2019/03/22

切り離せぬギャンブル依存症と児童虐待との影響を政府が調査

政府は6日、カジノ実現をにらんだギャンブル依存症対策の基本計画案を明らかにしました

厚生労働省はギャンブル依存症が児童虐待に及ぼす影響を2019年度以降、継続的に調査する。政府はパブリックコメントを踏まえて、4月中の閣議決定を目指します。

政府の計画は2018年7月に成立したギャンブル等依存症対策基本法に基づくもの。同法はギャンブルにのめりこんだ本人だけでなく家族の支援も対象とし、医療や福祉に重点を置くこととしました。

計画案は事業者の取り組み、治療・回復支援、予防教育、連携協力体制、調査研究といった項目に沿って具体策を並べています。

厚労省は20年度をめどに全都道府県・政令指定都市にギャンブル依存症の相談拠点を整備。また、20年度に多重債務、貧困、虐待、自殺、犯罪を含む依存症問題の実態調査を実施する予定にしています。

現在把握している最新の情報では、約70万人がギャンブル依存症に悩んでいる方がいるそうです。ただし、これはきっと氷山の一角にすぎないでしょう。
実際は苦しんでいる人がもっといるように考えられます。

自分の力では抜け出せないでいる方のためにも、しっかりした対応に今後も期待してきたい注目の内容だと考えます。

(引用元:福祉新聞)