2018/09/06

譲らない横浜市民の声「カジノは反対!」

横浜市は4日、11日開会の市議会定例会に提出する2021年度までの中期4カ年計画の原案と、5~6月に実施した同計画の素案への意見公募(パブリックコメント)の結果を発表しました。寄せられた意見は、カジノを含む統合型リゾート(IR)への反対が根強く多かったようです

2129件のうちカジノ反対に関する意見は433件とのことで、「ギャンブル依存症が心配」「犯罪の温床となる」「文化芸術創造都市にふさわしくない」など、以前より市民の反対の声が高かったのですが、今回も厳しい意見が多いようです。

林文子市長が昨年夏の市長選前にカジノ誘致に関しては「白紙」に転じたにもかかわらず、素案に「国の動向を見据え、検討」と明記したことへの批判も重なっているようです。

横浜市民の多くはカジノがもたらす経済効果よりも、やはり悪影響への懸念がぬぐい切れないようです。

(引用元:朝日新聞)