に近づいてきたら好機と見なします。ダブルダウンやインシュランスなど様々なアクションのタイミングが決まってるので、慣れてきたら取り入れましょう。

ZEN(ゼン)

数字を細分化し、より精度が高まったのがこの「ZENシステム」のカウンティング。カウントの方法は以下のとおりです。

  • ・「10・J・Q・K・A」は-1点とカウント
  • ・「8・9」は0点とカウント
  • ・「2・3・7」は+1点とカウント
  • ・「4・5」は+2点とカウント

「トゥルーカウント」というものがあり、カウントした数を残りのシューの枚数で割ります。

たとえばカウントが-2点で残り枚数が20枚だったら「-2÷20で-0.1」となります。この数が大きければ大きいほどチャンスと見なします。

安定感があり、より信頼度が高いといわれるZENシステム。しかしカウント値やトゥルーカウントの数が良くても絶対勝ちというわけではありません。

長期的に行い、長期的に勝率を上げていくというものなので、莫大なベットをしないように気をつけましょう。

カジノも負けていない!カウンティング対策


カウンティングにも様々な種類があり、熟練プレイヤーはこれらを確実に行っています。

しかし前述のとおりカジノ側はカウンティングを使うプレイヤーを拒否する権利があります。

カウンティングを行っていなければ自分とディーラーのカードは確認しますが、中々他のプレイヤーのカードを追い続けたりはしません。

目の動きで怪しいと思われ、その上ベットの仕方に不自然なものを感じられたら、見破られるのは簡単です。

「あのプレイヤーはカウンティングをやってるな」と思われたらディーラーは早めにカードをシャッフルしてきます。

また、カウンティングはデッキ数が少ない方が俄然有効となりますが、最近ではデッキ数の多いブラックジャックを行うカジノも増えてきています。

カウンティング対策として「CSM(コンティニューシャッフリングマシン)」というものを導入しているカジノもあり、これは1回ごとにカードをシャッフルするマシン。

1回ごとにシャッフルし、カードが見れないのでカウンティングができません。

カウンティングで稼ぐためには?


2008年の映画「ラスベガスをぶっつぶせ(英語名:21)」はカウンティングを題材とした映画。2週連続で興行収入が1位になった人気映画です。

カウンティングで大稼ぎしたい!そう考える人は多いでしょうし、実際にあまりに度が過ぎるとカジノ出入り禁止になるなど効果の高い必勝法です。

せっかく効果高いカウンティングを覚えても実際私達日本人はカジノで遊ぶためには海外に出かけていかなければなりません。

カウンティングを行っていい場所は?

それでは日本でカウンティングを使えるような場所はないの?それじゃせっかく覚えても意味無い…。と思いますよね。

しかし方法は2つあります。1つはお金を賭けないでブラックジャックが楽しめる「ポーカーサロン」。お金を賭けないのでカウンティングも試せます。

もう1つは「オンラインカジノ」。

海外にサーバーを置き、ライセンスを取得して合法的に運営されているオンラインカジノではお金を賭けてカジノゲームが楽しめます。

多くのオンラインカジノにはディーラーのいるライブカジノが用意されており、こちら側の姿は見えないのでカウンティングだって試すことができます。

様子を見ながらカウンティングを行い、大金を稼ぐことだってオンラインカジノなら可能です。

海外のランドカジノには中々行けなくても、スマホ対応されているオンラインカジノが多いので、いつでもどこでもネット環境さえあれば没頭できますね。

ブラックジャックの必勝法はカウンティングだけじゃない


ブラックジャックに必勝法は実はもう一つあります。
ベーシックストラテジーという方法です。

プレイヤーとディーラーに2枚ずつカードを配られた後、カードを引くか引かないかを決める戦略がベーシックストラテジーです。

ベーシックストラテジー・チャートいう(表)が存在いたします。
使用条件もありますので、ご注意が必要です。

■デッキ数が6(デッキ=ジョーカーを除いた52枚のカード)
■ディーラーのソフトは17スタンド(テーブルに表記されています)

オンラインカジノでカードカウンティングを練習してみては?


たとえもし海外のランドカジノにしょっちゅう行けるような人でも、いきなりディーラーの目の前でカウンティングするのは無謀です。

前述したカジュアルシステムくらいならすぐ試せますが、ハイローシステム(通常のカウンティング)やZENシステムなどはやはり慣れるために練習が必要です。

難しいというよりは慣れが必要な攻略法。パッと見て計算し、それによってベット額を上げたりするので、少なくともアクションにはすっかり慣れておく必要があります。

オンラインカジノはそんなカウンティングの練習にうってつけ。ゆっくりし自分のペースで少しずつ試しながら長期的に練習し、経験値を上げていきましょう。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating

勝っても負けてもキャッシュバック!?
日本人向けの新世代型オンラインカジノ

キャンペーン情報
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!