2020/01/17

麻雀漫画のおすすめ10選をご紹介!初心者の勉強に向いているものは?

「麻雀を覚えたいけどルールブックなどを読むのは面倒」そんな方におすすめなのが麻雀漫画です。

漫画なら文字も少ない上に楽しみながら麻雀のルールや勝つための戦略などが身に付きます。

今回は初心者の勉強におすすめの麻雀漫画10選をご紹介していきます。これから麻雀を覚えたい方は参考にして下さい。

麻雀漫画おすすめ10選

おすすめの麻雀漫画10タイトルをご紹介していきます。ギャグ、シリアスなどジャンルは様々ですが、どの漫画も面白くてためになります。

おすすめ麻雀漫画①アカギ

作品名 作者 出版社 連載期間
アカギ~闇に降り立った天才~ 福本伸行 竹書房 1992年4月号から2018年3月1日まで

アカギ~闇に降り立った天才~は大人気ギャンブル漫画「カイジ」の作者、福本伸行先生が生み出した麻雀漫画の名作です。

登場キャラも一癖も二癖もあるキャラばかりで、キャラごとに多くの名言があるのもこの漫画と見どころです。

特徴としては登場人物の心理描写が細かく表現されており、特に捨て牌の考え方や相手の心理を読み解く部分などが非常に詳しく解説されています。

相手の待ちを読んだり、捨て牌の選び方などは初心者でも参考になります。

おすすめ麻雀漫画②天 天和通りの快男児

作品名 作者 出版社 連載期間
天 天和通りの快男児 福本伸行 竹書房 1989年から2002年まで

天 天和通りの快男児はアカギと同じく、大人気ギャンブル漫画「カイジ」の作者である福本伸行先生の作品です。

最初はギャグ漫画っぽい内容と絵柄ですが、中盤からシリアスな麻雀漫画になっており中盤以降が非常に評判がよく人気があります。

アカギより登場キャラも多く、主人公の天やヒロユキといったサブキャラのストーリーもしっかりしているので、キャラごとの人間臭い部分も楽しめる麻雀漫画です。

ドラマで実写化までされているので、漫画を読んでハマった方はドラマもおすすめです。

おすすめ麻雀漫画③天牌

作品名 作者 出版社 連載期間
麻雀飛龍伝説 天牌 原作:来賀友志 作画:嶺岸信明 日本文芸社 1999年5月から現在連載中

麻雀飛龍伝説 天牌は週刊漫画ゴラクで20年以上連載が続いている人気麻雀漫画です。アカギや天はイカサマやガン牌など現在の麻雀では難しい描写が多いのですが、天牌はそういった描写はほとんどありません。

麻雀シーンが非常にリアルに描写されており、嶺岸信明先生の迫力ある絵柄がさらに臨場感を盛り上げます。読者も実際に対局しているような感覚を味わえるでしょう。

登場人物も大勢いるのですが、どのキャラも特徴やストーリーが作りこまれていて、主人公の沖本だけでなくサブキャラのストーリーだけでも数巻使うこともあるくらいです。

おすすめ麻雀漫画④咲 -Saki-

作品名 作者 出版社 連載期間
咲 -Saki- 小林立 スクウェア・エニックス 2006年から現在連載中

咲 -Saki-は男性色が強い麻雀漫画の中では異色の女子高生が主人公の麻雀漫画です。絵柄もかなり萌え系で正直表紙もほぼ女の子なので、麻雀漫画とは思えないかもしれません。

しかし、麻雀に関してはかなり描写が細かく、麻雀を知らない人でも楽しめるように分かりやすい解説が多く盛り込まれています。

アニメ化もされており、人気や漫画の面白さも申し分ないので、麻雀初心者にとっては楽しみながら勉強できてかなり参考になると思います。

おすすめ麻雀漫画⑤ムダヅモ無き改革

作品名 作者 出版社 連載期間
ムダヅモ無き改革 大和田秀樹 竹書房 2006年3月から2015年

ムダヅモ無き改革は麻雀漫画ではありますが、ほぼ熱いギャグで構成されているので、ぶっちゃけ麻雀を知らなくても十分楽しめる漫画です。

世界各国の首脳同士が戦闘機や貿易などを賭けて麻雀でバトルするというぶっ飛んだ内容で、登場キャラも実際の人物をモデルにしておりかなり似ているので「この作品はフィクションです」といった注意書きがあるほど。

2010年にはアニメOVA化もされており、現在は新シリーズも連載されているほどの人気です。

とりあえず麻雀に触れてみたいといった方におすすめの麻雀漫画です。

おすすめ麻雀漫画⑧凍牌(とうはい)裏レート麻雀闘牌録

作品名 作者 出版社 連載期間
裏レート麻雀闘牌録 凍牌 志名坂高次 秋田書店 2006年から2011年

凍牌は過激なシーンやストーリーが面白い麻雀漫画です。志名坂高次先生は数多くの麻雀漫画を描いており、凍牌は代表作でもあります。対局シーンはもちろん登場人物のストーリーなども全体的にシリアスで進んでいくので、純粋に麻雀を楽しみたい方におすすめの麻雀漫画です。

「麻雀死闘黙死譚 凍牌 ~人柱篇~」「麻雀死闘黙死譚 凍牌 ~ミナゴロシ篇~」などの続編やサブキャラである堂嶋を主人公にした「牌王伝説ライオン」のような番外編も出版されています。

実写映画化もされている人気麻雀漫画なので一見の価値ありです。

おすすめ麻雀漫画⑨ナナヲチートイツ

作品名 作者 出版社 連載期間
ナナヲチートイツ 原作:森橋ビンゴ 作画:前川かずお 竹書房  2011年1月から2013年4月

ナナヲチートイツは森橋ビンゴ先生著のライトノベルが原作の麻雀漫画です。麻雀を知らない方のために脚注も設けたりするなど、読みやすい工夫がされています。

ストーリーは中国の裏社会が主な舞台で主人公が奴隷というかなり珍しい設定です。またセクシー要素をかなり含んでいるのも大きな特徴で、内容とかけ離れていることから小説では注意書きもあったほどです。

漫画もセクシー要素が強い表紙ですが、内容はかなり殺伐としているので読む際はギャップに要注意です。

おすすめ麻雀漫画⑩哲也~雀聖と呼ばれた男~

作品名 作者 出版社 連載期間
哲也-雀聖と呼ばれた男 原作:さいふうめい 作画:星野泰視 講談社 1997年7月から2005年1月

哲也~雀聖と呼ばれた男~は週刊少年マガジンで連載されていた人気麻雀漫画です。主人公・哲也は麻雀はおろかギャンブルは全く未経験の初心者だったのですが、オイチョカブから始まり麻雀で凄腕雀士として覚醒していくシーンが見どころです。

少年誌では珍しいくらい心理描写や博打のやりとりがリアルに描かれているのも特徴です。登場人物もそれぞれ特徴があり哲也の師匠でもある房州やライバルの印南など人気キャラの名言も根強い人気があります。

強い人気からパチンコ台にも採用されており、麻雀を広めた漫画として一読しておく価値ありです。

漫画で楽しみつつ漫画を勉強しよう!

初心者におすすめの麻雀漫画を厳選して10作品ご紹介してきました。「麻雀は難しい」といったイメージがありますが、漫画ならハードルも低くて読みやすいのではないでしょうか。

今回ご紹介した漫画はどれも面白く、読むだけで麻雀の基礎知識が身に付くはずなので、ぜひお手に取ってみてください。

麻雀を打ってみたくなったら、オンライン麻雀の「DORA麻雀」が初心者でも手軽にできておすすめです。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョン
Vera&John
おすすめ度
5.0 rating
無料で30ドルの入金不要ボーナスをゲット!
カジノシークレット
CASINO SECRET
おすすめ度
4.0 rating
入金するだけで最大70ドルのキャッシュバックがもらえる!
エンパイアカジノ
EMPIRE777
おすすめ度
4.0 rating
最大77ドルの100%初回入金ボーナスがもらえるチャンスは今だけ!