2018/08/03

マカオ初のeスポーツ施設が正式オープン!

マカオのカジノ大手、新濠博亜娯楽(メルコリゾーツ&エンターテインメント)が運営する、コタイ地区にあるカジノリゾート「新濠影匯(スタジオ・シティ)」でこのほど、マカオ初のエレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)向け施設「マカオ・Eスタジアム」が正式開業しました。

マカオEスタジアムは最新設備及び技術を擁する東南アジアトップクラスの高規格のeスポーツ専用ベニューでと、面積は約1万平方フィート(約930平米)、収容人数は274人。トップレベルのeスポーツトーナメントや、バーチャルゲームリーグ、世界のプロプレーヤーの要求を満たすものになっているという。

最近日本でも人気の高いエレクトロニック・スポーツは若い方を中心に注目を集めています。マカオでも若者の旅行者を囲い込むアピールの一環とし観光の多元化に寄与したものとみられます。

高額な賞金が懸けられた世界規模大会も行われているeスポーツは、高額なプロゲーマーになると年収1億円以上とも言われています。
今後、マカオでも行われるであろう世界大会には注目が集まりそうです。

(引用元:マカオ新聞)