2019/02/07

関空、1千億円追加投資|万博・IRにらみ旅客受け入れ強化

関西国際空港を運営する関西エアポート(大阪府泉佐野市)の山谷佳之社長は6日までにインタビューに応じました。2025年に大阪で開催される国際博覧会(万博)をにらみ、関空の防災対策や第1ターミナルの改修費用として、約1000億円の追加投資を検討していることを明らかにしています。

山谷社長は「万博に向け関空の機能を強化したい」と強調。現在年間約200億円の投資を大幅に増やし、国際線の設備拡充などを進める予定としています。

また、大阪府・市が同じ夢洲への誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)に絡み、ヘリコプター送迎など富裕層向けビジネスを検討する考えを示しました。

関空は昨年9月に台風21号の影響をもろに受けて、滑走路やロビーが浸水した被害を受けたので、改修には力をいれて取り組む方針だそうです。

関空と夢洲をつなぐ港の整理もしかり、万博、IR準備には大きな課題がまだ山積みの様子なのでしょう。

(引用元:JIJIドットコム)