2018/06/14

【長崎・佐世保】カジノに反対する市民団体が県に誘致中止を申し入れ

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備法案が国会で審議されている中、カジノに反対する市民団体が14日に県に対し佐世保市への誘致を辞めるよう申し入れをしました

申し入れたのは長崎と佐世保の市民団体で、IR施設ができた際に見込まれる経済効果などに対し、一方的な意見に過ぎないと反発をしています。そして以下のような意見を述べています。

「カジノは賭博ですよね。それで産業の発展を図ると言う発想自体が歪んでいる」

「マイナスの影響もきちんと公表してほしいと思います。やはり、ギャンブル依存症が起こったり環境も悪くなると思うんです。誰か損する人のお金で儲けて経済効果を生み出すわけでしょ、その考え方自体が間違ってると思いますけど」

今現在でもIR施設の誘致レースは続いています。各地域で反対する意見も出ていますが、今後どのような結末が待っているのでしょうか。

引用元:Yahoo!ニュース