2019/01/23

お金を運用する理由・方法を解説|初心者でもカンタンに投資はできる?

株式や保険、金融商品など、様々な方法が存在する資産運用。正しい情報を知らないとお金を失うリスクが高く、手を出せずにいる…という方も多いはず。
そこで今回は、初心者でもカンタンに投資できる方法を解説していきます。

ほかにも、プロのサービスを受けたいと思っている方や、資産がいくらあれば運用できるかといった情報をお届けしますので参考にしてください。

お金を運用しなければならない理由

貯金をしてもお金は増えない?

バブルが崩壊する前の日本は、金融機関に預けておくだけで資産が増えていくシステムでした。しかし現在は、仮に普通預金に100万円を1年間預けたとしてもたった10円しか増えない計算になります。金利の高い定期預金でも100円しか増えません。
そのため、資金をただ銀行に預けるだけではなく、保険や株式として分散投資することを推奨します。
近頃では、数回の質問に答えるだけで、ロボ・アドバイザーが自分に適した投資信託を選んでくれるサービスも話題です。資産運用に必要なすべての情報をインターネット上で完結できるため、忙しくて運用の相談をする余裕がない方や、お金の使い方に困っている方におすすめの方法と言えるでしょう。

将来、年金はもらえなくなる?

年金の仕組みは、保険料を支払う世代が、老後世代に支給されるという世代間扶養です。少子高齢化社会が進んでいる現代では、前者がどんどん減っていき、逆に後者が増えていくため、もらえるお金は少なくなると予想されています。
では、年金を払わず貯金に回すことが正解というわけでもありません。貯金は使えば無くなってしまいますが、年金はずっと支給されるので、老後保険として活用する方法が取れるのです。
そのため、年金の保険料を納めつつ、資産を株式や金融機関などのサービスを利用して増やすことをおすすめします。

お金を使う目的を知る

 

お金の使い道にはいくつかの用途が存在します。資産運用を始めるのであれば、まず資金を3つ分けて考えることがおすすめです。

・流動性資金

生活に必要なお金や、臨時の出費のときにすぐに引き出せるお金のこと。(普通預貯金など)

・安定性資金

住宅の購入、増改築に使う費用や、教育資金、将来のために管理しておきたいお金のこと。(定期預貯金や債券など)

・収益性資金

直近で使う予定のない余裕のある資金のことで、リスクを伴ったとしても増やしていきたいお金のこと。(投資信託・株式など)

このように、ただ金融機関に預けているだけでもお金の活用方法は多岐に渡ります。プロに相談したり、様々なサービスを利用することも大切ですが、資産運用に必要な情報をきちんと自分で理解しておくことも重要と言えるでしょう。

リスク・リターンとは

リスク、と聞くと、お金を損することを想像するかもしれませんが、投資の世界においてリスクとは「収益の変動幅」という意味です。当然ながら、資産運用を行う際には、リターンだけでなく必ずリスクが伴います。
例えば、株式は価格変動の幅が大きい金融商品なので、元本を割ってしまうこともありますが、逆を言えば大きなリターンを得られるのです。
また、リスクには様々な種類が存在します。

市場のリスク

・価格変動のリスク

市場金利が変動することで、債券や株式、為替などの価格が上下するリスクのこと。

・金利変動リスク

預貯金の金利や住宅ローンの金利が変動するリスクのこと。

・為替変動リスク

円と外国の為替相場が変動などで、外貨建て資産の価値が変わってしまうリスクのこと。

その他のリスク

・信用リスク

有価証券の発行体が財政破綻などで、債務不履行になってしまうリスクのこと(利息や元本などが条件通り支払ってもらえない)

・カントリーリスク

投資対象国や地域による、政治・経済状況の変化で証券市場や為替市場に投資した資産が変動してしまうリスクのこと。

いくらから資産運用はできる?

資産運用と言えば、株式や金融商品、保険といった方法がポピュラーですが、一部の資産運用はきちんとした情報を知っておかないとギャンブルと言っても過言ではありません。
プロに相談せずに安易に手を出した場合、せっかくの資産が無くなってしまう可能性もあります。そこで、安定して資産運用を行うためには、将来使わなくても問題ない、言ってしまえば「どうでもいいお金」を使いましょう。
少しでも利益を出すために、最低でも100万円以上の余剰資金を用意してから始めることをおすすめします。自分に合ったサービスを利用することが資産運用の方法を覚える近道です。
最近では、年利5.0%~6.0%の投資商品が登場していて、シミュレーションすると100万円を6か月預けるだけで103万円になって返ってくるのです。

初心者でもできるカンタンな投資3選

投資信託(REIT)でプロにおまかせ

投資信託(REIT)とは不動産投資信託のことです。世界中の投資家から資金を提供してもらい、そのお金で不動産を購入して、発生した賃料や売却益を資金提供してもらった投資家に分配するという商品です。
REITのメリットは、高い分配金利回りになります。多数の物件から生じる賃料などを原資として投資家に還元されるため、安定した分配金を得られるのでおすすめです。
また、本来不動産の投資には何千万もの資金が必要ですが、REITであれば複数の投資家から集めた資金で不動産に投資を行うので、数万円程度の少額から取引できます。
しかも、不動産投資のプロが資産運用をしてくれるので、株式や金融商品、保険などよりも安心して資金を使うことが可能です。

不動産投資で固く運用する

不動産投資の資産運用を行った場合、家賃収入によって安定した収益を見込めます。また、ローンを使えば資金がなくても始めることが可能です。
そのうえ、経営や管理を行ってくれるサービスを提供しているところも多いので、知識や事前情報がなくても簡単に不動産投資が開始できます。
さらにローンを完済すれば私的年金になるほか、所得税や住民税の軽減、相続税や贈与税といった課税額の軽減も期待できるので、株式や金融商品にお金を使うことを不安に思っている方におすすめです。
加えて、「団体信用生命保険」というオーナーに万が一のことがあった場合、ローン残債を全額返済する保障が生命保険の代わりとして使えます。購入した物件は実物資産として手元に残せるため、将来性のある資産運用と言えるでしょう。

ギャンブルで楽しくお金を増やす

少ない資金で始めたい場合や、一攫千金を狙うならギャンブルでお金を増やす方法もおすすめです。相場とにらめっこしたくない方は、まずは気軽に友人と相談しながら、競馬の順位当てや宝くじのスクラッチなどをやってもいいでしょう。
ギャンブルは資産運用としてはハイリスクですが、数千円が数億円になるハイリターンも秘めています。
株式や債券などの金融商品、保険による資産運用は、しっかりと情報収集してからでないと始められませんが、ギャンブルであれば初心者でも楽しくお金を増やせるのです。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating

勝っても負けてもキャッシュバック!?
日本人向けの新世代型オンラインカジノ

キャンペーン情報
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!