2018/08/14

マカオの1人当たりのGDP(国内総生産)が2020年に世界一へ?!

このほどIMF(国際通貨基金)が公表した最新版の世界経済予測データを元に、マカオの1人あたりGDPが2020年に世界一になる見通しだと発表されました。

2018年の現在はカタールに続き第2位ですが、2020年をめどにカタールとも徐々に差をつけていく予測がでたようです。

マカオの大黒柱カジノの売り上げが2016年よりで24ヶ月連続で対前年プラスを維持しているのが最も大きな要因です。GDP簡単に言ってしまえば「国が1年間にどれだけ儲けたか」という指数になります。マカオでは所得税はほぼ0、医療費も0、高校までの教育費も0、毎年政府からお年玉がもらえるといった、マカオ市民がカジノから受ける恩恵がすごいことがわかります。

日本もカジノが数年後にオープンしますが、まだまだ治安の悪さや、依存症の心配ばかりが先立ち、カジノで国が潤う余裕の話はまだまだ先のようです。
(引用元:マカオ新聞)