2018/09/17

IRには世界水準で日本らしいショーが必要不可欠

なぜ日本にIRが必要かという際に、日本には夜楽しめる施設があまりにも少ない、という外国人からの声をあげる人が多くいます。

確かにおいしい食事をして、せいぜいカラオケに行くぐらいしかなく、ミュージカルやコンサートも大都会にしかないという現実。

しかもいつも満席で予約なしで入れるわけではなく、その終了時間が世界標準からするとあまりにも早すぎるという意見が多数あるようです。

日本のどこにIRができるにしても、そこでどんな併設したショーができるのか、世界的な水準でしかも日本のローカルの良さを宣伝したものがそろえられるかが勝負になります。

豪華貨客船の中にはカジノもあるが、それよりも楽しい企画が連夜催され、世界の多様なお客を楽しませるため知恵を凝らしています。

そのような企画力が日本にも今試されています。日本にできるIRで、世界水準になりうるどんなショーをするか真剣に楽しく考える時期がきています。

(引用元:SankeiBiz)