2020/01/15

米カジノMGM|主力ホテル約2600億円で売却、資金は日本の投資にも

米MGMリゾーツ・インターナショナルは14日、米ラスベガスの主力ホテル「MGMグランド」と「マンダレー・ベイ」を、MGMグループと米ブラックストーン・グループが合弁で立ち上げたファンドに売却すると発表した。MGMリゾーツは売却で得た資金を、進出を目指す日本での投資などに充てる。

MGMリゾーツは売却で24億ドル(約2600億円)の現金を得るという。

日本ではオリックスと組み、大阪においてカジノを含む統合型リゾート施設(IR)参入を目指している。
(引用元:日本経済新聞

米カジノMGMと同じく大手の米ラスベガス・サンズは横浜を支持を表明していますが、横浜では現在もカジノ反対の声が多く聞かれ難航している様子です。
今年2020年は日本カジノにとって大きく事が動く年だと思いますので、どのような展開になるのか楽しみですね。

下記では日本カジノについての記事を紹介しています。