2018/11/19

【ラスベガス】世界初のカジノ中毒者専用法廷

世界で初めて、カジノ中毒者による刑事犯罪を裁く法廷が、ラスベガスに誕生しました。世界のカジノの中心でもあるラスベガスが、とうとうその「負」の部分にまでメスを入れ、業界の健全な育成に乗り出したと、アメリカでは大きな注目を集めています。

カジノ中毒になること自体は犯罪でも何でもないのですが。犯罪が中毒者によって起こされた場合にのみ適用される法廷ということ。

ではなぜ、そんなものが必要なのかと言えば、カジノ中毒者が犯罪を犯したときに、通常の地方裁判所で審理をして一律に刑務所に送って反省を促しても、カジノ中毒という根本的な症状は改善させられず、いつかまたここに戻ってくるという、症例研究があるからです。

このカジノ中毒者専用法廷を利用することで、より犯罪者に的確な更生プログラムを与えられるので、被告人にとっても社会にとっても有益だという発想のようです。

そもそも、ラスベガスにおけるカジノ中毒者の研究は数10年にわたり、ハーバード大学の医学部との提携もあって、最先端を行っています。なのに、なぜ今になってカジノ中毒者専用法廷なのかという疑問にも、明確な答えはありません。

日本で2023年に開場する予定のカジノも、規制法案の議論の中心は徹頭徹尾カジノ中毒症問題なので、大いに参考になるにちがいないことでしょう。

(引用元:Forbes JAPAN)