2018/09/19

脱サラ完全マニュアル【2018年版】|失敗しないための方法を徹底解説

働き方が多様化してきた今日この頃ですが、脱サラを考えたことはありますか?転職ではなく、独立や起業・フリーランスなど、会社から離れた働き方の選択肢は増えています。

以前は脱サラというと「リスクが高い」「借金を背負いそう」といったマイナスイメージが先行していたものですが、働き方改革が進行してきている今、脱サラのハードルは低くなっています

今回は脱サラについて、副業レベルで始められる低リスクな方法から、一か八かの高リスクな方法まで、成功者や失敗者の経験談を合わせて紹介したいと思います。

脱サラとは

脱サラとは、組織に属してサラリー(給料)を得る働き方を辞めて「独立・起業・開業など自立する」ことを意味しています。つまり「脱サラリーマン」の略とはいえ、会社に辞表を出したからといって「脱サラした」とは言えないわけですね。

脱サラの魅力

脱サラの魅力は、なんといっても組織に縛られないこと。毎朝満員電車に乗ったり、行きたくもない飲み会に出席する必要もなくなります。またどんな働き方を選ぶかにもよりますが、自分で受ける仕事や働く時間を決めることができます

脱サラのデメリット

一方で、脱サラのデメリットは収入が安定しないこと、成果を出せないと収入がないこと、全て自己責任になることなどです。

仕事をした分だけ収入が増えますが、逆に言えば仕事をしなければゼロということも。サラリーマンのように残業やノルマがない代わりに、基本給も決まった休みもないと覚えておきましょう。

~低リスク編~失敗しない脱サラ方法

まずは少ないリスクで始められる方法を紹介します。これらはネットに繋がったパソコン1台あれば誰でも始めることができ、低リスクで始められます。

アフィリエイト

アフィリエイトは、自分のブログなどSNSで商品の紹介をして、紹介料という収入を得るビジネスです。脱サラはもちろん、副業を考えたことがあれば聞いたことがあるかもしれません。

仕組みは簡単。商品やサービスについて、紹介専用のURLやバナーをブログやツイッターに貼って紹介するだけです。ブログに貼ったリンクから商品が売れれば、紹介料が入ります。

ブログやサーバーといった初期費用が1000円〜3000円程度かかりますが、あとはネットに繋がったPC1台あれば始められるのでリスクは低いです。

ただし軌道に乗るまでに時間と根気が必要

WEBライター

Webライターは、数年前に話題になったノマドワーカーの1つです。例えば個人のブログは1人でブログの作成から全て自分で行いますが、webライターは基本的にブログやHPの文章部分のみを担当します。

HPやブログを持っている人から記事の依頼を受け、文章を書くことで報酬を得る仕組みです。

近年ではクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソージングサイトを介して、仕事の発注や受注をするのが一般的となっています。受注から納品まで全てがネット上で完結するものが多く、副業としても気軽に行えるのが特徴

ネット環境に繋がったPCさえあれば始められるので、副業や主婦のお小遣い稼ぎとしても人気の方法です。

せどり

せどりとは簡単に言えば、「安く仕入れて高く売る」ビジネスです。元々は古書業界の用語で、古本屋業者が掘り出し物を安く仕入れ、他古書店に高く転売することでした。現在は安く仕入れた商品をネットオークションやアマゾンなどで売るのが主流となっています。

工程は非常にシンプル、「仕入れて売る」だけです。稼げるかどうかは、仕入れ値と売値によります。仕入れを失敗して高く買ってしまったり、在庫を抱えないように売れるものだけを仕入れる必要があります。

安く仕入れて高く売るという基本を忠実に守れば、必ず稼げるビジネスです。初期費用も低く(仕入れ分のみ)、失敗のリスクは低いと言えるでしょう。

転売との違いは?

また、ここまで聞くと、「これって転売じゃないの?」と思うかもしれません。基本的にやっている事としてはせどりと転売は同じです。買って売るわけですからね。ただし、明確な違いがあります。

それは、転売は限定品や売り切れとなる希少性のある商品を主に扱っていることです。よく話題になる「転売ヤー」は、人気のあるライブのチケットや販売数が少ない限定版・新商品に多く見られます。(※チケットや金券の転売は基本的に禁止されています。)

~高リスク編~成功する脱サラ方法

次に高リスクながら根強い人気の脱サラ方法を紹介します。

飲食店開業

脱サラして飲食店、というのは昔からある典型的な脱サラ方法です。華々しい成功例が取り上げられる一方で、開店から2年以内に閉店する確率は5割を超えます。

飲食店開業にあたって、店の立地や物件はもちろん、厨房の設備や内装を考え、そして何より綿密な事業計画を立てるのが重要です。

飲食店で失敗する人の多くは、事業の見通しが甘いです。逆に言えば、事前準備と事業計画がしっかりしていれば、成功する確率はグッと高くなります。

飲食店に限らず自分の店を持ちたいと思う人は少なくありませんが、初期費用が高くリスクが高いことをよく理解した上で始めるべき方法です。

農業

「脱サラ農業」も数年前からよく聞く言葉でしょう。年間最大150万円を受け取れる青年就農給付金制度が2012年にスタートして以来、脱サラ農業は軽くブームになるくらい人気の方法でした。

国としても若者の就農を応援すべく、給付金制度だけでなく様々な支援プログラムが用意されています。

しかし脱サラ農業の成功率は3割を切っており、また給付金制度があるとはいえ初期費用もかかるため、リスクは高めです。

農業で失敗する理由の多くは、備え不足です。農業は種まきや田植えからはじまり収穫・出荷までが1サイクル。単純に考えて、出荷するまでお金が入りません。

FX

FXはForeign eXchangeの略で、は外国為替保証金取引のことです。ざっくり簡単に説明すると、日本円と外貨(ドルやユーロなど)を両替して利益を出します。何故両替で利益が出るのかというと、お金の価値が変動するからです。

例えば、1ドル100円の時に100円をドルに交換し、1ドル120円になるのを待ってから日本円に両替し直せば、20円の利益が出ますよね。このようにお金の交換レート(為替レート)を利用して利益を得るのが、FXの仕組みです。

始めるのに必要なのはネットに繋がったPCあるいはスマホと、FX口座(無料で開設)だけ。元手となる資金をFX口座に入金すれば、簡単に始められます。

注意点

結論から言って、FXは高リスクです。成功する人はいますが、失敗した人も多く、一瞬で全財産を失うことすらあります。基本的に、FXは「すぐに使う予定のない、余裕資金」で行うのことが推奨されています。FXをやるなら、失っても生活に響かない資金で行うようにしましょう。

ギャンブラー

ギャンブラーと言うと、昔はパチンコやスロットといったギャンブルのプロが一般的でした。競馬や競輪もギャンブルの1つと言われますが、最近よく耳にするのはカジノではないでしょうか。

脱サラ方法として注目されているのはオンラインカジノです。スロットなどのルーレットゲームや、ブラックジャックやポーカーなどのカードゲームなど、数々のゲームがあります。

やり方は単純で、オンラインカジノのサイトにアクセスし、入金し、お金を賭けてゲームを行うだけです。多くのオンラインカジノサイトでは無料でプレイできるゲームがあるので、まずは無料プレイしてみて、慣れてきてから有料プレイに移行すると良いでしょう。

注意点

また、カジノでのプレイはFXや仮想通貨と同じで、当面は使わない余剰資金内で行うことをおすすめします。特に生活資金をつぎ込むのは危険です。ギャンブラーとして生計を立てたいと思うなら、最初に使用する金額を決め、その範囲内で行うのが基本です。

脱サラするための準備

脱サラの成功率は高くありません。その多くない成功者に入るためには、脱サラ前に準備をすることが不可欠です。

最低限の生活費の確保

絶対に必要なのは、当面の生活費です。失敗した時はもちろん、成功するにしても実際に報酬を得るのは翌日以降、ということは珍しくありません。何もしなくても生活できる程度のお金を、2、3ヶ月分用意しておいた方が良いでしょう。

事業計画・資金計画を練る

失敗した理由に多いのは、勢いで企業した・楽観的過ぎたなど、計画が杜撰だったことです。初めから悲観的に考えるのは良くありませんが、楽観的過ぎて現実が見えないのも問題。

受注経路や販路、当面どの程度の利益が見込めるかなど、地に足のついた計画を立てることが重要です。

その他情報収集など

他にも、収入を得るための知識やノウハウ、開業にあたっての知識、確定申告など知っておいた方が良いことはたくさんあります。

例えば、退職するにあたってしばらくは失業保険をもらおうと考えていても、離職の理由に「起業のため」などと書いていては失業保険をもらえない可能性があります。また開業届を出したら失業保険はもらえません。

脱サラをする前に、必要な情報はしっかり集めておくようにしましょう。

脱サラする人の平均年齢

日本政策金融公庫の「2017年度新規開業実態調査」によれば、開業時の平均年齢は42.6歳年代別で多いのは最も多いのは30代(34.2%)、次いで40代(34.1%)です。

30〜40代といった、経験を積んでから独立・起業する人が多いように見受けられますね。また60代以上で開業する人の割合も増えており、定年後起業する人も増えてきています。

この数字はあくまで起業した人の年齢であり、開業届を出していない個人事業主は含まれません。近年の若者フリーランス増加の傾向を考えると、実際の脱サラ年齢はもう少し下がる可能性があります。

脱サラ成功者の体験談

脱サラに成功した人の声を聞き、成功するためのヒントを探してみましょう。

こちらはFXや仮想通貨で脱サラ成功した方による、脱サラ前のイメージと実際に体験して思ったことです。FXや仮想通貨のトレーダーは年々増えていますが、やはり簡単ではありません。この方も4年は兼業をしており、安定して稼げるまで3年を要したそうです。

こちらはFXやアフィリエイトなどで結果が出せずにいた時に、年下にせどりの方法を教えてもらい1ヶ月で結果が出た方の体験談。

プライドを持つことは大事ですが、プライドが邪魔をして人に教えを請えないようになってはいけません。成功している人にはきちんと理由があります。年下、学生、あるいは違う仕事でも、壁に当たった時には素直に人の言葉に耳を傾けることが必要です。

こちらは脱サラ農業という難しい分野で成功しているというお話。品質は大事ですが、品質だけでは売れないのが今の時代。ロジスティクス(原材料の調達生産から販売までの物流やその管理)やコネは非常に重要であることが分かります。

逆になんとかなる、など軽く考えている人は悉く失敗しているのが現状です。

脱サラの失敗事例

 

脱サラに成功する人がいる一方で、やはり失敗する人も多くいます。脱サラの失敗例を見て、何故失敗したのか、何がいけなかったのを考えてみましょう。

脱サラして飲食店はやはり難しいですが、こちらは会社勤めが向いていないという理由で脱サラしたようです。

会社を辞めたくて脱サラする人は多くいますが、その場合は低リスクな方法から始めるか、事前準備と計画をしっかり固めた上で踏み切らないと、このパターンに陥りやすいです。

こちらは過去にフランチャイズで失敗したようです。マニュアルや商品が決まっているので、自分の店を1から持つより簡単と思いがちですが、フランチャイズは本部が儲かるシステムなので、難しいのが現状です。

加盟店の契約や、商品の仕入れや防犯に雇用など初期費用も自腹でやることも多く、フランチャイズだからといって上を頼れないのが厳しいところ。

こちらはアフィリエイトで失敗した経験談。会社を辞めたものの、アフィリエイトが軌道に乗らずに思うように稼げなかったようです。

副業としてアフィリエイトをやるなら良いですが、会社を辞めて1本でやるなら目標設定やリサーチなど徹底さと覚悟が必要になってきます。

いつまでつまらない仕事で悩んでるつもりなのか

サラリーマンだって楽しく意欲的に仕事できているなら問題ないのです。でも、毎日憂鬱な気持ちで通勤するくらいなら脱サラを考えてみませんか?

まずはリスクの低い副業から始めて、ある程度稼げるようになってから脱サラを考えても遅くありません。何もしなければ何も変わりませんが、小さいことでもコツコツ始めれば1年後には脱サラ成功の道が切り開けるかもしれません。

案ずるより産むが易しという諺があるように、「とりあえずやってみる」が重要です。悩んでいる暇があるなら、興味のある脱サラ方法に手を出しましょう!

更新日:2018年9月19日

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」