2019/01/23

ギャンブルは認知症予防にピッタリ?その理由と最適なギャンブルとは

加齢とともに心配される「認知症」

他の肉体的な病と異なり、脳を鍛えることで緩和できると言われています。

そんな認知症を回避するにはもしかして「ギャンブル」が有効かも?という説があります。
それはどのような理由ゆえなのか?そしてどんなギャンブルが有効?認知症に有効なギャンブルというものを検証してみましょう!

ギャンブルを遊んでいる時、人はドーパミンが分泌される

ドーパミンってどんなものでしょう。これは、嬉しいとか楽しいとかの感情を人が感じた時に出る脳内分泌される成分のことです。

ギャンブルを行っている時、人間の感情のさらに上、脳に直接ダイレクトに影響する「何か気持ちが良いもの」が出るのって経験者には分かると思います。

よく「認知症予防のためには」という番組などで推奨されるのが、楽器演奏など視覚・聴覚などとともに全身をくまなく使う運動をすることが挙げられます。

これはつまり「脳に刺激を与える」ということにつきます。老後の楽器演奏というのはかなりボケ防止の為推奨されますが、全然違う「ギャンブル」の分野でも何かハッピーな、またはアンハッピーな感情が左右されますね。

これらの動きはそのまま脳へと刺激されます。いつも穏やかなのは理想ですが、たまには刺激的に遊んでみるのも良さそうですね!

認知症予防には頭を使うこと

知らず知らずの内に様々な人間の機能を刺激される楽器演奏はともかく、とにかく認知症予防に大切なのは「頭を使うこと」とされています。
楽器演奏などはそれなりに自動的であり多角的ですが、そうではないものにはギャンブルの他どんなものがあるのでしょうか。

例えば「紙などの素材で立体的な何かを創る」、「5感をはたらかせて色や匂い、感触などをありありと想像する」などの行為も脳への刺激としてかなり有効であるといえます。

やはり実際に認知症へかかってしまった、となる前にできるだけ予防したいものですよね。計算すること、何か楽しいプランを計画するのも有効ですよ!

認知症予防にはギャンブルがいい?


さて、いよいよギャンブルと認知症の関係へと迫ってみましょう。

思いつくギャンブルとはどんなものがあるでしょうか? やはりパチンコ・スロット、競艇・競馬・競輪などが真っ先に思いつくのではないでしょうか。

そしてその次にオンラインで行うことのできる「オンラインカジノ」。
国内で合法なのは上記ギャンブルに加えて「宝くじやロト」などがありますが、運だめしそのものである宝くじやロトは頭をほとんど使いませんね。

パチンコやスロットも、知っていればより楽しいですが、知らなくても何となくぼんやり楽しめます。

となると、「認知症予防=頭を使う」という図式から、ある程度知識を仕入れる必要のある競馬・競輪・競艇とオンラインカジノがまさしく感情と知識を必要とするギャンブルといえますね!

これらのゲームをプレイすることで頭を使う必要があることはもちろん、買った時の感動なども脳にはっきり刻まれるのです。

認知症予防になるギャンブルはカジノゲーム?


カジノの中には完全に運だめしである「スロット」などもありますが、ある程度カードの内容を認識する必要のあるゲームが多々あります。

単純なゲームでありながら、1ゲーム毎の時間の短さ、短いスパンでの勝ち負けに伴う感情なと人間の本質に絶妙に訴えるカジノのテーブルゲームには認知症予防への鍵があるのではないでしょうか。

やはりギャンブルであるという性質上、緊張感は自然と生まれるものであり、同時に感情が動かされ、さらに1度の手を毎回考えるという点で、「認知症予防=頭を使う」という方程式にズバリ当てはまります。

認知症予防になるカジノゲームを紹介

ポーカー


さて、実際に効果のありそうなカジノゲームをご紹介します。まず1つ目が「ポーカー」。手持ち5枚のカードを「同じ記号」、「同じ数字」などペアやトリプルへとまとめていくゲームです。

また「同じ記号で連なる数字」とか、「全部同じ記号」などでも点数が加えられます。 常に強い役を手にするような努力・決断が必要であり、その点「認知症予防のためのギャンブル」といえるでしょう。

ブラックジャック


カジノで大人気のブラックジャックは自分に与えられたカードを足して21へと近づけるゲーム。

11・12・13の絵札は10とカウントされ、A(1)のカードは1としても11としてもカウントできます。

始めに与えられる2枚のカードを足した時に、例えば絵札2枚であれば合計20、そうしたら3枚目を望まず今あるカードで勝負する、など3枚目からは自分の意思で選ぶことができます。

やはり常に「次のカードを貰うか」、そして「他のプレイヤーはどうなのか?」と意識した上判断する必要があるため、緊張感がありさらに脳を使います。
それゆえ、認知症予防としては「簡単かつ随時脳を使う」というギャンブルであるという点で推奨されるものではないでしょうか?

バカラ

「カジノの王様」と呼ばれるバカラはどのようなゲームなのでしょう?

バカラは自分が参戦した結果ではなく、「胴元とプレイヤーのどちらが勝つかを予想するゲーム」です。
トランプのカードを使って行われ、Aは1点、2~9は数字どおり、10と絵札は0カウントとし、9が最も強く0が最も弱いという前提で行われます。

完全な運であるバカラ、カジノでは一番人気。
自分が勝負するのではなくても、どちらが勝つかを予想することで緊張感が常にありますね。
それゆえ、認知症予防へも効果的です。
それゆえ、認知症予防へもうってつけのギャンブルといえますね。

家族認知症かも…ギャンブルはありかもしれない

大事な家族がもし認知症になったら…?そしてもしかしてなるかもしれないという不安だって、常につきまといます。

やはり愛する家族には元気でいて欲しいですよね。 「脳への刺激」、そして「感情も伴い、なおかつ興奮とか楽しさとかをリアルに感じられる」というのは認知症予防にとって大変有効であることは分かりましたね。

単純ゲームであるけど、脳は随時使う必要のあるギャンブルであるカジノゲーム、今後の認知症予防にはかなり有効といえるでしょう。ぜひ、これを機に始めてみましょう!

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!
エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!