2018/02/25

ポンツーンのルール・遊び方をご紹介|ブラックジャックの派生ゲームがある

王道カジノゲームの1つであるブラックジャック……ルールはシンプルで、多くの人が遊んだことがあると思います。

しかし、「ブラックジャックは刺激が足りない」という声を聞くのも確か。
そこでおすすめしたいのがポンツーン。ブラックジャックよりも、荒れるゲームなのでギャンブル性も高く、大勝ちも狙いやすいゲームです。

そんなポンツーンのルールを紹介します。

ポンツーンとは

ポンツーンは、別名イギリス版ブラックジャックと呼ばれるゲーム。基本的なゲーム性は、ほぼ同じです。ですから、ブラックジャックを遊んだことがある人ならば、いくつかの特殊ルールを覚えるだけですぐにでも遊べます。

ブラックジャックと同じようにプレイヤーが戦う相手は、ディーラーただ一人。複数のプレイヤーが参加することも多いですが、それぞれが「対ディーラー」で勝負をします。プレイヤー同士での戦いはありません

ポンツーンとブラックジャックの違い

では、ポンツーンとブラックジャックの違いを紹介しましょう。抑えるべきポイントは全部で6つです。

プレイヤーに有利な変更点

Aと10もしくは絵札の組み合わせをポンツーンと呼びます。ブラックジャックにも同じ役がありましたね。ブラックジャックではベット金額の2.5倍の配当が得られましたが、ポンツーンでは3倍の配当となります。

もう1つは完全にポンツーンだけの特殊役で5カードハンドという役があります。プレイヤーがカードを5枚にした時にバーストをしない。これが5カードハンドの要件です。この時点でプレイヤーの勝ちとなり、ベット金額の3倍の配当がもらえます

プレイヤーに不利な変更点

続いてはプレイヤーに不利な変更点です。まず、ポンツーンでは引き分けがありません。同じ数字だった場合は、ディーラーの勝ちです。

次に、プレイヤーは手札の合計が15以上になるまでヒットし続けなければならない縛りがあります。

もう1つ、プレイヤーの手役が確定するまで、プレイヤーはディーラーのカードを見ることができません。ブラックジャックでは1枚のカードが見えていましたが、ポンツーンにはそのアドバンテージがないのです。

最後に、ポンツーンにはインシュアランスが存在していません。インシュアランスとは、ディーラーが21の時にのみに的中となるいわば保険のようなベット。

ブラックジャックではディーラーのカードが1枚見えているため、見えている札がAの時にインシュアランスの対象となりましたが、ポンツーンではそもそも見えている札がないのでインシュアランスはありません。

ポンツーンのルール・遊び方手順

ポンツーンの遊び方の手順を説明します。ほとんどブラックジャックと同じなので、そう難しくはありません。

ベット

ポンツーンでは、一番最初にベットをします。

カードの配布

各プレイヤーに表向きのカードが2枚、ディーラーに裏向きのカードが2枚配布されます。

ヒットorスタンド

各プレイヤーがヒットもしくはスタンドを選択します。最初のプレイヤーがスタンドもしくはバーストした後に、次のプレイヤーの番が回ってきます。この流れを各プレイヤー毎に行います。

ディーラーのターン

全プレイヤーのターンが終わると、ディーラーの伏せられていたカードがオープンされ、ディーラーの側でもヒットもしくは、スタンドを行います。ディーラーがスタンドもしくはバーストした時点で、1ゲーム終了です。

1 2

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」