2019/01/23

ギャンブルに勝つための忘れてはならない8つの心構えを紹介

ギャンブルは、闇雲に賭けているだけでは稼ぐことなどできません。

どのようなギャンブルでも持つべき心構えを持っていないと、なかなかトータルで勝ち越すことはできません。
ギャンブルで勝つために必要な心構えを、全部で7つ紹介しますので勝ち悩んでいる人は是非参考にしてください。

心構え①:ギャンブルは自分のとの戦いであることを知る

麻雀やポーカーのような対人ギャンブルは目の前に相手がいますし、競馬やパチンコでは胴元との戦いのように一見感じられるかもしれません。しかし、どのギャンブルでも根底では自分との戦いを求められるようになります。

ギャンブルでは、強い精神力を問われる機会がけっして少なくありません。自分の弱さに負けないこと……これが最初に持つべき心構えであり、もっとも大切なことの1つです。

心構え②:そもそも勝てると期待をしない

ギャンブルをやる以上、もちろん勝利を目指します。しかし、あまり勝ちにこだわりすぎてしまうのも考えもの。過度な期待を持たずに、楽しむ気持ちを忘れないことも重要です。

この心構えがないと「勝てたらいいな」という気持ちがエスカレートして「負けたらまずい」という気持ちにまで変化してしまいます。負けたらまずいギャンブルは、勝って当たり前で勝っても楽しくありません。それでは継続していくのが難しくなってしまいます。

心構え③:ルール作りに徹する

自分だけのルールを持つ心構えは、ギャンブルにおいて非常に大切です。どのようなギャンブルでも、始める前にマイルールをよく確認してください。

もっともわかりやすいマイルールは資金面です。たとえば「5万円以上負けたら、どんな展開でありそこで終わり」と決めておけば大火傷はしません。どうしても負けを取り戻したくなりますが、マイルールを厳守すれば納得のいく負け額で収まります。

もちろん、その日の負けは決定しますが、ギャンブルはトータルで勝ち越すべきもの。一日単位での結果にはあまり固執し過るべきではありません。

心構え④:一時の負けに感情を流されない

負けてしまった時には、どうしても感情を引きずりがちです。しかし、意図的に気持ちを切り替えるような心構えを持っておきましょう。「前回の負けを取り戻したい」と考えるのではなく、目の前の一戦で勝つことだけを目指すことです。

たとえば、競馬に参加していたとします。5,000円負けてしまった後の次のレースでは、どうしても5,000円以上の勝ちを目指してしまいがちですが、これはあまり良くはありません。あくまで次のレース単体での勝ちを目指すべきで、前回の負けを取り戻そうとは考えないことです。

5,000円負けた次のレースで2,000円勝ってもあまり嬉しくないかもしれませんが、無理のない賭け方を積み重ねていくことが大切だと覚えておいてください。

この心構えがあれば、一つの負けに感情を流されにくくなり、冷静にギャンブルに挑むことができます。取り返したい気持ちが芽生えるのは当然ですが、一度に取り戻そうとするのではなく、トータルでのプラスを心がけてください。

心構え⑤:ギャンブルを楽しむ気持ちは忘れない

ギャンブルはそもそも楽しむもの。この心構えを持っていない人は、ギャンブルを続けていくこと自体が困難になっていきます。勝って楽しいのはもちろん、負けてしまった時も「楽しい!」と感じられるようならば、ギャンブルに向いています。

「好きこそものの上手なれ」という言葉のとおり、ギャンブルそのものを愛する人こそ上達して勝ち組になれるもの。楽しむ気持ちはいつまでも忘れるわけにはいきません。

そのためには分相応の賭け金額に抑える必要があります。使ってはいけないお金で勝負するギャンブルは控えてください。たとえ勝ったとしても、使ってはいけないお金でのギャンブルは癖になり、いずれ負ける時がやってきます。それでは、ギャンブルが楽しいものではなくなってしまうでしょう。

心構え⑥:収支はしっかり記録に残す

もっとも簡単にできる心構えの一つが、ギャンブル収支をつけることです。どうしても負けた時の収支はつけたくありませんが、嘘偽りなく収支をつけると良いでしょう。

複数のギャンブルを嗜む人は、自分がどのギャンブルで勝ち、どのギャンブルで負けているのかもハッキリします。得意な種目と苦手な種目がわかれば、トータルで勝ちやすくもなるでしょう。

収支をつける時は、なるべく細かくつけることをおすすめします。日付、ギャンブル種目、ギャンブルに費やした時間、投資金額、回収金額……少なくてもここまでは記録に残しておきたいですね。投資金額や回収金額は、アバウトではなく100円単位で正確につけることです。

心構え⑦:勝負のタイミングを見極める

勝負にできるだけ多く参加したい気持ちはわかります。しかし、毎回同じような金額を賭け続けてしまうと、どうしてもテラ銭負けしてしまうものです。そうならないように、張る金額にメリハリをつける心構えを持ってください。

たとえば、競馬に朝から参加した場合、全レースに同じ金額を賭けるのはあまりおすすめできません。それよりも、ここぞという勝負のタイミングで大きく張ることです。具体的には通常のレースは1,000円の賭け金でも、勝負レースだと思えた時には5,000円や10,000円を投じます。

勝負レースはG1のようなメインレースである必要はありません。胴元から「メイン」と聞くとどうしてもそのレースに厚く張りがちですが、それは素人考え。大きく張る勝負レースは自分で決めるべきです。

極論をすれば、勝負レースに勝ちさえすればその日のトータルで勝てます。ギャンブル初心者はどうしても毎回勝とうとしますが、毎回勝つ必要はありません。勝負と感じて賭け金を上げた時に勝つ、これが大事ですね。この心構えは競馬に限らず、ほとんどのギャンブルで有効です。

 

心構え⑧:欲を自制する


自制とは、誘惑や衝動に直面した際に、自己の意思で感情、思考、行動を抑制すること。 直接的な外的強制力がない場面で自発的に自己の行動を統制する行動プロセスである。

セルフコントロールともいわれる自制心。ギャンブルの心構えとして、手前の利益ばかり追っていると損失は大きくなりがちです。
自発的に感情のコントロールをし、自分の懐事情を常に念頭に置きましょう。

ギャンブルの心構えを持って挑戦してみよう

7つのギャンブルの心構えを紹介しました。すでに知っていたものもあるかもしれませんが、初耳だったものもいくつかあるでしょう。ギャンブルで勝つためや、長くギャンブルを楽しむためには、ここで紹介した心構えを1つでも多く身につけることです。

最後にとても大事なことをお伝えしましょう。心構えを変化させても、初めのうちはなかなか良い結果を得られない時期が続きやすいです。試行錯誤しなければならない時期は辛いかもしれませんが、自分のペースで試行錯誤自体を楽しみましょう

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!
エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!