2018/04/29

【フランス・パリ】小規模のカジノが営業解禁!1号店がオープン!

パリではギャンブル依存症の人口が増えてしまった為、1920年に賭博場の営業が法律で禁止となりました。

しかし、その後に違法賭博が横行。2年前にフランス政府は透明化を図るとし、パリでのカジノ営業を認める法改正を行いました。

ルーレット、スロットマシーンは未だに設置が法律で禁止とはなっていますが、フランスはパリに小規模のカジノ1号店がオープンとなりました。

入場料は15ユーロ(日本円換算:約2,000円)を払い、カードゲームを楽しめるというもの。同カジノクラブ経営者は「日本でもカジノクラブは需要がある、きっと人気が出る」と話しているそうです。

引用元:TBS NEWS