2018/03/12

経営トップ交代の大手ウィン・リゾーツ、2018年1~2月の業績を発表!

本社をアメリカはラスベガスに置く、国際カジノリゾート運営大手「ウィン・リゾーツ」。本サイトでも取り上げましたがセクハラ疑惑により創業者で会長兼CEOだったスティーブ・ウィン氏が辞任、マット・マドックス氏がCEO職に新しく就いてから初めての業績発表になりました。

マカオにも子会社を「ウィン・リゾーツ」、その子会社であるウィン・マカオ、ウィン・パレスの今年1~2月の業績はどちらも好調と発表しました。

ウィン・マカオの調整後プロパティEBITDAは、1.37~1.43億米ドル(日本円換算約146~153億円)、前年同期比25.69~31.19%増、売上高は18.78%増の4.18億米ドル(日本円換算約446億円)。

ウィン・パレスの調整後プロパティEBITDAは、1.38~1.44億米ドル(日本円換算約147~154億円)、前年同期比9.22~87.01%増、売上高は37.35%増の4.37億米ドル(日本円換算約466億円)。

経営トップが交代となり心配の声も上がりましたが流石は大手、業績好調を維持しているとのことです。

引用元:マカオ新聞