2018/08/08

マカオ・シンガポール売上下降の中、カンボジアのカジノが絶好調!

カジノを取り巻く世界情勢が変わりつつあるようです。アメリカをしのいでカジノ売り上げナンバーワンになったマカオも、アジアで人気のシンガポールも集客が減り、収益も急落中。その最大の理由は中国人ギャンブラーの減少であるようです。

もちろん、少額の掛け金でスロットマシーンやバカラ、ルーレットを楽しむ個人客はいるが、投じられるお金は微々たる物だと言われています。一番の原因は中国のギャンブラー、中でも党や政府のハイローラーが激減した結果とのことです。

そこで今最もアジアで暑いカジノはカンボジアだと言われています。30年にわたって独裁体制を維持してきたフン・セン首相のお気に入りがカジノ・ビジネスとのこと。中国から膨大なインフラ投資資金が流入したおかげで、65カ所を数えるカンボジアのカジノはいずこも大繁盛らしいです。

カジノで外国人観光客を日本に呼び込むという政府の発想は時代遅れなのかもしれません。パチンコも競馬も売り上げは毎年減ってきていますし、そもそも日本人のギャンブル欲が激減してきているようです。アメリカやフランスでもカジノの倒産が相次ぐ中、日本のカジノはどこまで世界に太刀打ちできるのか今後の動向に注目です。

(引用元:livedoorニュース)