2018/07/28

ギャンブル依存症は遺伝する?家族がもしそうだった時の対策を教えます

ギャンブルをやめたくてもやめられなくなるギャンブル依存症
実は遺伝性があるとされており、カリフォニア大学の研究にてそのことがすでに判明しています。

また家族がギャンブル依存症だと、その子供は何かしらの影響を受けるでしょう。
この記事ではギャンブル依存症の治療法や、結婚相手や相手の父親が依存症だったケースを想定して解説していきます。

ギャンブル依存に関連する遺伝子が発見された!?

ギャンブル依存症の研究をしているアメリカのカリフォニア大学バークレー校の研究チーム。そんな同チームは2014年の6月に遺伝子が関わっていることを発見しました。

これは同校が論文にて発表したものですが、それに関する遺伝子は快楽を感じているという信号を発し、報酬系に関わるドーパミンの役割を左右します。

論文のもととなった研究では、シンガポール国立大学の学生217人の染色体を解析して70万個の遺伝子多様体を分析。そのうちドーパミンの量をコントロールするのに関わる遺伝子12個に注目しました。

学生にはコンピュータ上で賭けるゲームをさせ、そのときの脳の様子をMRIで調べた実験をした結果、このような結果が出ます。

相手の気持ちを想像して行動を予測することが得意な学生はドーパミンの働きに影響する3つの遺伝子に変化がありましたが、試行錯誤が得意な学生は2つの遺伝子に変化がありました。

この研究により、意思決定での遺伝子の役割が明白に。これによりギャンブル依存には遺伝子が関わっていることが少しながらもわかりました。

親のギャンブル好きに影響を受ける可能性はある

親がギャンブル好きだと、子供も影響を受けることがあります。世間ではギャンブル=悪ですが、ギャンブル好きの親に育てられた場合、ギャンブル=悪 とはあまり思っていないので、子供もギャンブル好きになる可能性が高くなるでしょう。

ギャンブルは楽しい遊びですが、依存性があります。ですがそういった親に育てられると「スポーツやレジャーのような娯楽」だと認識してしまい、影響を受けるでしょう。

もちろんギャンブル好きになっても自制できればその人にとっては単なる娯楽で済むのでいいのですが、自制できなくなると本格的に危ないといえます。

女性の方がギャンブル依存症になりやすい?

ギャンブル依存症にかかるまでの平均期間は、男性が約10年に対し、女性は約5年と2分の1も早くなっているようです。

男性は一獲千金を狙うのに対して、女性の方はストレス解消・発散を目的としている場合や、寂しさを紛らわす為に陥ることがあるようです。

このように多く女性の方が依存症に早くかかりやすいというデータがあります。

ギャンブル依存症は治らない?

ギャンブル依存症は治る

ギャンブル依存症は治る病気です。ただし立派な病気のひとつで気をつけないと遺伝するので、それを周りの人や自分がきちんと認識し、医者のところに行かなければ、一生治りません。

ギャンブル依存症の人はギャンブルのときだけ脳が活動するようになっているので、脳機能のバランスが崩れてしまっています。

疑いがあったらすぐ医師のところに行こう

ギャンブル依存症になると、意思でなんとかギャンブルをやめようとしても、脳機能が変わってしまっているので、やめられなくなるのです。そうなると医療でしか治せなくなるので、ギャンブル依存症かな?と思ったら医者のところに行きましょう。

1 2 3

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating

スマホでいつでも手軽にカジノゲーム!
ダウンロードやインストールなど面倒な作業はありません!

キャンペーン情報
入金不要ボーナスで30ドルゲット!完全無料のプロモーションを実施中!

エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating

ライブカジノに特化したオンラインカジノはここしかありません!
美女ディーラーと生中継で白熱プレイ!

キャンペーン情報
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!

インターカジノ
Inter Casino
おすすめ度
4.0 rating

運営歴20年を超える古株カジノ!
一発9億円!?日本でも9000万円の当たり実績!

キャンペーン情報
「期間限定!登録するだけで10ドルの無料チップがもらえる!」