2018/09/02

「カジノいらない」86%、横浜市シール投票結果

神奈川県横浜市へのカジノ誘致について市民に賛否を問うシール投票を街頭で続けている市民グループが30日、昨年7月から40回にわたり約1万3000人に行った投票結果を発表しました。「いらない」が86%と圧倒的に多く、「いる」は13$%、「分からない」は1%の結果がでたようです。

横浜市はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の開業を希望する事業者から設置案を募集しています。市民グループ代表は「林市長は『白紙』と言っているが、市民の中では反対が多い。あきらめたらどうか」と結果を見て話していたそうです。市民グループは今後も月一回ほどのペースでシール投票を続ける予定としているそうです。

日本中の自治体が経済効果を求めて誘致に力を注いでいる中で、ここまで市民の意見が綺麗に「カジノはいらない!」と突っぱねている理由は、やはり横浜の知名度を汚すこととなりそうな治安の悪化などを懸念しての事でしょう。浜っ子の潔い姿勢に市は今後どう対応するか様子を見たいと思います。

(引用元:東京新聞)