2018/06/07

8日に採決?カジノを含む統合型リゾート(IR)整備法案をめぐって与野党の攻防が続く!

国会の衆議院にて、カジノを含む統合型リゾート(IR)整備法案の審議が大詰めを迎え、与野党の攻防が続いています

立憲民主党の篠原議員は、カジノ施設が国内に整備されたとしても、実際に行く8、9割は日本人であって、日本経済成長の為にIRを整備するというのは考え直すべきであると指摘しています。

それに対し石井国交相は、「日本型IRとしては国内外を問わず多くの来訪者をひきつける。魅力ある施設を整備することを考えている」と述べ、攻防が続いているということです。

与党側は6月8日にも法案を委員会で採決したいと考えていますが、週末に新潟県知事選も控えていることから「あまり強硬に通してしまうと、見え方がよくない」との声もあり、衆院通過はさらにずれ込む可能性もあると言われています。

引用元:Yahoo!ニュース