2018/02/07

賭博罪で逮捕されるとどうなる?そもそも賭博はなぜ違法なのか

日本で賭博は犯罪。
それなのにパチンコや競馬はなぜ罪にならないのでしょうか。

どんなことをしたら「賭博罪」となってしまうのか?
そして捕まったらどのような処置がとられるのか?とても気になりますよね。

何のギャンブルをするにしても安心して楽しみたいもの。ここでは賭博罪とは何か?を詳しく解説します。

賭博罪とは?何をすると捕まる?

賭博罪とは「偶然の勝負に財物を賭ける行為」と規定され、国民の健全な金銭・経済感覚や勤労意欲を保護する目的とされています。

パチンコやスロット、競馬や競艇、宝くじなど、馴染みのあるギャンブルは「国に合法として認められている」ため、行っても賭博罪として問われることはありません。

どんなギャンブルをすると賭博罪に触れるのかというと、国内では合法ではないカジノやスポーツの勝敗などに関して金銭などを賭けるなどが当たります。

つまり「基本的にギャンブルは違法、しかし国から認められているものは合法」という定義となります。

賭博はなぜやってはいけないのか?

賭博をやってはいけない理由

なぜ賭博をしてはいけないのでしょうか。合法となってるものがあるのに?これはOKでこれはダメ、なんてちょっと不思議です。

ただすべての「賭け事」が合法として行われたら、裏でイカサマが行われたりしてしまうことはかなりの確率で持ち上がる問題となるでしょう。

そこには好き・かつ大勝負をしてしまいがちな人を守るという側面が確実にあるのです。

しかし「禁止」という明確な理由というのは特にないのが現状であり、それゆえ「現在違法のものでも解禁すべき」といった意見が多くあることも事実です。

そもそも賭博とは何か

賭博とは、お金やモノを賭けて勝負や遊びをすることを指します。

ギャンブルをしない人からすると、何となくどんなことでもお金を賭けるというのはちょっと嫌なイメージを持つものです。

しかし好きな人からすると、時々ストレス解消として、または夢を買う!ような感覚を味わえる最高のゲームなのです。

現金を賭けなければOK

お金ではなく、食べ物とか商品などをやり取りするのはOKなのかというと、これは賭博罪とはならないのです。

これには賛否両論があります。何故ならパチンコがあるからです。

パチンコ店内では、人は機械にお金を入れて「玉やコインに替え」プレイを始め、「機械から出てきた玉やコインを店内で景品に替える」という行為がなされます。
そして、大中小のプラスチック板などに替え、それを換金所で現金化します。

このようなグレーゾーンな行為について、政府は見て見ぬふりをしているのが現状です。
ですから、あからさまに現金を賭けなければ黙認される可能性が高いと言えるでしょう。

パチンコ・競馬・宝くじなどは賭博罪にならない

金銭を賭けることは賭博罪になるけど、その行為が国から許可されている=合法のものがいくつかあります。詳しくはどんなものがあるのでしょう。

パチンコ・スロット、競馬・競艇・競輪、そして宝くじやロト・TOTOなどが国で認可されている合法ギャンブルですね。

競馬や競艇・競輪は戦後の国の活性化(国民を元気に)というのも目的のひとつとして始められました。 宝くじは国民に根付き、ほとんどギャンブルという感じがしません。

何となく「福が来ますように」という縁起物のイメージもあります。 宝くじやロト・TOTOなどは当たればものすごい金額すぎて大金を得るために買うというものではないかもしれません。

1 2 3

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」