2018/11/13

「僕はギャンブラーではない!!」ポーカーで1億7000万円獲得

2011年から毎年行われている日本最大規模のポーカー大会「ジャパンオープンポーカーツアー Season15 TOKYO」で、香港からの招待選手Alan King Lun Lau(アラン・キング・ルン・ラウ)さんが、参加者2万5000人の頂点に輝きました。

アランさんは、香港のポーカー団体「Hong Kong Poker Players Association」(HKPPA)の所属。アジア・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを2回受賞しており、ズバ抜けたテクニックの持ち主で、すでに生涯獲得賞金は1億7000万円を超えています!

ジャパンオープンポーカーツアー(JOPT)は2018年10月7~8日、東京・銀座のBAGUS PLACEで開かれました。

今回はオンライン予選を含む、約2万5000人が参加。大会当日は349人がメイントーナメントに進出して熱戦を繰り広げたました。

参加者の多くは20~30代の男性が多く、女性は全体の5%ほどだが、最近は増えつつあるとい言われています。所得の高いサラリーマンや経営者、投資家などが多く、独身者も少なくないもよう。

僕はギャンブラーではありません。カジノゲームに興味があってカジノに行ったわけではなくポーカーとふれあって、それで予選を通過したから、大会に参加するためにカジノに行った。もしポーカーをやってなかったら、多分カジノにも行ってないでしょう」と語っています。

11月22~25日には、韓国・仁川のパラダイスシティで「Asia Open Poker Tour 2018 Korea」が開催されるます。日本人のトッププレイヤーの名前が上位に挙がってくることもそう遠く当くないはずです。

(引用元:JCAST会社ウォッチ)