2018/01/23

パチンコをやめるなら今!?2018年の新規制でオワコン化確定か

世の中にギャンブルというものはたくさんありますが、その中でも昔から私たちの身近に存在するのがパチンコです。若い人からお年寄りの方までがパチンコ店で遊戯を楽しんでいます。

そもそもパチンコはギャンブル(賭博)でなくアミューズメント(遊戯)といった体で、それでも遊戯してて楽しいという人より自分への見返りを求めて通っている人の方が多いと思っています。

パチンコ依存症、ギャンブル依存症などとも騒がれていますが、みなさんは適度に遊戯することを心掛けているでしょうか。あまり熱中し過ぎないように注意してくださいね。

さて、今回の本題のお話にはなりますが、2018年の2月にパチンコ、パチスロに新規制というものが導入、施行されることが決定となりました。

そこでパチンコユーザー側では「もうパチンコは終わり……」「違うギャンブルに転向しよう……」「新規制厳しすぎる……」などと、ネットで大騒ぎなのです。

パチンコを辞める良いきっかけになる人もいれば、どうにかならないか……と願っている人もいます。今回はその情報を探り、今後の対策などを練っていこうと思います。

あの出玉感はもう味わえない!1回の大当たりでの最大出玉が1,500発に

まず始めに紹介していきたいのが「出玉」に関してです。パチンコを知っている人、好きな人ならご存知かとは思いますが、まだあまり詳しくない人の為に説明しておきます。

この「出玉」というものはパチンコで見事大当たりをした時に貰える玉、要するにパチンコを打っている時はハンドルを握り玉を放ってばかりですが、大当たりをした時のみパチンコ玉が出てくる、その出てきた玉のことを言うわけです。

出玉が少なくなる?2,400発から1,500発へ

その出玉が2018年の2月に施行される新規制によって減少するということが既に決定しています。一回の大当たりで2,400発獲得できていたのが1,500発になってしまう……この言葉だけでどうゆう意味なのかはお察しのことだと思います。

このような規制が施行される理由として、なかなか大当たりしないお客さんは「この2,400発を連続して獲得できれば負け分を取り返すことができる……」というふうに思っている人が大半です。

こういったギャンブル性というものを無くそうというのが狙いのようですが、そのギャンブル性の高いパチンコ台を打ちたいお客さんはきっと離れていくと思いますし、離れてしまえばお店側も痛手となってしまいます。

この規制に関しては一番大きな「マイナス要素」と考えても良いのかなと私自身思っています。

ボーダー理論ももう通用しない?

みなさんはボーダー理論、パチンコで言うボーダーラインというものをご存知でしょうか。

パチンコにおけるボーダーラインとは、パチンコ台における単位金額あたりのデジタルスロット回転回数が、理論上損益分岐点(損益プラスマイナス0)を上回るとされる数値のこと

引用元:ボーダーライン Wikipedia

wikipediaさんではこう説明されていますが、単純にどのくらいお金を賭けて、どのくらいパチンコの台が回っているかということですね。たくさん回れば当たる確率も上がるのでみなさんも俗に言う「回る台」というものを求めていると思います。

そんな回る台を求めて、ボーダー理論を活用し勝てる確率を上げる方法が今後できなくなる、言われているんですね。

パチンコの釘調整が不可に?

現状パチンコというものはお店側が釘を調整し、回る台、回りにくい台を設置しお店のコントロールをしていました。本来は釘調整は劣化した釘の交換、修繕が目的ではありますが、あくまでもそういった体でお店側が上手く活用していたんです。

「え、ダメじゃん……」と思う人もいるとは思います。もちろん回りにくい台に座ってしまったら損になりますがそういった台はほとんど座られていません。座ったとしても長時間の遊戯はされてません。

逆に回る台に座れた場合、このボーダー理論を活用し、より勝ちやすい、負けにくいことになるので双方にメリットというものが生まれバランスが取れていたと私は思っています。

しかし、新しい規制により『管理遊技台』というものが設置されることが決定しました。この管理遊技台というものが、そもそも釘を調整するために台を開けることができない封入式となっているのです。

釘の調整をし上手くコントロールをしていたお店側には大打撃と言って良いでしょう。そしてどの台も回転数の差が格段にあるわけではないとなれば、このボーダー理論を利用できなくなるということになります。

この規制はお店側のデメリットの方が大きく感じられますが、パチンコユーザー側のデメリットがゼロとも考えにくいと私が思っています。

遊べるけど勝てない。。MAX確率が1/299・最大継続率が65%に

パチンコの台にはマックスタイプ、ミドルタイプ、ライトミドルタイプ、ライトタイプなどがあったことはみなさんご存知でしょうか。マックスタイプは大当たりの確率が低いけど、その分出玉も多くその大当たりが継続する確率も高いといった台。

「マックスタイプ!1/399」などの台があったことは記憶に新しいのではと思います。そして現在はこの1/399の台も無くなり最高でも1/319になっています。

さらに来年に施行される規制により、この1/319から1/299にまた下がります、ということなのです。これを聞くとみなさんは「当たる確率が上がるならいいじゃん」って思う人もいると思います。しかし、良いことだけではないんです。

確率が下がる、でも継続率も下がる

出玉が減る、といった最初に説明をした内容は覚えていますでしょうか。新規制により確率の分母が20軽くなったとしても出玉は900発も減ります

さらに、この大当たりが継続する確率、いわゆる「連チャン」というものも同様に下がってしまうんです。ユーザー目線で考えると少し当たりやすくなったところで連チャンしないのでは勝てない。これもまたギャンブル性を無くすための規制なのでしょう。

そしてお店側は「持ち玉」、つまりお客さんが大当たりして今現在持っている玉で遊戯する人が増えることが利益を生むことが難しくなるのではと言われています。

この規制はギャンブル性をあまり考えていないパチンコユーザーからしたらなんてことないのかもしれませんが、特にお店側は影響が大きいのではと私は思っています。

1 2

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」