2018/04/30

ベーシックストラテジーとは?表を使ったブラックジャックの戦略を紹介

ブラックジャックのベーシックストラテジーの表をお探しでしょうか?こちらへどうぞ。

こちらでは、カジノやオンラインカジノでも大人気の「ブラックジャック」について、日本人としては馴染みの薄い遊ぶために必要な基本的な用語の解説とともに、「ベーシックストラテジー」という最善手をご紹介しています。

ブラックジャックで勝つため、ひいてはカジノで勝つためには「ベーシックストラテジー」は避けて通れない道です。より楽しく、より確実に勝率を上げるために活用しましょう!

トランプゲーム「ブラックジャック」について

「ブラックジャック」をご存じでしょうか?トランプを使う、あの有名なゲームです。
ルールを端的に言ってしまうと、カードの合計の数字が「21」か「21」に最も近い人が勝ちます。
そして、A(エース)と絵札で「21」を作ると「ブラックジャック」となり、相手も「ブラックジャック」でない限り問答無用でこちらの勝ちになる…というゲームです。
ルール説明だけでも分かる通り、ブラックジャックは非常に単純なゲームではあります。
しかし、しっかりとした運と戦略があれば一攫千金も可能なゲームなんです。

カジノでも非常に人気のあるブラックジャック

ブラックジャックは、シンプルだからこそ奥の深いゲームとして長年カジノで愛されてきました。
このブラックジャックで遊ぶ上で、みなさんはきちんと戦略を立てているでしょうか?ただやみくも運だけでプレイしていませんか?
ブラックジャックは単純なゲーム故に、完全にパターン化された戦略が存在します。
今回はブラックジャックで勝率を上げるための戦略、「ベーシックストラテジー」をご紹介したいと思います!
「ベーシックストラテジー」をマスターして、ブラックジャックで勝つ確率を自身で上げていきましょう。

ブラックジャック攻略法のベーシックストラテジーとは?


最初に「ベーシックストラテジー」の概要からご説明します。

「ベーシックストラテジー」とは、ブラックジャックの最善手です。

一般的なブラックジャックではプレイヤー同士なのでカードを見せません。しかしカジノのブラックジャックにおいては、「ディーラー」が存在します。

あなたとディーラー自身にカードを2枚ずつ配った後に、ディーラーのカードを1枚だけ見せてくれます。

この見えているディーラーの1枚と、あなたのカードを見比べてカードを引くか引かないかを決める戦略が「ベーシックストラテジー」です。

ブラックジャックの基礎的な用語について

ベーシックストラテジーの説明に入る前に、プレイに必要な用語を説明します。プレイヤーがとれる行動は、主に↓の4つになります。

・スタンド:これ以上カードを引かずに、勝負に進むこと。
・ヒット:配られたカードに加え、もう1枚カードを引くこと。
・ダブルダウン:賭け金を倍にして、追加でカードをもう1枚引くこと。
・スプリット:最初に同じ数字のカードが配られた時、それぞれ別の手として2つのゲームとしてプレイすること。

他、ルールによっては「サレンダー」という選択肢もあります。「サレンダー」は「降参」という意味です。

ディーラーと自分のカードを見比べて勝ち目がないと思った場合、勝負を降りることが出来ます。その際、賭け金額の半分を持っていかれます。

他に「インシュランス」という行動もありますが、後述します。

ディーラーのカードの引き方について

もう一つだけ、解説の前に知っていただきたいことがあります。それはディーラーの行動パターンです。

ブラックジャックのディーラーは、個人の判断でカードの引く引かないを選択している訳ではありません。

どのカードを引いたら「次のカードを引くか」ということは決まっているのです。

それは17以上はスタンド、16以上はヒットするということ。このルールは、どのブラックジャックでも共通のルールとなっています。

つまりはディーラーの行動は機械的に決まっている、ということですね。そのおかげで「ベーシックストラテジー」という手法が確立されているのです。

ベーシックストラテジーの解説

おまたせしました。ベーシックストラテジーの解説をいたします。

まずは下の表をご覧ください。縦軸がプレイヤーの手(ハンド)、横軸がディーラーのハンドです。

 

2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
8以下 H H H H H H H H H H
9 H D D D D H H H H H
10 D D D D D D D D H H
11 D D D D D D D D D H
12 H H S S S H H H H H
13 S S S S S H H H H H
14 S S S S S H H H H H
15 S S S S S H H H H※ H
16 S S S S S H H H※ H※ H※
17以上 S S S S S S S S S S

 

2 3 4 5 6 7 8 9以上
A,2 H H H D D H H H
A,3 H H H D D H H H
A,4 H H D D D H H H
A,5 H H D D D H H H
A,6 H D D D D H H H
A,7 S D(S) D(S) D(S) D(S) S S H
A,8 S S S S S S S S
A,9 S S S S S S S S

 

2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
2,2 P(S) P(S) P P P P H H H H
3,3 P(S) P(S) P P P P H H H H
4,4 H H H P(S) P(S) H H H H H
5,5 D D D D D D D D H H
6,6 P(S) P P P P H H H H H
7,7 P P P P P P H H H H
8,8 P P P P P P P P P P
9,9 P P P P P S P P S S
10,10 S S S S S S S S S S
A,A P P P P P P P P P P

 

記号の説明

S:スタンド

H:ヒット

H※:ヒット(サレンダーが可能ならサレンダー)

D:ダブルダウン(不可の場合はヒット)

D(S):ダブルダウン(不可の場合はスタンド)

P:スプリット

P(S):スプリット(不可の場合はスタンド)

 

こちらの3つの表の通りにカードを動かせばベーシックストラテジーは完璧です!

次の項目では、ベーシックストラテジーにおいてやってはいけない手や、チャンスやピンチの手を解説します。

やってはいけない手①

基本的には表通りにカードを操作すれば間違いないのですが、その中でも特に「やってはいけない手」を紹介します。

まず、自分の手が17以上の場合のヒット。こちらはバースト(数字の合計が21を超える)してしまう可能性が高いのでやってはいけません。

次に自分の手札が10,10だった場合のスプリット。これもNGです。

ブラックジャックにおいて「20」はかなり良い手なので、こちらを自ら崩すのは非常にもったいないです。

この状態でスプリットしてしまうと、「20」未満の数字になる可能性のほうが高くなります。

やってはいけない手②

ディーラーの最初の手札がAの時「インシュランスをしますか?」と聞かれることがあります。

仮にディーラーのもう1枚のカードが「10」なら「ブラックジャック」となるハンドです。

「インシュランス」を選ぶと更に賭け金が徴収されますが、ディーラーが「ブラックジャック」だった場合に相殺されます。

本来なら賭け金額が全額没収されるはずが、同じ金額分だけ戻ってくるためプレイヤーとしてはプラスマイナスゼロ。

プレイヤーのための救済措置…のように思えますが、この「インシュランス」は、間違っても実行してはいけません

ディーラーがブラックジャックになる確率は3分の1以下です。そのため、ベーシックストラテジーにはインシュランスの選択肢は組み込まれていません。

チャンスの手

最高の手は10とAの「ブラックジャック」なのですが、それに準ずる手はなんでしょうか?

それはAが2枚です。ベーシックストラテジーの通り、必ずスプリットしてください。

スプリットしただけで「ブラックジャック」が決まることもある手です。

仮に「10」以外の数字が来てもAは「1」としても「11」としても使用できるため、負ける可能性が低い手でもあります。

ディーラーの見せる数字が3~6の場合もチャンスです。

ディーラーには「16以下の場合はヒット」という縛りがあるため、2枚目のカードの数字によらず必ず3枚目を引きます。

カードを多く引くということは、その分バーストする可能性が高いです。こちらが9~11なら、迷わずダブルダウンしましょう!

ピンチの手

こちら側が不利な手は、「16」、次に「15」です。

ディーラーのカードにもよりますが見せ札が「10」なら、どちらも負ける率が非常に高いです。

「サレンダー」が可能なら、そちらを選んだ方が良いでしょう。

次点では「8」が2枚来た時でしょうか?

この状態だと「16」という最悪の手なので、ディーラーのカードがどんな場合でもスプリットしてください。

しかし「8」は強い数字に化ける可能性が低いです。スプリットした結果、また「8」が来てしまうなんてことも…

そのまま勝負するよりかは勝率は上がりますが、賭け金が増えてしまいリスクが高くなってしまう手です。

ベーシックストラテジーの使用条件は?

ここまでベーシックストラテジーの紹介・表の解説を行ってきましたが、このベーシックストラテジーは厳密に言えば使用条件があります。使用条件は以下の通りです。

・デッキ数(Deck)が6デッキ

・ディーラーのソフト17はスタンド

ちなみにデッキとはジョーカーを除いた52枚のことです。52枚を1デッキとして6つのデッキを使っていることですね。

「ディーラーのソフト17はスタンド」に関してはブラックジャックのルールの1つですが、これについてはテーブルに表記がされていますので確認をしましょう。

上の画像右側のようにブラックジャックのゲームを行うテーブルに、ベットを行う場所の上にテーブルのルールがあります。

ディーラーのソフト17がスタンドの場合は「Dealer must hit to 16, and stand on all 17’s」 と記載されていることが多いですね。

このルールはカジノのメッカと呼ばれるラスベガスのストリップ地区でスタンダードとされているルールですので世界的な標準ルールとしても浸透しています。

なので、あまり気にする必要がありませんが、もしルールが異なる場合は若干チャートが異なりますので気をつけましょう。

ただ、チャート通りにプレイしたとしても収益にはほとんど影響を及ぼさないので安心して活用してください。

ブラックジャックでベーシックストラテジーによる勝利を掴め!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

今回ご紹介したブラックジャックのベーシックストラテジーの表を活用すれば、戦略的な楽しみ方も出来るのではないでしょうか?

オンラインカジノや実際のカジノではブラックジャックの派生のゲームも数多くあります。

プレイヤーの二つのハンドを入れ替えることのできる「ブラックジャックスイッチ」、配当金が3倍もらえるイギリス式のブラックジャック「ポンツーン」など…

皆さん、戦略的に楽しみながら勝ちを掴んでいきましょう!

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」