2018/09/25

【フィリピン】カジノ関連雇用者はカジノプレイ禁止

フィリピンのゲーミング規制当局は、「ゲーミング雇用許可証」を保有する全てのゲーミング関連雇用者がフィリピンのどのゲーミング施設でもプレイすることを禁止する覚書を発表しました。

2018年9月10日に、全ての「ゲーミング雇用許可証」保有者の名前を全国の入場禁止人物データベースに追加したことを発表しています。

マカオではカジノ労働者が勤務時間以外のカジノ施設への入場を禁止するという法案を提出しました。

入場禁止に含まれる人物は、テーブルおよびゲーミング機械のオペレーター、プロモーター、ケージ内のレジ係などの労働者、警備員、清掃スタッフ、レストランスタッフ、および監視室で働く職員を含めてカジノをプレイすることは禁止となりました。

マカオにも同様にカジノ関連雇用者に厳しい規制があります。公務員も入場禁止対象になっており、このようにしっかりとしたギャンブル依存症対策がとられているのは、今後の日本においてのIR対策にも十分に参考になることでしょう。

(引用元:agb nippon)