2018/05/29

【米ラスベガス】カジノ従業員がストライキの準備!大手カジノの業務続行が危うい?

アメリカはラスベガスのホテル、カジノの飲食関連職場の労働組合は、仕事の保証や各種手当てに関する新たな労働契約を6月1日までに得られなかった場合、市内全域の各職場でストライキを訴える、ということを投票で決定しました。

もしこのホテル従業員たちのストライキが実現した場合、ラスベガスでは過去30年で初の事例になり、大手カジノ「シーザーズ・パレス」などの業務続行が危うくなってしまう可能性もあると言われています。

このストライキを回避するためには34のカジノ施設全体が労働組合に加盟する従業員との合意が必要になります。以前1984年に起きたストライキでは7,500万ドルの損害を被ったという記録もあるそうです。

引用元:CNN.co.jp