2018/06/01

【千葉】ディズニーランドの地にカジノができるかも?地元企業が誘致へ株式会社構想

カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が先月の5月22日に衆院本会議で審議入りしました。全国で3ヶ所が上限になっているIRの誘致レースではありますが、解禁に向けて千葉県千葉市がとても積極的な動きを見せています。

千葉県千葉市周辺の中小企業の経営者らが、地元資本で株式会社を設立する構想を持っていて、IR施設の誘致を目指しています

千葉市で医療関連の会社を経営する寒竹郁夫氏ら地元企業の約10人が昨年、1,000万円を出資して準備会社を設立、空港から近いという立地の良さや、ディズニーランドとの相乗効果を強調し誘致活動を進めています。

寒竹郁夫氏は、「地域活性化の観点から今後は地元企業や海外のカジノ運営会社から資金を募る株式会社方式に発展させ、地元資本が関わる形で運営を進めていきたい」と話しています。

千葉市のライバルは同じ関東の東京や横浜ではありますが、両地域はまだ誘致レースに名乗りを上げていません。最終的な選定に向けてIR誘致レースは激しくなっていくのではないでしょうか。

引用元:Yahoo!ニュース