2019/03/12

【大阪】ネットカジノ店で銃撃発生|増加するミナミの違法カジノ店

(画像引用元:MBS NEWS)

11日未明、大阪・ミナミのインターネットカジノ店で、従業員と客が男に拳銃で撃たれる事件がありました。ミナミでは違法なカジノ店が増えていて、事件現場となった店も違法営業の疑いがあるということです。

事件が起きた店の向かい側にある防犯カメラの映像には、ビルから出て犯人とみられる男が走って逃げる様子が映っています。

警察によりますと11日午前0時40分ごろ、宗右衛門町のインターネットカジノ店で男が入店直後に拳銃を発砲、男性従業員(42)が頭部を撃たれ意識不明の重体、男性客(32)が胸を撃たれて重傷です。

事件現場となったインターネットカジノ店。違法営業を行う店には複数のパソコンが置かれていて、客はインターネットを通して、ポーカーなどのゲームをすることができます。

この際、店に実際の現金を支払い、ゲームに勝てば、その場で利益を手に入れることができます。負ければ現金は店に没収されます。警察によりますと、今回事件が起きた店も違法営業の疑いがあるということです。

ミナミの違法インターネットカジノをめぐっては、9日別の店で摘発もありました。警察は自称店長の男ら3人を常習賭博の疑いで逮捕、1か月で約150万円の売り上げがあったということです。

インターネットカジノ店が増え続ける中起きた銃撃事件。逃げた男は30歳くらい、身長約160センチで、警察は殺人未遂事件として、男の行方を追っています。

(引用元:MBS NEWS)