2019/01/23

ペイアウト率とは?|ギャンブルごとの勝てる確率を公開します

「ペイアウト率」とは還元率のこと。ベット額に対して払い戻される額の割合で、高ければ高い方が稼ぎやすいのです。

世界中には様々なギャンブルがありますが、ゲームの種類によって大きくペイアウト率が変わります。
それでもペイアウト率を考えずにプレイしている人は多いのではないでしょうか?

ここではゲームごとのペイアウト率の違いやオンラインカジノでのペイアウト率など、稼ぎたい人に有益な情報を詳しく解説します。

ペイアウト率とはどんなもの?

ペイアウト率

ペイアウト率は還元率の他に「出玉率・払戻し率・機械割・期待値」などとも呼ばれます。

ギャンブルには様々な種類がありますが、それら1つひとつにペイアウト率が設定されています。

たとえば150%のペイアウト率のゲームで1万円使って勝った場合1万5千円が戻ってくるというものです。70%のペイアウト率の場合は1万円使って7千円戻ります。

ペイアウト率に対して「ハウスエッジ=控除率」というものがあり、これは「胴元(運営)が確保しておく利益の割合」のこと。

つまりプレイヤーにとってはペイアウト率(還元率)が高く、ハウスエッジ(控除率)が低い方が絶対的にお得なのです。

オンラインカジノのペイアウト率とは?

国内の公営ギャンブルのペイアウト率が分かったところで、一攫千金のビッグドリームも期待できるオンラインカジノのペイアウト率も見てみましょう。

オンラインカジノのペイアウト率はラスベガスやマカオなど実際のランドカジノとほぼ変わらないペイアウト率と同じ「95%~98%」となっています。

後ほど記載しますが、これは日本の公営ギャンブルであるパチンコ・競馬・競輪・競艇・ロト・宝くじなどと比べると大変高い数字なのですよ!

オンラインカジノのペイアウト率はすべてのゲームを対象に出されたものであり、1つずつのゲームごとで異なります。

ゲームの種類によってペイアウト率は違ってくる

それではオンラインカジノにあるゲームごとのペイアウト率を見てみましょう。

1.カードゲーム・テーブルゲームのペイアウト率

カジノゲームで人気ランキングの高いバカラ・ブラックジャック・クラップスなどのカードゲーム・テーブルゲームはペイアウト率が非常に高いです。

バカラは98.64%~98.8%、クラップスは99.54%~99.986%、ブラックジャックは96%~102%というペイアウト率。

ルーレットは「00,0~36の数字があるアメリカンタイプ」の場合は94.7%、「0~36の数字があるヨーロピアンタイプ」は97.3%~98.65%です。

特にブラックジャックはプレイヤーの技量によって100%以上に上げられるゲーム。腕前に自信のある人はぜひブラックジャックでプレイしましょう!

2.ビデオポーカーのペイアウト率

ビデオポーカーのペイアウト率は全体的には98%前後。しかしプレイヤーがホールド手順を厳守することによって99.5%という高いペイアウト率にもなります。

機種によってハウスエッジが異なるので、ペイアウト率の高いものを選びましょう。

「ジャックスオアベター(Jacks or Better)」や「デューシーズワイルド」のフルペイマシンを選択し、基本戦略に則ってプレイすることでハウスエッジを減らせます。

3.ビデオスロット・スロットマシンのペイアウト率

オンラインカジノで大人気のスロットマシン。様々な種類があり、機種によってペイアウト率が異なりますが全体的なペイアウト率は93%~97%ほど。

一攫千金の爆発力を持つプログレッシブ・ジャックポット機能搭載のマシンでは積立されている額の分もハウスエッジがかかるのでペイアウト率は低くなります。

中には高いペイアウト率を誇るスロットもあり、プレイテック社の「Goblin’s Cave 」は99.3%という数字が出ています。

4.キノ・ビンゴ・スクラッチカードのペイアウト率

公営ギャンブルの「ロト6・ミニロトやスクラッチくじ」と同じように運要素だけの簡単なゲームです。

一致した数字の数で賞金額が様々に設定されており、ペイアウト率はオンラインカジノとしては低い80%。

しかし、ロト6のペイアウト率は45%ととても低いもの。同じことをオンラインカジノで行えば倍近くの80%なので、こちらの方が稼ぎやすいといえますね!

勝ちやすさが報告されているオンラインカジノ3選

ベラジョンカジノ(Vera&John)

日本で最も人気なオンラインカジノ、ベラジョンカジノ。ヨーロッパのマルタ共和国の企業が運営しています。

マルタ政府によるライセンスやイギリス、デンマーク市場向けのライセンスを取得しており、厳しい監査と規制によって安心安全のゲーム環境が整えられています。そのため初心者にもおすすめのオンラインカジノです。

また、ベラジョンカジノではプレイするたびにベットした金額の一部が積み立てられ、ときに数億という大金を獲得できるプログレッシブ・ジャックポット・ゲームを取り揃えています。

実際にベラジョンカジノは、ミリオンジョーカーというゲームで2017年に日本円にして4億円もの高額勝利金を獲得したプレイヤーがいたことで有名です。安心安全の環境で高額勝利を狙いましょう。

エンパイアカジノ(EMPIRE777)

エンパイアカジノは実際にラスベガスやマカオにいるような感覚で楽しめるライブカジノに特化したオンラインカジノ。美女ディーラーとライブ中継で繋がってカジノをプレイできます。本物のディーラーと行うルーレットやブラックジャックはドキドキするものです。

ライブで実際のディーラーとゲームで行うことによって相手の挙動を読み取ることができます。また、ディーラーには相性の良し悪しがつきものです。エンパイアカジノはディーラーが豊富なので、相性の悪いディーラーから良いディーラーに切り替えることができます。

ライブカジノのシステムを駆使して、エンパイアカジノで大金を叩き出しましょう。

インターカジノ(Inter Casino)

世界で最初のオンラインカジノを始めたインターカジノ。運営歴が20年を超える古株として世界中のユーザーから人気を獲得しています。

また、インターカジノはジャックポットウィナーの数の多さでも有名です。実際に過去にはMillionaires Clubという機種で9億5千万円というジャックポットが出たことがあり、この金額はオンラインカジノ史上最高額として未だ記録を破られていません。日本でも9000万円もの大金が当たったユーザーがいます。

初回登録や入金でのキャンペーンも開催しており、新規のユーザーは総額1000ドルのボーナスを獲得することが可能で気軽に始められますよ。また、トップランナーだけが招待されるVIPプログラムが存在し、夢を感じられるオンラインカジノとも言えるでしょう。

ぜひインターカジノに登録して大金の獲得を目指してみてください。

オンラインカジノは他のギャンブルに比べるとペイアウト率が高い!


オンラインカジノのペイアウト率は他のギャンブルに比べてどれくらい違いがあるのでしょうか。

日本国内で合法とされる「公営ギャンブル」には「パチンコ・競馬・競艇・競輪」などがあり、「公営くじ」には「TOTO・ロト、宝くじ」などがあります。

パチンコのペイアウト率は85%前後、競馬・競輪・競艇などは75前後%、公営くじは45%~55%と設定されています。

宝くじは45%のペイアウト率という低さ。全然当たらないわけですね…。もちろん中には数億円当ててしまう人だっているわけですが!

こう見ると、95%以上のペイアウト率がほとんどのオンラインカジノの方が前提として勝ちやすいことが分かります。

ギャンブルは胴元が必ず勝つようになっている?

胴元とは、人件費や設備費など、ギャンブルを行う場を提供してくれている存在です。そのため、ギャンブルでは胴元側の利益が出るシステムにしないと経営が成り立たなくなってしまいます。
基本的に、ペイアウト率が低ければ低いほど胴元に、ペイアウト率が高ければ高いほど参加者に利益が出る仕組みとなっていますが、大きく分けるとその仕組みは4つです。

・掛け金の全体から一定の比率を収益として事前に確保し、残金を参加した勝者に配分する方法(競馬、競輪など)
・配当金額を本来の倍率よりも低く設定して配分する方法(ルーレットなど)
・倍率通りの配当を行う代わりに手数料を徴収する方法(バカラなど)
・不利なルールでゲームを開始する方法(ブラックジャックなど)

ハウスエッジ(控除率)とは?

ギャンブルを運営している胴元側への配分を「ハウスエッジ(控除率)」と言います。要約すると、胴元側が得られる利益のことです。
わかりやすくアメリカンルーレットを例に考えてみましょう。アメリカンルーレットには、1~36の数字のほかに0と00という余分な出目が存在します。
そのため、1つの目に掛けた場合の配当は36倍でも、当選する確率は1/38なので勝ち続けることは厳しいです。もし勝ったとしても100%が返ってくるわけではなく、掛けた金額の36/38=94.74%が払い戻しされます。
また、仮に複数の出目に掛けた場合も、当たる確率と払い戻しの倍率は変わりません。つまりギャンブルは、ハウスエッジ+ペイアウト率=100%という図式で成り立っているのです。
加えて、すべてのカジノゲームには必ずハウスエッジが存在しているため、ギャンブルの場所を提供しているだけで胴元側は儲かるシステムとなっています。

オンラインカジノによってペイアウト率が違う理由とは?

ペイアウト率がオンラインカジノによって違うのはなぜか?

オンラインカジノのペイアウト率はそのカジノに用意されたゲームの種類ごとに違います。

総ゲーム数だって500のところもあれば1,000以上のところもありますね。

それぞれのカジノサイトごとに用意されているゲームの種類も異なれば、ボーナス・配当の賞金額だって異なります。

そのため、各オンラインカジノに用意されている全体ゲームから算出するペイアウト率には違いが生まれてくるのです。

自分がプレイしたいゲームのハウスエッジ・ペイアウト率を確認し、なるべくペイアウト率の高いゲームを選びましょう。

ペイアウト率の良いカジノを見つける方法は?

カジノサイトごとに「カジノのペイアウト率・ゲームごとのペイアウト率」が公開されているので確認してみましょう。

また、ネットが普及している現代では忌憚のない口コミ評価などが確認できます。

中には悪質なカジノサイトもあるので、そういった全体的な評価も含めて様々な口コミをチェックしてみると良いですね。

ペイアウト率はどうやって決まるのか?

ランドカジノを管轄する地域によっては、特定ゲームの「最低ペイアウト率」を設定していないところもあるので、スロットなどはカジノが決めているゲームもあります。

ブラックジャックやルーレットなどはカジノが最初から設定している場合がほとんどなのですが、大体のオンラインカジノもその方法を取り入れているようです。

ペイアウト率の良いオンラインカジノを探すには?

オンラインカジノには数多くのサイトがあり、人気・知名度ともに高い優良サイトは厳しいライセンスを取得しています。

まずはそのようなライセンス情報の記載されているカジノを選びましょう。

また、「eCOGRA」「GLI」などの第三者機関によって定期的に監査が入るカジノではその旨も記載されており、そのような第三者機関によって、「カジノ全体・ゲームごとのペイアウト率」が公開されています。

カジノ全体のペイアウト率が高くても自分の遊びたいゲームのペイアウト率が低ければあまり意味がないので、ゲームごとでチェックしましょう。

信頼があるオンラインカジノの毎月のペイアウト率を見る方法について


前項で記述した「eCOGRA」「GLI」などの第三者機関はいってみれば「オンラインカジノの門番」のような役割です。

プレイヤーの安全が守られるように、またカジノ側も信用を確立し、質の高いサイトを維持できるよう双方ともの良い環境のため定期的に監査が入ります。

各オンラインカジノサイトの下の方にこれらの小さなロゴがあれば認定を受けているという証拠です。

このロゴをクリックすることで各カジノの毎月のペイアウト率を確認することができます。

しかし、優良カジノの中で、これらの認定を受けているだけでペイアウト率は公開されていないサイトもあります。

気になるカジノサイトが見つかったら登録前にもライブチャット・メール問い合わせなど日本語でできるので、そこで聞いてみるのも良いですね。

ペイアウト率が100%を超えているゲームはあるのか?

ペイアウト率が100%を超えているゲームとは?

プログレッシブジャックポットとは前述のとおり蓄積型のゲームです。スロットがほとんどですが、ビデオポーカーなどにもあります。

たとえばプレイテックの「MEGA JACKS(メガジャックス)」はプログレッシブビデオポーカーですが、最高の役である「ロイヤルフラッシュ」の場合のみ100%超えのペイアウト率です。

蓄積額が溜まっていくほどペイアウト率は100%に近くなりますが、ほとんどの人は当たらず、当たった人のみがその100%超えを体験できるのであまり現実的ではないですね。

従属事象のゲームを利用する方法

現時点以前の結果が今後に影響を及ぼすゲームのことを「従属事象のゲーム」といいますが、ブラックジャックのカードカウンティングはこれを利用します。

これまでに出たカードから残りのカードを予想する必勝法で、A・10・絵札であれば-1、2~6であればプラス1。7~9はプラマイゼロでカウント。

カードを引くごとにカウントをし、マイナスであれば無難な勝負で相手のバーストを狙い、プラスであれば積極的な勝負を、プラマイゼロであればそのまま様子を見ます。

このカウンティングは慣れるまで難しいですが、ランドカジノではバレると退出せねばならないほどの有効な必勝法で、ペイアウト率は100%を超えます。

オンラインカジノではバレずに練習できるので練習し、身につけましょう。

ボーナスを利用した方法

様々なオンラインカジノにはいくつものボーナス・プロモーションが用意されています。このボーナスを利用すると、しないよりは優位にプレイできるようです。

「入金額 + ボーナス額 - (ボーナスを払い戻すのに必要なベット数) × ゲームの控除率」という計算の結果が入金額を超えれば超えるほど優位です。

しかし、この方法を常に利用する「ボーナス乱用者」に対して近年オンラインカジノが厳しいペナルティを課すようになりました。

結果として首を絞めるので、たまに行うならともかく、いつもいつもだと遊べるカジノがなくなってしまいます。

コンプやプロモーションを利用した方法

コンプとはベット額に応じたプレゼントのようなもので、ランドカジノの場合無料ドリンクやビュフェ、ハイローラーには高級ホテル宿泊など様々にゴージャスなものが用意されます。

オンラインカジノでのコンプポイントは一定額に応じたキャッシュバックがもらえ$1,000の入金に対して$1というレートが主なようです。

このレートをペイアウトに直してみると0.1。つまり、ゲームのペイアウト率にコンプをプラスして100%を超えれば、理論上は100%以上となります。

また各カジノで用意されているプロモーションには、このコンプが2倍・3倍に付いたり、入金不要=無料でプレイ(出金するための条件はこなす必要あり)できるものも。

これらを各ゲームのペイアウト率に足すと、100%を超えるゲームをすることができます。

ハウスエッジがゼロのゲームはあるのか?

ハウスエッジ=控除率はすべてのカジノゲームに設定されているので、基本的にはハウスエッジがゼロのゲームというものはありません。

しかし、ある条件のもとであればハウスエッジが含まれていないというゲームがあります。つまりペイアウト率100%ですね。

たとえば「スロットのギャンブル機能」「ビデオポーカーのダブルアップ機能」などがそれにあたります。

つまり、ダブルアップなどで、目的値まで一気に増やしていくのは正解なのです。

ペイアウト率に逆らう方法とは?

ペイアウト率は、長期的な実践をした後、収束していくものです。長い時間、少額を賭けながらちまちまとベットすることで体験できるもの。

100%のペイアウト率を持つゲーム自体はないことが分かりましたね。つまりゲームが長引けば長引くほど少額の負けがじんわりと広がるのです。

しかし、ずっとちまちましているのではなく、あえて高額ベットをしたり、激しい波を作ることでこのペイアウト率に逆らうのも時として良いよ、という方法です。

理論上はどれだけペイアウト率が高くても負ける可能性のが高いので、長い時間をかけて負けるのではなく、その波を荒らすことで高額賞金にも繋がるかもしれないですね。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!
エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!