2018/12/19

【北朝鮮】中国の顔色伺いでカジノ事業撤回

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が、現在推進中のカジノ事業を全て撤回するよう指示したことがわかりました。自由アジア放送(RFA)が17日(現地時間)、報道を発表しています。

RFAは現地消息筋の言葉を引用し、北朝鮮のカジノ事業を否定的に見る中国政府が、中国企業の対北投資を問題視していることを受け、北朝鮮がカジノ事業計画を放棄した、と伝えました。

カジノ事業”放棄”の最も大きな理由は、同事業が中国からの投資誘致の妨げになると判断したためであります。

「中国が、北朝鮮のカジノ事業に対して嫌悪感を示したのは事実。中国の投資誘致が必要だと考える金委員長が、まずは中国の顔色をうかがっているようだ」と伝えました。

北朝鮮には大規模な設途中のカジノもあり、国を挙げての準備もしていましたが、今は中国の支えなしでは国政も厳しいため断念せざるを得ない状況であると考えられます。

(引用元:niftyニュース)