2018/04/12

心理戦に勝つ方法|心理学で相手の心を読むことができる?

ギャンブルではもちろん、ビジネスや恋愛など
様々なシーンで繰り広げられる心理戦

よくテレビ番組でも心理戦によるものが行われていますが、
やはり力を鍛えている者とそうでない者では圧倒的な差が出ます。

心理戦に強くなることで

・ギャンブルでの探り合いに有利になる
・営業の実績向上に繋がる
・魅力的な異性と親しくなりやすい

といった測り知れないメリットがあなたにあります。

しかしいざ学び鍛えようとしても手法がわからないものです。

そこで今回の記事では、

一生使える反則的スキル!心理戦で強くなるための手法とは

を解説していきます!

はじめに…心理戦とはどういうものなのか?

心理戦とは相手の心を読み、その上で自分に有利な行動を取ることです。

読みたいけれどなかなか読ませてくれない……それが人の心というもの。

もしも、相手の心が読めるようになれば、あらゆる面で有利に事を進められるでしょう。

もちろん、人の心は読めないのが大前提。だから、相手を誘導するようなやり方も心理戦に含まれます。
相手を誘導するためには、自分の側から行動を起こして布石を打つのです。

たとえば、ジャンケンを例にしてみましょう。純粋にジャンケン勝負をすれば、相手が何を出してくるのかはわかりません。
運否天賦の勝負になります。しかし、ここで「私はグーを出します」と一言告げた時点で心理戦の始まり。ちょっと想像してみてください。

グーを出す。その言葉を相手がどう受け取るのかを考えます。「グーを出すと知っている相手はパーを出すだろう。
だから、自分はチョキを出す」と考える人もいるかもしれませんが、「相手は裏をかいて、チョキに勝つグーを出すだろう」と考える人も多いのではないでしょうか。

このように、あなたが何も言わなければ運否天賦の勝負だったジャンケンが、たった一言で心理戦になります。

相手を見抜く!心理戦に強い人とは

では、どのような人が心理戦に強い人なのでしょうか。心理戦に強くなりたければ、すでに強い人を真似するのも良いでしょう。簡単に真似できるものでもありませんが、参考にはなると思います。

経験が豊富な人

どのような心理戦であっても、過去に似たような場面を経験している人は強いです。
何故なら、過去の例が参考になるからです。
人生経験が豊富な人ほど、さまざまな心理戦を経験しているもの。

過去の失敗から学びとって、成功に繋げられることも少なくありません。

ただし、同じような失敗を繰り返してしまう人も多いでしょう。
同じ失敗を繰り返さないためには、一度の失敗からきちんと学ぶこと。そして反省や学習をすることです。そう積み重ねていけば、自然と心理戦に強くなれます。

観察力がある人

心理戦のほとんどは、相手がいて成り立ちます。そのため、相手を観察する力が強ければ強いほど、心理戦では勝ちやすくなるでしょう。

心理戦に注目するようになれば、人間をある程度のパターン分けすることが可能だと気づけます。すると、パターン毎に相手の行動も読めるようになるでしょう。

極端な話をすれば「Aは傲慢な性格だから、私がこう言えば、こう反応するだろう」とか「Bは謙虚な性格だから、私がこう言えば、こう感じるに違いない」と予測していきます。
その予測を元にして、自分にとって最善と思われる行動を選択するのです。

もちろん実際はここまで単純ではありませんが、人を観察する力が強ければ心理戦でははるかに有利です。

心理戦に強くなるための練習法

では、心理戦を鍛えるための具体的な練習方法をいくつか紹介しましょう。

最も身近な心理戦といえば「恋愛」

「恋愛は駆け引き」という言葉があるように、もっとも身近な心理戦は恋愛かもしれません。恋愛をしたことのない人は稀でしょう。
多くの人が相手の気持ちを読めずに、恋愛で苦しい思いをした経験があると思います。

もっとも恋愛で心理戦の要素が問われるのは、相手を口説くまでの段階です。恋人同士になってしまえば、心理戦の出番はかなり少なくなってしまいます。
だから、心理戦に強くなるためには、恋愛で異性を自分で口説くことを意識していきましょう。

恋愛における心理戦は、主に態度の変化で行います。優しくしたり冷たくしたりの緩急をつけることで、相手の気持ちを揺さぶるのです。

また、頻繁に連絡をする時期を作った後、急に連絡をしなくなる。これも緩急です。

一本調子の人間はどこか魅力が乏しく見えてしまうもの。
だから、自分を魅力的に見せるためには、どこかで緩急をつけて、さまざまな顔を見せるようにすると恋愛はうまくいきやすいのです。

これらは古くから語られているため「恋愛は駆け引き」のような言葉が一般的になっています。

ただし、内容を理解しているのと、実際にやってみるのとでは全然違います。恋愛に駆け引きの要素があるかどうかは、実際に恋愛をしなければ本当の意味では理解できません。
自分が相手に本気になった瞬間、駆け引きどころの騒ぎではなくなってしまうことも多いからです。

心理戦・頭脳戦が秀逸な漫画から学ぶ

「これが心理戦だ!」とわかりやすく表現されている漫画をいくつか紹介しますので、よかったら読んでみてください。

銀と金

作者は「カイジ」や「アカギ」でも知られる福本伸行さん。裏社会での金銭の奪い合い……そこに多くの心理戦戦が絡んでいくストーリー。随分と古い作品ですが、2017年にテレビドラマ化もされました。それだけ現在でも通用するストーリーだということでしょう。

全11巻でテンポ良く話が進むので、この手の話が好きな人ならば一気読みできます。個人的には画商とスザンヌの絵を賭けて戦う話が、心理戦をよく表していると思いますね。

LIAR GAME

甲斐谷忍さんが書いた作者の代表作。ドラマ化・映画化もされたので知っている人も多いでしょう。ただし、この作品はやや複雑すぎる面もあるため、映像で見てしまうと理解しきれず面白さが半分も伝わらないかもしれません。

漫画ならばじっくりと理解しながらストーリーを追えるため、圧倒的に漫画をおすすめします。個人的には「複雑過ぎる話は映像化に向いていない」と感じた作品でした。映像版しか見てないという人は、是非。

金田一少年の事件簿外伝 犯人達の事件簿

さとうふみやさんと天樹征丸さんの名作「金田一少年の事件簿」のスピンオフ作品。船津紳平さんという別の漫画家が描いています。

ストーリーは「金田一少年の事件簿」で描かれた事件を犯人側の視点で見ているもの。人々を欺きたい犯人、逆に犯人を罠にはめたい探偵、この二人の心理的な駆け引きが、少しコメディータッチで描かれています。

ただし、原作を知らないと面白さは半減かもしれません。逆に原作を知っている人ならば、非常に面白く読めるでしょう。

麻雀は次の一手を先読みする心理戦!

対人ギャンブルの代表格でもある麻雀は、心理戦の要素が多分に含まれています。主に麻雀が心理戦と言われる理由は捨て牌にあります。

麻雀の初心者は、自分の手に必要のない牌を純粋に捨てていくでしょう。中級者は、その捨て牌を参考にして相手の待ちを読もうとします。

そして、上級者は中級者の考えを逆手に取れるような待ちを捨て牌で作っているのです。

たとえば「序盤にAの牌を捨てているからBの牌は安全そうだな」と中級者が読むだろうと見越して、あえてBの牌で待ちます。ときには、自分の手作りの進行が遅くなったとしてもこのような罠を張り巡らせるのです。これが上級者の思考です。

だから上級者と麻雀を打つと「何故?」と思ってしまうような展開も多く、どんどん疑心暗鬼になってしまい、最終的には自滅してしまうことも少なくありません。

ただし、上級者は相手が初心者ならばこのような罠を張りません。何故ならば、捨て牌を工夫しても初心者は気づかないからです。
そのため、麻雀の上級者は相手のレベルがどの程度なのかをまず観察します。観察力に優れていないと麻雀で強くなるのは難しいでしょう。

カジノのテーブルゲームは自分との心理戦!?

一見、カジノのテーブルゲームは心理戦とは程遠い所にあるように感じられるかもしれません。

しかし、カジノのテーブルゲームは自分との心理戦であると言えます。どこで押すべきか、どこで引くべきか、この判断をゲームの最中でやらなければ常勝は難しいからです。

恋愛の項でも述べたように、心理戦の主な部分は押し引きのタイミングです。
これさえわかってしまえば、あらゆる心理戦の場面において応用が利くようになるでしょう。

もっとも手軽に、いつでも戦える相手……それは自分です。
自分の心と戦うために、カジノのテーブルゲームは非常に有効なはずです。

観察眼を鍛えよう!

観察眼を鍛えるために、相手のちょっとした動作に注目してみましょう。手や足の動作の意味を知れば、相手の感情を理解しやすくなります。心理戦でも有利になるでしょう。

手に表れるしぐさでわかること

最初に注目したいのは、手の組み方です。相手が手を組む仕草を見る機会は多いでしょう。実は、どの場所で手を組むかによって相手の心理は随分と異なります。

まず、テーブルの上で手を組んでいる人。これは何かを期待していることが多く、好意的な反応と受け取って良いでしょう。

続いて、自分の体に押し付けるようにして手を組んでいる人。胸の前で手を組むような形です。これは、気持ちに落ち着きがないことや心配事を抱えていることを表しています。

最後に、頭の上や体の後ろに手を回して手を組んでいる人。この人は、とてもリラックスしています。そのため、気を許している相手の前で多く見せる動作です。

足に表れるしぐさでわかること

足のつま先をどちらに向けているのか……そこに気持ちが表れることは少なくありません。

たとえば、異性と二人で横に並んで座っていたとします。この時に相手のつま先に注意してみてください。相手のつま先が自分の側に向いていれば、相手は今のあなたとの時間に集中しています。逆にあなたと逆の方向につま先が向いているようなら、相手の気持ちは今別の方向に向いていると考えられるのです。

体幹に表れるしぐさでわかること

相手の体の揺れに注視することで心理状況を探る方法があります。体が左右に揺れている人は、何かしらの理由で心に動揺が起こっていることが多いです。この法則を覚えておけば、相手との関係で有利に立てるかもしれません。

一方、体が前に傾いている人は、目の前の物事に夢中になっていることを表すことが多いです。面と向かって会話している時に、相手が前のめりになっていればあなたとの会話に夢中になっていると解釈できるでしょう。

逆に、体が後ろに傾いている時にはあなたとの距離をとっている、もしくは気持ちがリラックスしている表れです。

1 2

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」