2018/03/08

【マカオ】カジノで負けたときの手段として麻薬を使用、密売で中国人男性逮捕!

3月7日、マカオ治安警察局は禁止薬物密売及び使用の疑いで中国人の30代男性を逮捕したと発表されました。

男性が所持していた違法薬物は「アイス」というもので、治安警察局が防犯パトロールをしている際に、違法薬物及び吸引器具と密売による所得を所持していたため逮捕に至りました。

この男性の自宅を調べたところ、アイスを含む2種類の覚せい剤とパッケージングツールが見つかり、押収した覚せい剤の末端価格は17万パタカ(約223万円)にも上るとのこと。

タイトルにもしたようにこの男性の覚せい剤使用はカジノで負けたとき。そして負けた分のお金を密売で取り戻していたとされています。

治安の維持の為に対策はされていますが、こういった男性がカジノ付近にいるということがわかった今、観光でマカオなどを訪れる際には注意が必要かと考えられます。

引用元:Yahoo!ニュース