2018/05/13

【長崎】カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致に反対する団体が講演会を開催

画像引用元:Yahoo!ニュース

長崎県と佐世保市が進めている、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致に関して、反対する市民団体が5月13日に講演会を開催しました。

講師を務めたのは、カジノがどんな影響を与えるのかなどを研究している「静岡大学」の「鳥畑与一教授」。

今回の講演会で鳥畑与一教授は、「カジノを目当てにした観光客がIRに集中することによって、既存のホテルや商業施設が受ける打撃は大きい」と述べました。

長崎県佐世保市の有識者会議では、2,500億円もの経済波及効果があると言われていますが、今回のような反対派の意見も多く存在しているのです。

市民団体は、今回の講演会を今後も開催していき、カジノの危険性に対する市民の理解を得ていきたい、と話しています。

引用元:Yahoo!ニュース