2019/01/23

勝ちパターンとは?自分なりの戦い方を知る方法を徹底解説

ギャンブルには勝ちパターン負けパターンがあります。
長年ギャンブルを嗜んでいる人は、勝負の流れを見ていると「これは勝つ流れだな」とか「悪い流れが来ているな」とわかることも多いのです。

大事なのは勝ちパターンを知り、なるべくその流れになるように意識することですね。そうすれば勝ち額は大きくなり、負け額を抑えることもできるでしょう。

ここでは勝ちパターンや負けパターンを知るための手段を解説していきますので、是非参考にしていただければと思います。

自分の長所・短所を知る

ギャンブルの勝ちパターンは、人によって大きく異なります。ズバリ、性格によって変わるものと言えるでしょう。だから、ギャンブルで勝つためには自己分析をして、自分の長所と短所を抑えておく必要があります。

たとえば、「根気強い」という長所があるのならば、ギャンブルで短期的な結果を求める必要はありません。トータルで勝てば良いという考えに落ち着くことも可能です。どうしてもギャンブルは一喜一憂しがちですが、一つ一つの結果に揺れない心を持つことも大切です。

逆に、「すぐに結果が欲しがる」という短所を抱えている自覚があるのなら、一つ一つのギャンブルで勝率を重視することです。一つの勝ちが次の勝ちに繋がりやすいので、大穴狙いよりも堅い賭け方の方がトータルでも良い結果に繋がりやすくなります。

このように自分の長所や短所を知れば、ギャンブルで勝ちやすい賭け方もわかってきます。

相手を知りつくす

相手がハッキリしている対人ギャンブルの場合、相手を知ることで勝ちパターンを作りやすくなります。

たとえば、一緒に麻雀をしている相手に「テンパイした時は必ずリーチをする」という大きな特徴があったとしましょう。この場合、その相手に関してはリーチがかかるまではケアをする必要がなくなります。相当、有利に勝負できるのは明らかです。

また、相手の勝ちパターンをあらかじめ知っておけば、そのパターンにならないように阻止することも可能でしょう。実際に勝ちパターンに入ってしまってからでは遅いのです。そうならないように先手先手で、場を進めていけば必ず自分の勝率が上がります

自分が勝ちやすい状況を作る

ギャンブル中級者以上になれば、自分で勝ちやすい状況を作っていくことも考えると良いでしょう。自分で勝ちパターンを作ってしまうやり方ですね。「そんなことできるの?」と考えてしまうかも知れませんが、ギャンブルの種目によっては可能です。

一つ例を出すと麻雀で「そんな牌で待つの?」と不思議がられるような待ちを意図的に行います。たとえば、字牌の単騎待ちなどです。そうすれば、相手は普通なら「通る」と考える牌でも迷うようになり、どんどん自分の手を狭くしてしまうのです。

できれば前半に集中的に行うとより強い効果が得られるため、中級者以上のギャンブラーは、ほとんどの人がこのような心理的な作戦を意識していると言えるでしょう。

自分が勝つ姿を強くイメージする

イメージトレーニングを行うことはギャンブルにおいてもとても重要です。イメージトレーニングを習慣づければ、勝ちパターンが見えてくることも少なくありません。

もちろん、実際にギャンブルをしているうちに最初に抱いたイメージをズレてくることがほとんどですが、そのズレで自分の好調・不調を感じ取れることもあります。自分が勝つ姿をイメージしていたのに「何か違うな」と感じることがあれば、少し冷静になるタイミングと言えるでしょう。

最初に勝つ姿をイメージしておかなければ、引くタイミングを見失ってしまいます。勝つためというよりは、大きく負けないためにギャンブルを始める前に自分が勝つ姿をイメージすると良いです。

「負けたらどうしよう…」は考えない

ギャンブルに不慣れの人はどうしても負けた時のことを先に考えてしまうことも多いですが、勝ちパターンを引き寄せるためには初めから逃げ腰ではいけません。同時に「勝ったらどうしよう」と皮算用してしまうのも、大きく勝てない人の特徴です。

勝った負けたは、ギャンブルが終わった時の結果論でしかありません。ギャンブル続行中にあまり勝ち負けを意識しない方が良いでしょう。

たとえば、競馬で狙っているレースがあるとします。しかし、それよりも前のレースで大勝ちをしてしまうと、狙っていたレースに賭ける金額を下げて勝ち逃げを目論む人も少なくはありません。その行動は当初の予定とは異なるはずです。

このように途中経過に影響を受けてしまうと、本来行えたはずの行動が行えないことが多々あります。前々から狙っていたレースならば、通常のレースよりも的中率は高いはず。それなら、当初の予定通りに狙っていたレースで勝負するべきです。

失敗は失敗ではなく経験

ギャンブルは長くやればやるほどさまざまな経験を積み重ねていくようになりますが、大事なのは成功の経験よりもむしろ失敗の経験。何度も失敗することで自分なりの勝ちパターンが見えてきます。

多くの人は成功した記憶ばかりが残るでしょう。ギャンブルにおける「負け組」と呼ばれる人達は、負けから何も学ぼうとはしません。だから、いつまでも負け組です。

ただ「負けた」ではなく、「何故、負けてしまったのか?」と自己分析する癖をつけると良いでしょう。そうすれば、ほとんどの負けが「初めから分が悪い勝負だった」とも理解できます。

たとえば、回らないパチンコを打って負けたら当然だと、誰もが考えられるでしょう。回らないから負けたのだ、と理解できれば、次は回る台を探そう、と思考を転換させることができます。こうして、失敗を次に活かす癖をつけなければ、勝ちは遠ざかる一方です。

ギャンブルの心構えを持って挑戦してみよう

ギャンブルを嗜まない人は、「たかがギャンブルにそこまで一生懸命にならなくても」と考えるかもしれません。しかし、いろいろと考えてギャンブルをするから面白いのです。適当に参加するのでは、本来ギャンブルが持つ面白みなど絶対に味わえません。

自分の勝ちパターンを模索するのも、ギャンブルにおける努力の一つ。初歩の初歩と言えるかもしれません。これまで、あまり考えずにギャンブルに参加してきた人は、ギャンブルを行う前、そしてギャンブルを行った後に時間を作ると良いでしょう。

ギャンブル前に勝つイメージを抱き、出来る限りの作戦を練ることです。終わった後は、勝っても負けても、自分の行動を振り返りましょう。これが習慣づけられれば、今までよりもはるかに勝ちやすく、負けた時も大怪我を負わないようになります。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」