カジノゲーム

10ユニット法ってどんな攻略法?賭け方や特徴をご紹介します

今回は10ユニット法について、賭け方から特徴を解説していきます。
記事の後半では、ルーレットで10ユニット法を実践した様子もお伝えします。
10ユニット法は固く勝ちたい方におすすめの攻略法です。堅実にカジノで勝ちたいとお考えの方は、ぜひ10ユニット法を実践してみてください。

↓当サイトで厳選したおすすめオンラインカジノ3選↓

ベラジョンカジノ
ミスティーノ
Interカジノ
特徴体験版あり
・24時間いつでも遊べる
・日本語対応バッチリ
・政府発行ライセンス取得済みだから安心して遊べる
入出金の手数料無料
・365日チャットとメールで日本語サポート
還元率約97%
・カード入金対応
限定キャンペーン・初回入金時500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
・登録で10ドル
・3日連続フリースピン
・7日連続デイリースピンボーナス
・ウェルカムボーナス500ドル
・アカウント登録で30ドル
・図解入りマニュアルプレゼント
公式URL詳細詳細詳細

10ユニット法とは?


ここでは、カジノゲームのベット法で知られる10ユニット法の特徴や賭け方を解説していきます。

10ユニット法は海外生まれの攻略法!

10ユニット法は海外で生まれた攻略法で、勝率が50%ある配当倍率2倍の項目で利用できます
利用できる代表的なゲームとしてはバカラがあります。
10ユニット法は数列を使って進行状況を確認するため、攻略法を実践するにはメモを準備してください。

10ユニット法の賭け方は?

10ユニット法は、ベット単位とリミットを最初に設定します。
そして、1を10個並べた数列を用意して攻略を始めます
この数列の数字は賭ける金額の単位を意味します。例えば、ベット単位を2ドルに設定したら、数字の「1」は2ドルの意味です。
ベットでは数列の両端の数字を足した金額をベットします。
ベット単位が2ドルで、[1,1,1,1,1,1,1,1,1,1]の数列であれば、1(左端の数字)×2ドル + 1(右端の数字)×2ドル = 4ドルがベット金額になるということです。
そして、勝った場合は数列の両端の数字を消し、負けた場合は数列の両端の数字を足した金額を数列の右端に追加します。
少しシミュレーションしてみましょう。ベット単位は1ドルを使用します。

ベット回数数列ベット金額勝敗収支合計収支リミット
11,1,1,1,1,1,1,1,1,12ドル勝ち2ドル+2ドル12ドル
21,1,1,1,1,1,1,12ドル負け-2ドル0ドル10ドル
31,1,1,1,1,1,1,1,23ドル負け-3ドル-3ドル7ドル

リミットというのは、どれだけの損失を受け入れるか設定するものです。リミットが0を下回ったら攻略法を終了します。
このシミュレーションでは、リミットを10ドルに設定しています。つまり、合計収支が-10ドルになった場合に終了です。
記事の後半では、ルーレットで試したシミュレーションも掲載しています。そちらもぜひご覧ください。

10ユニット法のメリット・デメリットは?

10ユニット法のメリットは、ゴールが明確な点が挙げられます。ベット単位の10倍が目標利益になり、損切りの目安であるリミット数の調整によりリスク管理も可能です。
10ユニット法のデメリットは、数列を管理するためにメモを取らなくてはいけない点です。
同じように数列を使用する攻略法として、モンテカルロ法があります。
10ユニット法はモンテカルロ法に改良を加えて、ゴールを明確にした攻略法と言えるでしょう。

実際に10ユニット法を用いてルーレットで勝負!


ここではルーレットで、10ユニット法を検証した内容を紹介していきます。

10ユニット法で各数値を設定

まずはゴールとなる利益と、1単位のベット金額とリミットを設定します。
資金に合わせた数値を設定することがポイントです。
今回は、1単位を1ドルとして目標利益を10ドル、リミットを20ドルに設定して行います。

10ユニット法をルーレットで検証!

ルーレットの赤黒賭けで赤固定でベットをしていきます。
最初のベット額は2ドルです。

1回目のベットは的中です。両端から数字を消して、数列は[1,1,1,1,1,1,1,1]になりました。

2回目のベットは外れ。2単位のベットをしたので、数列の右端に2を追加します。
数列は[1,1,1,1,1,1,1,1,2]です。

3回目のベットも外れ。3単位のベットをしたので、数列の右端に3を追加します。
数列は[1,1,1,1,1,1,1,1,2,3]です。

4回目のベットは的中しました。数列から両端の数字を消します。
数列は[1,1,1,1,1,1,1,2]です。このようにして数列の数字がなくなるか、リミットに達するまで攻略法を実践して行きます。
次の表で数列がなくなり、目標設定金額に達するまでの経過をまとめてみました。

ベット回数数列ベット金額勝敗収支合計収支リミット
11,1,1,1,1,1,1,1,1,12ドル勝ち2ドル+2ドル12ドル
21,1,1,1,1,1,1,12ドル負け-2ドル0ドル10ドル
31,1,1,1,1,1,1,1,23ドル負け-3ドル-3ドル7ドル
41,1,1,1,1,1,1,1,2,34ドル勝ち4ドル+1ドル11ドル
51,1,1,1,1,1,1,23ドル勝ち3ドル+4ドル14ドル
61,1,1,1,1,12ドル勝ち2ドル+6ドル16ドル
71,1,1,12ドル勝ち2ドル+8ドル18ドル
81,12ドル勝ち2ドル+10ドル20ドル

数列がなくなると利益が目標設定金額に達していることがわかるでしょう。
損切りも、リミットにより判断がしやすく、ベットのやめ時がわかりやすい攻略法です。
今回の実戦では、インターカジノを利用しています。歴史のあるオンラインカジノですので信頼性が高く、安心してプレイすることができます。

10ユニット法を活用してゲームを攻略しよう!


ギャンブルである以上、100%勝てることはありません。しかし、攻略法を用いることで勝率を上げることは可能です。
勝てないと悩んでいる方は、ぜひ10ユニット法を一度お試し下さい。
10ユニット法はメモを取る必要がありますが、やめ時がはっきりする攻略法です。そのため、熱くならずに慎重にゲームを進めることが可能です。
今回の実戦で使用したインターカジノは、老舗オンラインカジノで安心して10ユニット法を実践できます。ぜひインターカジノでプレイしてみてください。

オンラインカジノランキングバナー