2018/04/02

【マカオ】昨年2017年の偽造カジノチップ押収量が倍増、48%増と悲しい事実

マカオ保安庁長官事務所が公表したデータによると、2017年通期の偽造通貨及びゲーミング(カジノ)チップ行使罪は、2016年と比べ21件増の299件にも増えていることがわかりました。

押収した偽造カジノチップの量も2016年と比べ約4倍の2,869枚金額にして1263万7697.3パタカ(日本円で約1億6,670万円)と報告されています。

カジノチップはカジノ内にあるキャッシャーというもので額面の現金と交換ができるようになっています。カジノ内では現金そのものを意味するものです。

マカオでは最近良いニュースよりも悪いニュースが多いように感じ、治安問題に少し疑問も覚えます。マカオのカジノ売上が好調なだけに、環境も上向くことを祈るばかりですね。

引用元:Yahoo!ニュース