2018/08/01

アメリカプロバスケのNBA、カジノ運営MGMと提携!

NBAと女子プロバスケのWNBAが7月31日、ラスベガス(ネバダ州)のカジノ「MGMリゾーツ・インターナショナル社」と正式に提携をすることとなりました。チームや選手の公式データを、スポーツ賭博のための“参考資料”として提供しました。

大リーグ、NFL、NHLを含めた北米四大プロ・スポーツ界の中で、カジノと提携したのはNBAが初めて。米国では今年5月、ラスベガスのあるネバダ州以外の州でもスポーツ賭博が解禁となっており、NBAはMGM社以外のカジノやブックメーカーとも今後、商談を進めていくものと見られています。

今回の取引によってNBAもMGMもかなり大きなビジネス関係を拡大することは間違いないと思われ、また、NBAのサマーリーグもラスベガスで開催されるもよう、ベガスの熱い夜に期待大です。

(引用元:スポニチ)