2019/03/16

フィリピンの中国人出稼ぎ者3倍|半数以上がオンラインカジノ従事者

フィリピンで中国からの出稼ぎ労働者が急増しているようです。

2018年に労働ビザや特別就労許可を取得した中国人は約24万人と前年の3倍になり、違法就労も増えています。背景にはドゥテルテ大統領が16年に就任後、中国との関係改善を進めたことがあり、労働者団体などは雇用が奪われているとして反発をしています。

中国で大人気のオンラインカジノ関連会社が次々とフィリピンに進出しており、その半数以上はオンラインカジノの従事者とも言われています。

フィリピンでは海外サイトに向けたオンラインカジノライセンスを発行している強みもあり、オンラインカジノを運営するにも環境としては悪くない状態なのでしょう。

オンラインカジノの職業がフィリピン人には無理な仕事なのか、もしくはトレーニングや技術開発で、スキルを学ぶことはできなのか疑問が上がっているようです。

(引用元:日本経済新聞)